どんなカメラを持つか?2016

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 21.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}
p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 21.0px ‘.SF UI Display’; color: #454545; min-height: 25.1px}
p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 21.0px ‘.SF UI Display’; color: #454545}
span.s1 {font-family: ‘.HiraKakuInterface-W3’; font-weight: normal; font-style: normal; font-size: 21.00pt}
span.s2 {font-family: ‘.SFUIDisplay-Regular’; font-weight: normal; font-style: normal; font-size: 21.00pt}

写真撮るのがライフワークの一部と化しているが、カメラの選択は中々難しい。

基本的に

・取り出してすぐ撮れる

・軽い

・電池が持つ

・素子が大きい

・レンズがあかるい

と言うところがポイント。

方向性としては三方向

・作品撮り、撮影旅行

・日常の気分を撮る

・咄嗟のシャッター、SNS向け

と言うところ。

機材としては作品撮りは「一眼レフ/ミラーレス」

日常は「コンパクトズーム機」、咄嗟のシャッター、SNS向けは「iPhone」だ。

特に昼でズームが要らない、SNS向けならiPhoneでイイだろう。

アプリも色々あるしVineやInstagramなど小さな動画を作りシェアするのも楽しい。

新機種が出て画質が上がったのなら即座に買い換える。

コンパクトズーム機の選び方は素子のサイズにある。

素子は1/1.5〜1インチあれば良い。

それより素子が大きくなるとボケは出るようになるが、レンズが重くなり、カメラの挙動が遅くなり、電池が減るようになり重くなる。

APS-Cが毎日持てるギリギリのラインだが、記録写真の性格も有るし、軽いモノが少なくなるり電池の管理が面倒になるので注意だ。

電池に関しては持つ方が良いに決まっているが、USBmicroBのケーブルでカメラで直接充電できるものを探すと良い。

また、iPhoneとWi-Fiで繋がり好きな写真をすぐに取り出せるものが良い。

結局、電池の管理とデータの取り出しが早くないと使わなくなる。

だから、カジュアルに持てるものをカメラに求めた方が、良い写真を残す事が多くできるようになる。

一眼レフ、ミラーレスなどの機材について。

コレは趣味の世界だ。

素子が大きく、軽く、電池が持つものが良いように思う。

レンズは妥協なく、しかも持ち運べる最大限のもの。

更にシステムとして三脚とストロボも必要だろう。

ペンタックス645Zの購入も考えたがさすがに重すぎる。

いまはEOS6Dが軽く、レフ機で電池が持つので購入を考えている。

70mm-200mmF2.8など人を撮る場合必要になる素敵なレンズも有るが、可搬性重視という事で、現状は50mm F1.8と手持ちの古いLレンズで凌ごうと思っている。

24-70mmF4や24-105は同時購入するかは現状不明。

キヤノンのカメラを買う以上、単焦点である必要性は希薄だが、そこまでカメラに払うかも不明。

旅行やモデル、灯具にお金を掛けるのもまた写真だと思うのでね。

dp2Merrill を買わなかった。

dp2Merrill を買わなかった。
フジヤカメラの棚の前で考えあぐねる。

変態カメラ、dp2 Merrill

フォベオンセンサー、世代の比較的新しくサイズも大きなMerrillの入ったアレを買うか買わないか。

街を撮る意味では悪くないdp2Merrill。

ただ、聞くとこによると扱いが面倒。
電池食い。
ホワイトバランス滅茶苦茶。
生産終了。
ディスコン。
価格は一番下がってるが、RAW現像必須(まぁいつもやってるが。)
シグマっぽい絵。
カリカリ局地。
収差や雰囲気の全否定。

うーん。

使ってみたい気もしたんだが、なんだか非常に気が向かない。

多分この後、何台かカメラを買うので寄り道をしていられない。
それが一番の理由だろう。

暗箱としてきちんと動き、撮ろうと思った時にシャッターが切れるそういうカメラは欲しいが、そういう軸から少しズレているのだと思う。
撮影旅行に持って行ってうまく使えるのか不明。

