やれることをやるだけ。

写真は昨年の冬の初め、まだコロナがなかった頃の東京駅の様子。

偉そうなことは言ってるけど、やれることをやるだけ。

コロナ禍が色々世の中をガラガラポンと再編しているようだけど、まぁ、それはそれ。

居場所を確保することの意義が今まで以上に高まった気もするし、その辺も実際にテレワークが求められなければ霧散する脆いもののようにも思う。

テレワーク自体は賛成。

たまに会社に行くのはいいとして、仕事をするのに効率を求めるなら家でもいいんじゃないか?ということの推論がハマった感じですね。

あくせく働きその多くを注入している住まいへのコストを有効に堪能しようじゃないか!という取り組みにも思える。

まぁ、意外と1年も経たないうちに、この新しい生活様式にみんな飽きてしまうような気もするんだけれど。

コロナの方が無害化するってのもシナリオとしてはアリそうだし、まぁ、そういうご都合主義的な展開は今回はなしとして(予想をするときは少し悪く考えておかないと予想が外れるとヤバいし)なんとなく盛り上がってなんとなく抑え込むモグラ叩き状態が2年位は続くんだろ。

祭りみたいな馬鹿騒ぎがない反面穏やかに暮らせるのかも。

目の前の仕事も一段落したし、少しばかり自分の事を考えようか。

意外と良い時間が過ごせているなと思った次第。

勉強はしておいた方が良いって話。

45になったが、このコロナ禍の間に微妙に時間ができたので勉強をしている。

プログラムの勉強だ。

詳しくいうならswift5.1を作ったアプリができるようにswift playgroundを使って勉強。

で、まぁ、苦闘してるのだけれど、入門は終わり中級の途中まで来たので雑感を留めておこうかな?とね。

プログラムのが向いてる人は?

プログラムが何かはまだ実際よく分からないが感触としては因数分解に似ている。

物事を過去の類型に合わせ分解し整理していく。

その整理の仕方が冴えていた方がプログラムを走らせたとき機材への負荷が少なくなるそうだ。

なんなら一文字でも一行でも少なく汎用性があった方が良さそうだ。

じゃ、数学たのみ好きならそれで良いかというとそうでもない。

英語の単語レベルの習得や英語を書く事に慣れていた方が良い。

何が良いと言えば、出てくる用語は1バイト文字の英語にアドバンテージがあり、メソッドやらインスタンスやらループやらの概念を翻訳せずにそのまま何となく現地のニュアンスを得ながら理解する方が習得が早いからだ。

2バイト文字でも関数などは書けるようだが、他の言語などでは、コンパイル時にエラーが出るなど問題がある場合が多く、プログラムをやる上で英語表記を使うことは普通だという事だそうで。

コメントアウトした部分への記載などは日本語でもちろん良いのだけれど、因数分解していく際に使う言葉は英語って事は再度認識しておく方が良い。

少なくとも苦手意識は作らないで於いた方が良い。

なぜ英語を勉強するのか?という問いに対して最近では同時通訳も端末を使って当たり前にできるようになってきたわけで、5年後くらいに機械翻訳で対話をするのが当たり前になる可能性もあるので新しく何か用意をする必要があるのかもなと思ってたが、思い掛けず遭遇した感じだ。

英語的な論理構造も関与しているのかもしれない。

あと、面白いなと思ったのはプロトタイピングをする事の意義が今までの企画をする側とはまた違う意味でプロトタイピングを見る事ができるようになったところかな。

仕様書が無いと書けない、RFPがきちんと無いと全く作れないなどと言われる理由に今退治しているので非常に仕事を別なサイドから見れてそれはそれで楽しい。

基本的には類型を探し出すのに手書きでモーションを抽出するのが良いのかな?と思いはじめている。

そういう意味では、図案を作るのが上手い人はコレまたプログラマ向きかもしれない。

小学校より上の勉強をなぜする必要が有るのか?という事を聞かれる事が以前はあったが、それらは随分少なくなってきたように思う。

世の中が高度化するとともにたまに露見する「高度化した中身」にそれらが内包している場合が多い。

マーケティングの中身は代数だったり、スペイン風邪に対する知見だとか、色々とチラチラ見え隠れだ。

勉強なんてする必要ない!

