アートと自慢話と普遍性についての備忘録。

アートと自慢話と普遍性についての備忘録。とめどなく出てくる主張がアートかなと最近思う。 そこには、文字にしづらい主張なのか、何かがある。 とめどないならオナニーみたいなものなのか? 否。 アート自体は何かの代替行為ではな … もうちょっと読んでみる。

電車の旅から路線バスの旅へのスイッチは有るのか?

電車の旅から路線バスの旅へのスイッチは有るのか? 北海道から帰ってきた。 今回比較的多く路線バスに乗った。 北海道、路線バスの旅。 うん、蛭子さんが出て来そうな響きだし、浪漫を感じる人もいるだろう。 だが…無いな。 バス … もうちょっと読んでみる。

旅支度

明日から北海道5日間の旅行。 旅支度を昨晩夜通しで済ませ、今日は調整して寝るのみ。 残念ながらかなり遅めの夏休みに成ってしまったが、この時期の北海道は美味いもんが目白押しだから気にしない。 ホントなら東京ゲームショウが終 … もうちょっと読んでみる。

北海道に旅に出る。

11/2〜11/7短い休みが取れたので北海道に行ってくる。 旅程は大体こんなだ。 釧路⇒浜中⇒根室⇒厚岸か釧路⇒小清水⇒網走⇒釧路 ほんとは4週前くらいに行く予定だったが、同じグループのゲームを作ってたメンバーが倒れてた … もうちょっと読んでみる。

おぉ、ゆうしゃふみまかよ

おぉ、ゆうしゃふみまかよ、電車で寝過ごしてしまうとらなんということだ、 って感じで、秋だから眠いけど電車で寝過ごすのは気をつけよう。 まぁ、それでも眠い時は寝るに限るがね。 … もうちょっと読んでみる。

メモ帳→inBoxでこのブログに投稿するとタイトルと本文が一緒になりなんとも言え ない。

iPhoneに投稿環境を統一したら急に投稿数が減ったな。と実感してたのでモヤモヤした気分を投げて見たら、なんだかエライことになってしまった。今回はメモ帳での下書きをせず、サブジェクトと本文が分かれているのですこしは良い結 … もうちょっと読んでみる。

半ズボンのおっさん

半ズボンのおっさん電車乗ったらリュック抱えて席に…半ズボン…てかかなりショートパンツなおっさんが座ってた。いまさ、もうすぐ11月だぜ?大丈夫かよwww顔なんか橋下さんに似ててスマホにらみこんでしかめつら。そして半ズボンだ … もうちょっと読んでみる。

ぶりっ子とか。

ぶりっ子とか。演じてブリッコしてるひとっているわけで。昭和か!って気もするけど居る。エライ可愛い子がやるのはイイよ。ユルイ場合もどこかチャーミングだとイイよねーってなる。イラっとくるのはなんだろう。ほんとうに勘弁してくだ … もうちょっと読んでみる。

原作厨とかモヤっとする。

原作厨とかモヤっとする。所詮アニメは小説を売るための販促物かもしれないが、原作厨はなんか、こう、モヤっとする。アニメはアニメとして楽しむでイイじゃん?

スタッフって言うじゃん

スタッフってよく言いますが、日本語にすると枝ですね。 スタッフをうまく動かすってのは、なにも難しいこと考えないで、枝をどう使うか?って話です。 んで、枝は使いようだったり、育ったりします。 成長すると自分より偉い棒になっ … もうちょっと読んでみる。

iOSデバイスの面白いところ

iOSデバイスには顔がない。そこがiOSデバイスのミソなところだろう。 シンプルであり、没個性。 主役はアプリであり、もしくはそのアプリがいるOS部分であり、そのOSを取り巻くクラウドやAppleというサービスである。 … もうちょっと読んでみる。

違う違う、そうじゃない。

コンビニでゼリーを買うのが密かな楽しみだ。 糖分ゼロのゼリーが意外とうまい。 ヘビーローテション状態でいると何となく店員も覚えているらしく、要求しないでもちゃんとスプーンを付けてくれるようになる。 あの、透明のプラスチッ … もうちょっと読んでみる。

稼ぎのドンツキ。

公務員なら20代で、一般には40代になると、成長の伸びしろが見えてくる。 そのままのサイクルだとこんな生涯年収ねってね。 そこまでは大体ありそうな話だけど、今回は【もう一つの稼ぎのドンツキ】についてだ。 一つの業種のスペ … もうちょっと読んでみる。

オトナの旅ツール

オトナの旅に出るとして、バッグは重要。 飛行機の機内持ち込みが可能なコロコロ付きトランクが今個人的に欲しいピークだ。 元々バックパッカーだったりするので、コロコロより聖闘士のクロスボックスみたいに背負って歩くのも悪くない … もうちょっと読んでみる。

天鏡のアルデラミンが週末の楽しみなんだがよ

天鏡のアルデラミンが週末の楽しみなんだが、主人公イクタ一団以外がみんな死亡フラグが立ちまくっててツライ。 しかもヒロインが尖兵で敵を血祭りにってのも凄い。 確かに面白いんだがコレはお子様には見せられないし、ベルセルクなん … もうちょっと読んでみる。