予定ではこの後、フルサイズを何か1台、APS-Cコンパクトを一台買うつもりでいる。

α7IIかペンタのフルサイズ。
645Zを買おうと思ったが、それこそ持ち出さないのではないか?という脅迫観念が先行している。

結局ここ最近でどんなカメラが相性が良かったか?と言えばオリンパスのE-PM2だった。
よくシャッターを切ったし、なんとか絵が持ってくれた。
APS-Cからすると少し絵がギスギスしている印象だけど、それでも28ミリ相当と90ミリ相当の二本と30ミリのレンズキャップで出掛けた旅行は良い写真が撮れたと思う。

カメラマニアではないので、良い写真が撮れれば何の問題もないのだけれど、dp2Merrillには非常に興味があったのは確かだ。

そうして明け方目が覚めて悩んでいる。
2012年に発売したカメラのことで2016年に悩んでいる。
おかしな光景だ。

28ミリ相当のカメラ?
iPhoneで良いよな。
XQ1も持っている。
なんだったら、E-PM2に14mmのレンズを買い直したって良い。
だからX70は必要ないのではないか?

645Zを買おうと思ったのは取り回しが悪くても飛び抜けた性能が欲しかったからだ。
大きいフォーマット、素子の大きさは画面に上品でゆったりとした佇まいをくれる。

X70もdp2Merrillも同じAPS-Cだが…

数年前に買ってしまえば良かったのだが、ディスコンになるまでまた悶々としてしまった。
(悩む原因は他にも有ったが他者に関してはどうでもよいことだ)

そもそもココ10年はお金が使えない状況だったから仕方がなかったわけだが、今なら大丈夫なはずなんだが。

財布にはカネがギッシリだ。
なんの問題もない。

電池はフイルムだと思えば良い。
データ管理はやり直しになるがなんとかなるだろう。

少し考えてみたが、やはり買おうと思う。

今を逃してはもう買う事もないだろうし、買うなら今だ。

アナクロなカメラだし、フイルム時代に逆行してる感さえあるが、2012年のCP+で使った時から買う予定だったしな。

明日買おう。

iPhoneから送信

愛用のカメラを地面に落とす。

150321_1518~001.jpg

御茶ノ水駅前にて
愛用のコンパクトカメラ「フジフイルムXQ1」を地面に落としてしまった。
天板の角とレンズユニットの外周に傷が…
(幸いレンズユニットに故障は無い模様)