という意見も分からなくもないけれど、自分で学習する。坂道を登り続けるようなタフさを若い時には身につけておくと良いのかもしれない。

プログラムができたからってなんだよ!

という声も出てきそうだが、少なくとも飯のタネにはなる。

まぁ、大きな事が言える状態では無いので、中級編を上手いこと解決してから別の動きに入りたいなと思うところ。

今のところ飽きずに続けているが、中級編になり説明が雑になってきていて辟易しているところもある。

いま型のところまで来たがもう一踏ん張り頑張ってみようと思う。

では。2020.5.15

捨ててしまって失敗した。

大好きだった自転車のフレームを引越しの際に捨ててしまった。

偉そうな事を書いているが、抑圧され脇目もふらず行動していると感情が死に普段では理解のできない行動をするようになるのだろう。

大学の頃、一緒に北海道を旅し多くのレースに出たあのフレームはもうこの世にはいない。

後悔の無い人生を。

と行動してきたが、コレが後悔か。

嫌なものだな。

新年に思う。

新年あけましておめでとうございます。

昨年はなんと数えてみたらこのサイトには1件、しかも大晦日のボヤキしか投稿していなかったことに驚いております。

(他のサイト、Quoraやはてなブログから引き上げてココに併合するかも)

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょう?

一年の間には

結婚1周年(2019.4.18)

結婚披露宴を実施(2019.5.25晴れ)

セブ旅行(2019.6.24-28曇り雨)

サマーソニック(2019.8.18晴れ)

土気の花火大会(2019.8.31晴れ)

アート・パル谷中2019(2019.9.28-29晴れ)

プーケット旅行(2019.11.6-12曇り)

奥さまの実家向け披露宴(2019.11.17晴れ)

ゲーム『わちゃっとピンボール』が完成し配信を開始(2019.12.5)

奥さまの誕生日桐生へ(2019.12末雨)

など、イベントが有りました。

まぁ、少ない方に見えるかもしれないけれど、よく言えば気分屋、悪くすると無計画な奥さまの思いつきで内在する細々が実施されているため、予定を立てる楽しみや準備する楽しみなどはすっ飛ばし、見知らぬ土地で訪れる恐怖の日々を過ごしてきた感じでした。

涼宮ハルヒの憂鬱のハルヒ的な何かだ。

キョンくんアタマよく剥げなかったな。

人間力が試されるとかいう言葉が有りますが、寿命を縮める。もしくは行き当たりばったり。余裕のないその日暮し。と言った感じで勘弁していただきたいことこの上ない。

大晦日もあれ程disってた京都に行きたいと午後になって言い出し、京都どころか長崎や札幌など別な候補地含めて検索してチケット買う直前まで来て新幹線料金を見て「高い」と。

僕としてはやりたい事は叶えたかったが、無尽蔵にカネがあるわけでも無く、それ程必要でも無いのに使いまくる意識がおかしいなとも思ったので行かなくて良かった。

プーケットは『わちゃっとピンボール』が完成しかかってたため骨休めのための旅行、温泉地でブラブラしようと思った長期休暇をインターセプトされ国内旅行を酷くdisられ決まったもので非常に疲れたのを思い出してる。

たまたま街並みは良かったが、海外は気が抜けないし、20代での感動とは違う恐怖のまさった状態でのシンドイ旅行だったのを思い出す。

特に無計画・気分屋の奥さまが視界から外れどこかに飛んでくことが多いので気が休まらなかった。

海外は友人を訪ね歩く一人旅が多かったが、二人の方が楽しいかと言うと別な気苦労があったなと。

年初から心が折れているように見えるかも知れませんが折れてます。

今年もよろしく。

全滅を逃れる

一瞬、ここ6年のデータが全滅したかと思ったが持ちこたえた。

更に、MT時代のブログも継ぎ足したのでコンテンツは充実した。

ゲームをどう捉えるか。

■ゲームをどう捉えるか?