川に落とすとか、レンズ破壊とかではないからまぁ良しとしようか。

長く使ってると壊れるものだけど、やはり残念。

旅先でレンズ投げちゃったり過去にもやらかしてるから、なんとも言えん。

ぐぬぬ。

中野にカメラを買いにいく。

Canon PowerShotG12からPENTAX K-01へカメラを買い替えてきた。
せっかく撮るなら良い絵で。
一期一会の精神からすると1/1.7インチの素子であるCanon PowerShotG12はなんとなく撮ってて心のどこかでモヤモヤしてた。
旅先で絶景、日常でアジな色、そして心の中はなんとなくモヤモヤだ。
決してCanon PowerShotG12の絵が悪い訳ではなく、手持ちのロートルな一眼レフカメラからすればかなり良い絵が出るもんだし、日常を撮るには軽くて良いカメラだった。
レリーズ回数も万単位ではないが悪くない回数レリーズした。
人を撮るカメラとしてもパンフォーカス気味で失敗がなく悪くないカメラではあった。
ただ、シャッターチャンスに持っているカメラが撮影をしようと考えたとき全てになり、ベストでないカメラを持っている限りベストでない絵が量産される。
ベストなカメラってのはフルサイズの素子を持った高級一眼レフといういみではなく、
必要な解像が得られ、思った通りのタイミングで思った通りの構図を主体を決めて撮れるカメラかと思っている。
失敗をしないカメラってのも悪くないが、90点より失敗が有っても120点が撮れた方が僕には良いカメラだ。
そして、どんなカメラがいつも身の回りにあるかで旅も生活も変わる。
今回買ったカメラ、PENTAX K-01は素子は現時点で最高峰。
マークニューソンによるデザイン。
ミラーレス機をテストするために市場に投入された機体だったが市場に受け入れられず激安に。
一眼レフではなくレフレス機。
背面液晶を使ったカメラ。
(なんとなく一眼レフは覗き見趣味的で気に入らない)
それでいて僕が持っている銘レンズが使えるKマウント。
中野に買いに言ったら、売り切れたはずの黒がたまたま有った。
迷わず購入。
白黒ボディも可愛い。
Webを見る限り白黒ボディか黄色のみとの事だったので意を決して白黒を!と思ったが無かった。
黒は目立たないし使いなれてて飽きが来ないし、それはそれでよいだろう。
(色味が欲しければストラップでも変えよう。)
帰って電池充電して色々試そう。
足取りが軽い。

これから付き合うカメラを決めた。

これから付き合うカメラを決めた。
驚くなかれ、その名はPENTAX K-01。
(一番驚いているのは自分かもしれない。)
簡単に言うと
Kマウントをそのまま使った変態ミラーレス。
という感じで世の中には行き渡った感があるが、とにかくいま安い。
そして、K-5同等の高性能な素子が手にはいる。
更に、僕はAPS-CのKマウントを使い慣れていて風景と
対面での人物撮影にカメラを使っている。
キヤノンやニコンなどの早いAFは特に求めておらず、暗箱があれば良い。
645Dなどを目にしていて何となく思っていたのだけど、
K-01はKマウントの暗箱なのではないかなと思う。
要は、写真が撮れる事のみ純粋に追いかけたカタチ。
あと、レフ機にはない、ピントの正確性がレフレス機にはある。
あと、一眼レフは、撮ってて暗い気分になる。
あの、スクリーン越しに見る世界は、
現実を暴力的に切り取るような狂気の世界にも時折見える訳で。
実は寸前のところまで高級コンパクトの買い替えにしようと考えていた。
現在愛用しているキヤノンのPowerShotG12の後継機G15か
フジフイルムが出すX20のどちらかにしようと考えていた。
でも、それは違うなと。
重いカメラから逃げていた部分もあるが、
また、結局いろいろ見て堂々巡りをしていたが、
そこそこ解像するレンズを通して満足の行く描写、一瞬をフレームに納めるには
写真の中にある前後感や立体感は無視できないし、
その際にフレームに納まるモノが持つ色ももちろん合わせて記憶に留めたい。
僕は、10代の頃に白黒で絞って撮る事ばかりをしていたが、
値段も表現手法も許すようになったんだから白黒にこだわる必要はない。
一眼レフのもつ独善生や覗き趣味的スタイルからかけ離れ
自分の好きなものをコントロールして撮れる暗箱を買おうというわけだ。
どうもK-xを使っていて卑屈になり、一眼をやめよう、カメラを辞めようとさえ
思えるようになっていたが、K-01を買うことですべての決着がつきそうだ。
本当は他にもK-30やQ10なども検討していたが、視野率100%とはいえ、
また、ペンタプリズムだとはいえ、
覗き窓を覗くのはちょっとなと思っていたのと
防塵防滴は特に必要ないなって思っていたのでちょうど良かったかと。
Q10に関しては、悪くはなかったのだけど、小さすぎたため、
サブカメラでさえない感じに思えたのと
勝負をするカメラではないなと思えたのでやめた。
おそらく、Q10の後継カメラで1/1.7インチの少し大きな素子のカメラが出たら
購入するような気がする。
いくら解像するからと言って、素子が小さいとボケなどの
遠近感が捉えにくくなるところもあるわけで、やりすぎな今の状態は
僕にはちょっとなという感じ。
最も鳥を撮る人たちにはいいマウントになりつつあるようだし、
これからもQマウントに関しては、異彩を放つ存在であって欲しい気がする。
今回はメインになるカメラを探していたこともあり、本当は住み慣れた
PENTAXやキヤノンの色を離れてフジフイルムの世界に合流したい気も
あったのだけれど、Kマウントのレンズを全部処分する踏ん切りが付かなかった
もしくは、何かまだ、あの単焦点レンズ群で撮り残したものがある気がしたので
フジフイルムへの移転はしないことにする。
こうなれば話は早い、キヤノンのレンズや不要な資材を投げて
K-01を買うのみだ。
なんだか購入が楽しみになってきた。

中野へ。

中野へゆく。
中野は中古カメラ屋のメッカで、
僕は幾つかある中古カメラ屋の1つに年に二度くらいカメラを売りに行く。
ヤフオクに売るというのが現代的なスタイルかもしれないが、
意外とヤフオクと中古屋への売り払う額と手間は変わらないと感じているから行く。
特に売り払うレンズやボディへのクレームもなく
「さっぱり」とした手順と価格で買い取りが決まるのが良い。
よせばいいのに僕はカメラを売って、またカメラを買って帰る。
数年前に買ったレンズやカメラを売る。
カメラやレンズらは、それらを使って「写すはずだった」様々な景色やポートレートに対する夢や期待が錆びたのと同じ位
同程度の経年劣化や褪色をした価格になって買い取られていく。
で、オーダーしておけば、魔法のように次のカメラがやってくる。
前回は仕事やモデル撮影のための「デカイカメラ」が必要だった。
次は人を撮る、一般人をモデルとして撮ることを目的に「小さくピントを外さないカメラ」を買った。
古い良いカメラとレンズを下取りにしたので、現金と新品のカメラが手に入った。
中野はなんとなくカメラを売りに行くとこというイメージで頭の中にあり、
逆に大概帰りは別なカメラを連れて帰るので少しウキウキだ。
帰りが楽しい(けどちょっとブルー引きずる)のでついついまた行ってしまう。
そんな町な気がする。
またしばらく来ないんだろう。