ゲームをどう捉えるか?ということが方方で話していると問われる。

僕は広告屋の端くれで新規事業としてゲームを9年くらい作ってきているが(その間も広告案件は担当しています)ゲームを作る側の人間で有り続けていたので備忘録的に書いておく。専業のゲーム開発者とは立場が違う部分もあるだろうから、そのへんはその辺。

この投稿はこの辺のまとめに対しての僕なりの答えとしておきます。

 

■個人的な直感的見解

脳に刺激を与える気晴らしになるもの。
楽しいもの。
競えるもの。
動くもの。
動きを見るだけでも楽しいもの。
戦略性があるもの。
運も手伝ってドラマチック。

■アメリカ人いわく

友人の旦那さんのアメリカ人いわく
「日本の人はもっと遊興に時間とお金を割くべきだ」

なるほど。

■有史以来神様は何をやってるか?

日本の神様は酒のんでダベってる。

欧州の神様は暇してチェスしてたりする。

スフィンクスは知恵比べ≒なぞなぞが大好きで回答されると悶絶して谷底に落ちて死んだりする。

金の斧銀の斧も心理ゲームやってるな。

■リタイア後

リタイア後に欧米の爺さんはこぞって船旅をする。
船旅、世界一周クルーズのさなか、何をする?
ダンスなんかもするが、そんなことよりもみんなクロスワードパズルをやっている。

■遊興?

哲学、芸術、観劇などなど。
生産ではなく、人間的に人生を謳歌することが遊興。

ローマの時代、生産なんてものは奴隷がやればよかったわけで。
産業革命以降、機械が生産をすることになる。

社会のために成っているか?

仮そめのドラマをなんのリスクも追わずに手軽に体験できる。
そんな体験を販売することは非常によい遊興の提供者
人間性の提供者なのでは?

最終的に獲得するであろう人間性のうちの一つを提案、提供できる存在。
ゲームを提供する行為というのは実は高級なことなのではないかと思ったりもする。

 

■それでも生産性を求める人へ

飲食業は生産的か?どうせうんこになるんだぜ。

人間の一生は生産的か?どうせしぬんだぜ。

なんて、中学生みたいな答えもできますが、もう少しお話を別の方向に。

生産性ということをお金を得ることと置き換えよう。

生産してお金というなのコミットメントを得たということで。

現在日本の産業で儲かっているものは?

テレビのスポンサーや広告を出す元気があると

  • 銀行は儲かっていたが、金融は数学者を除き行員は減らし店舗縮小している傾向。なぜなら、どうやら儲からなく成ってきているから。金貸しは儲からない。
  • 通信業界はスマホのARPUを上げるのに限界が来ているだろう。
  • プログラマはまぁ、なんとかなるかもな。(現場を間違えると大変)
  • テレビ局や広告屋はマス媒体がなくなり、セチガライ。
  • 医薬品は利権だね。特許がなくなると言われ日本の企業はヤバイ。
  • 公務員は生産的かい?
  • 政治家はまぁ、生産的だろう。
  • 水商売はさいきんみんな酒飲まないしな。
  • 飲食店はブラックになりがち
  • FXとか先物やってる人はうーん。アレは職業?選ばれた人は生き残るが…。(ギャンブルと考えると、ゲームプレイに近いかな。)
  • ゲームはいまのところウハウハしているところも大手はある。インディでも生きている人はいる。

割と、ゲームって生産的なことかと。

しかも、時間ドロボウでしょう。

人生の時間を割いてまでついついやってしまうもの。

生存するために衣食住があったりしますが、下手をするとソコを崩してまでもやってしまう、人生において掛け替えのない「あそび」

衣食住は限界があるが、遊びには限界がない。

大人の火遊びとかはまた別の問題で、きちんとルールが有りみんなで楽しめるゲームというものは非常に世の中にとっても価値のあることではないかといいたい。

非常に夢のある話だし、生産性もとってもある。

目指したいのなら目指せばいいのでは?(狭き門ではあるが)

モノを捨てる技術

自分に関与するものは残す。

ってやる。って話を書いた。

だがその考えには限界がある。

なんせ時間がかかる。

思い入れを図るのってのはなかなかに骨だ。

 

では、他のアプローチは?ってことになる。

  • 要らないもの、自分に関わりのないものをすてる
  • 一面に広げて必要のない物を捨てる。
  • 場所を移動して要らないものを炙り出す

だいたいこんなところだ。

 