ポートレートの撮影機材を考える

普段はPENTAXの一眼レフを使っている。
K-xとFA43f1.9lim。
人を撮るには良いセットなのだけど、撮られるひとによっては「でかいカメラは恥ずかしい」と、良い顔をしてくれない。
経験的にわかるのはコンパクトとストロボがあればどうにかなるということ。
人物ポートレートを考えると中望遠以上の望遠は要らないしデカイ玉は要らない。
デカイ玉がすきなのは、プロのモデルだけかと思う。
プロはデカイカメラ持ってくる
→デカイカメラの方がぼかしも効いてキレイ
→デカイカメラが良い。
的なステレオタイプな反応になりがち。
小さいけど意外と良いんだぜ。
と。
銀塩のコンパクトのような立ち回りと光が回せれば、デカイ一眼レフは要らないのかなとも。
(もちろん仕事で使うひとは要るのはわかる。個人的なスタンスとしてね)
PENTAXのQシステムに思想は似てるけど、あれはフォーマットと画質の相関関係がいまいちわかりずらいから今はスルー。
で、いま気になるのは、シグマDp2xとキヤノンG12とニコンP7100、新機種の出たGR3の4機種になる。
そして今はiPhone4Sを買ってコンパクト相当のカメラはすでに用済みだというとこ。
■選定基準としては
・外部ストロボがTTLで使える
・素子が大きめ
・レンズが無理をしていない
・コンパクト
・RAW現像が可能
・広角ではなく主体を掴めるもの
というのが大体の選定基準。
フリッカを見ていたらそれぞれのカメラにコミュニティがあり色々参考になった。
人物撮りを考えて選定してみた。
★キヤノンG12は
・ポートレート作品撮りには少しキツイ。
・できなくは無いが、日常を脱しない。・撮影される側がなんとなく緩い感じに見える。
・作品撮りにしてはコミュニケーションがとりにくい機材なのかも。
・人を撮るのにふさわしいカラーバランス。
・持ってるストロボが使える。
・持ってるケーブルレリーズが使える。
(のか?)
★RICOHのGR3は
・傾向的に人を撮るカメラだけど盗撮的な方向に行きがち。
・カラーバランスが悪いのか白黒が多い。
・広角でテーマが絞り辛い
・グリップオンストロボは有るが安くはない。
★ニコンP7100
・立体感を強調するニコンらしい絵
・抜けは良い風に出る様だが人物向きじゃない?
・人物を含め作品撮りにチャレンジしてる人は多い様子
・AFはやや早くなったらしい
・ニコン自慢のストロボ無線同調は無し。
★シグマDp2X
・まともな色は出ない
・人物の色など暗所では特にとんちんかん
・ディテール重視
・50mm近いレンズは良い。
・電池が安い
・AFスピードはまともになった。
・シグマのストロボが使える
・フォベオン!
・暗所に強烈に弱い・ズーム無し単焦点
女の子を撮ると考えると、ズームはあった方が良いかもと思ったり。
そうするとG12。
コンパクトは割りきりが必要、41mm相当だし単焦点でも良いと考えるとDp2X?だが色がなぁ〜。
他にはMicro4/3やNexもあるが、レンズ交換システムな割にコンパクト機っぽい佇まいと、それにしては高い値段、なんだかカメラっぽくない感じがする。
いま買うならG12だろう。
新機種発表がもうすぐになろうとも、安く使いやすい機体が手にはいるチャンスはそれほど無いわけだし。
あとGシリーズはなんとなくリア充な感じがあり、受けは悪くない気もする。

ポートレートの撮影機材を考える

普段はPENTAXの一眼レフを使っている。
K-xとFA43f1.9lim。
人を撮るには良いセットなのだけど、撮られるひとによっては「でかいカメラは恥ずかしい」と、良い顔をしてくれない。
経験的にわかるのはコンパクトとストロボがあればどうにかなるということ。
人物ポートレートを考えると中望遠以上の望遠は要らないしデカイ玉は要らない。
デカイ玉がすきなのは、プロのモデルだけかと思う。
プロはデカイカメラ持ってくる
→デカイカメラの方がぼかしも効いてキレイ
→デカイカメラが良い。
的なステレオタイプな反応になりがち。
小さいけど意外と良いんだぜ。
と。
銀塩のコンパクトのような立ち回りと光が回せれば、デカイ一眼レフは要らないのかなとも。
(もちろん仕事で使うひとは要るのはわかる。個人的なスタンスとしてね)
PENTAXのQシステムに思想は似てるけど、あれはフォーマットと画質の相関関係がいまいちわかりずらいから今はスルー。
で、いま気になるのは、シグマDp2xとキヤノンG12とニコンP7100、新機種の出たGR3の4機種になる。
そして今はiPhone4Sを買ってコンパクト相当のカメラはすでに用済みだというとこ。
■選定基準としては
・外部ストロボがTTLで使える
・素子が大きめ
・レンズが無理をしていない
・コンパクト
・RAW現像が可能
・広角ではなく主体を掴めるもの
というのが大体の選定基準。
フリッカを見ていたらそれぞれのカメラにコミュニティがあり色々参考になった。
人物撮りを考えて選定してみた。
★キヤノンG12は
・ポートレート作品撮りには少しキツイ。
・できなくは無いが、日常を脱しない。・撮影される側がなんとなく緩い感じに見える。
・作品撮りにしてはコミュニケーションがとりにくい機材なのかも。
・人を撮るのにふさわしいカラーバランス。
・持ってるストロボが使える。
・持ってるケーブルレリーズが使える。
(のか?)
★RICOHのGR3は
・傾向的に人を撮るカメラだけど盗撮的な方向に行きがち。
・カラーバランスが悪いのか白黒が多い。
・広角でテーマが絞り辛い
・グリップオンストロボは有るが安くはない。
★ニコンP7100
・立体感を強調するニコンらしい絵
・抜けは良い風に出る様だが人物向きじゃない?
・人物を含め作品撮りにチャレンジしてる人は多い様子
・AFはやや早くなったらしい
・ニコン自慢のストロボ無線同調は無し。
★シグマDp2X
・まともな色は出ない
・人物の色など暗所では特にとんちんかん
・ディテール重視
・50mm近いレンズは良い。
・電池が安い
・AFスピードはまともになった。
・シグマのストロボが使える
・フォベオン!
・暗所に強烈に弱い・ズーム無し単焦点
女の子を撮ると考えると、ズームはあった方が良いかもと思ったり。
そうするとG12。
コンパクトは割りきりが必要、41mm相当だし単焦点でも良いと考えるとDp2X?だが色がなぁ〜。
他にはMicro4/3やNexもあるが、レンズ交換システムな割にコンパクト機っぽい佇まいと、それにしては高い値段、なんだかカメラっぽくない感じがする。
いま買うならG12だろう。
新機種発表がもうすぐになろうとも、安く使いやすい機体が手にはいるチャンスはそれほど無いわけだし。
あとGシリーズはなんとなくリア充な感じがあり、受けは悪くない気もする。

機材を売りに行く。

さようなら
EF20-35f2.8L。
さようなら
NikonF601
ニッコール50mmf1.4
ニッコール24mmf2.8
EOS55
どれもそれほど使ってなかったし、最近のカメラのアップデートのスピードからすると、僕が腐らせるより誰かに使ってもらった方が全然良いという判断で放出。
本当はEOS30DとEF28-70f2.8Lと中判カメラもあったのだけど重かったのと色々考えたのでまたの機会に。
EOS30Dと28-70に関しては売らないで使うかもしれない。
使うのだろうか?
非常に微妙な気分でいる。
将来を選択すると言うような大きな話のようで、それほど深刻でもないような話でもあり。
買うとなるとまたかなりの値段がするし、残せば残したで値段はモロモロと下落する。
本当はG12が欲しかったんだけど、それすら要るのか解らない。
今わかっているのは中判カメラは要らないということ。
これは近々売りにいく。
中判のスクリーンみてシャッター切るのは楽しいんだけど、カメラとして使うタイミングが残念ながらない。
しかも僕の持ってるのは67だしね。
僕は小さなカメラを持って駆け回るのが一番好きなことな気がする。
またちょっと考えて機材を整理しようと思う。

機材を売りに行く。

さようなら
EF20-35f2.8L。
さようなら
NikonF601
ニッコール50mmf1.4
ニッコール24mmf2.8
EOS55
どれもそれほど使ってなかったし、最近のカメラのアップデートのスピードからすると、僕が腐らせるより誰かに使ってもらった方が全然良いという判断で放出。
本当はEOS30DとEF28-70f2.8Lと中判カメラもあったのだけど重かったのと色々考えたのでまたの機会に。
EOS30Dと28-70に関しては売らないで使うかもしれない。
使うのだろうか?
非常に微妙な気分でいる。
将来を選択すると言うような大きな話のようで、それほど深刻でもないような話でもあり。
買うとなるとまたかなりの値段がするし、残せば残したで値段はモロモロと下落する。
本当はG12が欲しかったんだけど、それすら要るのか解らない。
今わかっているのは中判カメラは要らないということ。
これは近々売りにいく。
中判のスクリーンみてシャッター切るのは楽しいんだけど、カメラとして使うタイミングが残念ながらない。
しかも僕の持ってるのは67だしね。
僕は小さなカメラを持って駆け回るのが一番好きなことな気がする。
またちょっと考えて機材を整理しようと思う。