面白いもので自分に関与するかどうかを考えると頭を使うが自分に関わりのないものを探すとなると早い。

場所が許すなら広げて捨てるのも良い。

移動させて捨てるのも実は同義だ。

 

関与するかどうかを考えるのとは違い上記の2つは捨てるのもを顕在化させる技術だ。

場所がなくても箱から箱の移動などでもよい。

あとは、片付かない場合は規格品の箱に押し込むといい。

同じ型のモノだから見た目は悪くない。

空の箱への移動時に捨てるのもが見つかる。

さて、能書きを書いていないで僕も捨てるとしよう。

モノの価値を考える。

引越しを期に物の価値を考えている。

 

捨てる基準にちかいかな?

 

とりあえず、本棚にある色々なもの(本だけでない)を数箱の中に入れることを考えて選別する。

目標は量的な圧縮。

コピーライター、メーカー宣伝部の宣伝マンだったので作品も多い。

 

残すものは

  • 辞書。
  • 好きだった授業のノート。
  • 自分の制作物
  • 写真の紙焼き。(ネガがあってもこの先現像するのかが不明)
  • 画材
  • 使っているガジェット
  • 読みたいテクニック集

どれも自分に関与するものだ。

自分が作ったもの。自分の思い入れのあるもの。心血を注いだもの。

 

逆に捨てるのは

  • 教科書
  • 白紙のノート
  • 雑誌のバックナンバー
  • 価値があると思ってとっていた雑誌

だ。

 

教科書

教科書は勉強する際にその際に最適な新しいものを手にした方が学習しやすい。また、数十年前の常識は既に変わってしまった部分が多く特に経営学などは古典的なことは置いておいてかなりの部分が今様なものに変わってしまっている。
古い話が通用しないから勉強をするのでファンであった授業以外は教科書は捨てる。

白紙のノート

白紙のノートは捨てる。
必要なら買えばよい。
スペースと労力の無駄は削る。

 

僕にとっての価値がなにかがわかった。

この基準がわかっただけでも収穫である。

今後買い物をするときなどに

「自分に関与するかどうか?」を尺度に買えば良い。

また、勉強をするにして「いま勉強しやすい、いま必要なもの」を買えば良い。

なんとなく契約しているWebでのeラーニングなどは解除してしまおう。

更に「将来使うから」とかってものは買わない。

 

商売的に考えれば

  • 将来使いそう
  • 勉強に使えそう
  • あなたに関わりがありますよ

って辺りが引きになるのかも知れない。
ただ、コレは、我に返ったときのものであり、遊興などの牽引する何かではないのもココロに留めておこう。

今回わかったのは

無駄遣いをしないメソッド

なのかも知れない。

心して物を捨て心して物を買おう。

Adobe Bridgeが勝手に起動して頭にきた。⇒対応してみた☆

Adobe Bridgeが起動項目に無いのに起動して頭にくる。

レジストリエディター…にもない

設定/アプリ/スタートアップ…にもない

タスクマネージャー…にもない

 

だがAdobe Bridgeは

Windows起動時に何故か立ち上がる。

 

Adobeならではの謎テクノロジーで起動…。

対抗策

Adobe Bridgeをひらく

環境設定/詳細設定/ログイン時にBridgeを起動の☑を外す。

で解決…。

 

 

ぐぬぬ。

ビレッジバンガードにて震える

ビレッジバンガードといえば書店を装った文具屋くらいの気でいた。
BICの可愛いペンなど探しに新宿へ。

新宿ルミネエストにて入店。
ボールペン一本もなし。
1本もだ。
もう一度言おうボールペンが一本もない。

バッグとケータイケースと指を通すリング、更には人形だけで有る。
うーん
確かにスマホ有ると紙とか使わんしな。
仕事でバンバンボールペン使って芯を変えるとか確かにない。
時計を持たない人がにわかにおおくなり、ケータイストラップがノベルティとして有効でないのはよくわかっていたが、新しい波は確実に来ていたので有る。
ボールペンがラブリーなツールではなくなったと…。

小物は邪魔だし捨てる世の中。
僕は刻の涙を見る。