iPad Pro12.9インチでAmazon Primeの映画を観たり色々やる。 #amazon #apple #ipad

iPad Pro Wi-Fiモデル 32GB [スペースグレイ]

さて、iPad Pro 12.9インチを使っての映画の話だ。

結論から言う。

コンテンツがそろっている場合中々イイ。

映像が高精細な方が良ければNetflixあたりが良いのでは?

とりあえず、現状はAmazonPrimeのプライムビデオ、無料で見放題なのを使ってみる。

足りなくなったらhuluやNetflixへ流れるとする。

少し驚いたのは、Amazon Primeだと見たかった映画が有料だったりするわけで、まぁ、目的の物以外はイロイロあったので、見たらイロイロレポを上げていこうと思う。

さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]

さよなら銀河鉄道999を観たけど手元に大画面が有るってのは不思議な感じ。そこそこの時間を見続けても個人的にはそこまで疲れた感じはなかった。

★さよなら銀河鉄道999については別ページで。

ブルーライトカットなんかもiPadならできるし、個人的にコンテンツの視聴はiPad Proを中心にやっていこうと思った次第。

物理的な話になるけど、少し重いな。とも感じさせられた。

持ち歩かないので問題ないけれど、フトモモの上にのせるとか、膝の上に立てるとかした時、薄い筐体でそこそこ重みがあるのでちょっとばかり応える気がする。

TPUのケースなど、手が滑らないような外装を手に入れる必要があるかもしれない。

ただ、テーブルに立てかけるにしても、サイズが大きいから見ていて楽しいし、音が立体的でテレビで見ているのとはまた違う楽しさが有るなと再認識。

もうちょっと読んでみる。

コンビニ再考

仕事帰りにコンビニに寄る。

終電まで働きそのあとなので1時半くらいだろうか。

夜9時くらいに夕飯を食べるが小腹が減るわけで
ポテトチップなんかとジュースを買うとする。

500kカロリーと220kカロリー位だったりする。

弁当1個半のカロリーと次の朝の胸焼け1丁。

エネルギーの吸収効率が良い方なのでガンガン太ります。

たちどころに。

最近は少しは良くなってきてるが、これは仕方ないがヒドイ。

で、昨晩、またコンビニをウロウロしてたらコンビニのチルドにモヤシを発見。

もやしシャキシャキのモヤシですね。

なんと、1袋38円。

スーパーで買うよりは高いが、家の前でモヤシしゃきしゃきだ。

ポテトチップが168円でジュースが148円だ。
グミキャンディーでも買おうものなら500円コース。

しかしモヤシなら38円で二袋買っても76円だ。
ジュースの半分!

しかも家で茹でることを考えると
深夜2時を回り面倒になるので結果として食べない!

ポテトチップ、食えばカロリーだが、モヤシなら0カロリー!

食べたとしても意外とヘルシー。

今年はキャベツダイエットとコンビニモヤシをレコメンド!

ってなんだかわからない感じですが
夕飯買い出ししてて冷蔵庫のモヤシのことを思い出した次第。

モヤシ最高…

着る服の色を悩むことは日々続けられる感性を磨くトレーニングではない か?

スーツとワイシャツ。
決まったものを複数揃え毎日同じパターンで着る。

着回さない。

着るもので悩まない。

若手の経営者が使っていたライフハックだが、今日友達と話していて話題に登ったのは色物の服をどう組み合わせて着るかだった。

絵を描くことを真面目に取り組むなら色は悩むべき対象であり、私服の色選びは自分が実験台になり失敗しても自分が犠牲になるだけの良いテストの場になるのではないか?ということ。

色が占めるサイズ感、割合の妙や色の組み合わせなどのチャレンジが日々やりたい放題になるわけで
その修練の場を平日は仕方ないとして休日放棄するのは絵描きとしてもったいないのでは?と言うこと。

衣服を清潔かつ好印象に保つことは社会に対する関係性を築く第一歩だと思うし、そこを大切にしようとする気持ちは社会参加をしていることになるのではと思う。
(絵においては鑑賞者とのコミュニケーションは重要な要素になりえる。)

衣服を中学生の学ランみたいに単一化するのもその服があなたに合っていて社会的にも揺るぎないものならアリだし、
複数の色の服をアレンジしてまとめるチャレンジを毎日するのも
その人がおかれた状況によってはありなので一概にどれがよいとは言えないが
もし、色に対する感性を問われることが生活の中にあるのなら、
自分の感性を磨く時間は意外に限られているのだから、
毎日修練をつむと言う気持ちでクローゼットに向かうのは良いことだと思う。

日々の積み重ねはばかにならないからね。

スマホの中に写真のポートフォリオを作ろう。

写真をとる人はスマホの中にポートフォリオを作っておくとよい。

iPhoneなら写真アプリのアルバムで構わない。

自分の名刺交換が終わったら
こんな写真撮ってるんですよ。
と。

撮影場所や得意な表現などもちろん話せるし
あなたがどんな人なのか、どういう写真を撮ってきたのかは、あなたの魅力につながるはずだ。

さほど苦労もなく、あなたをプレゼンテーションできるそれは
無いなら単なるカメラ好き
有るならあなたをさながら写真家に引き上げる魔法の舞台装置になるはずだ。

【ライフハック】ツラいときは上を向くをもっと手軽に。

上を向いて歩こ〜う涙がこぼれないよ〜に

とスキヤキソングが言ってましたが、
良いことを思い出すときは必ずといってイイほど
自然に斜め上に目を向けるようで。

で、ツラいときは上を向くことで
ツラい状態を緩和することを
潜在的に実行しちゃうらしいんですが
もっと簡単に対応できないかな〜?と考えた。

…いゃ、本当のことをいうと、寝てるとき目をくぱぁ。とコジ開けると
白目むいてますが、
あの白目に着想のポイントを得てこの文章を書いているといっても過言ではない。

白目といってもその実、目玉がまっ白になるわけではなく、
眼球は休めの状態では上を向いて待機するそうで…

はぃ、そこがポイント。

ツラいことがあったとき上を向くのはもう古い!

ツラいときはゆっくり目をつむれば良いって訳です。

感じ的にはメーテル的な挙動で。

あとはゆっくりすれば眼球は上を向く。
なんだ、もうやってるよ〜って?

まぁ、意図的に応用できるならしてみりゃイイじゃん?

しかし、クルマを運転してるときにはこのライフハックは使えないね。

あと、仕事中に目をつむり過ぎていると目をつけられるので
その辺も要注意 ><

酔っ払ったときのライフハック

酔っ払ったときはスキーと同じだ。
いまからいく場所を視線に据えてまっすぐすすむ

ちどりあし?

カップル?

そんなの行き過ぎる背景に同じ!

帰宅するまでがウエーデルンです!

年末をたのしむ【ライフハック】

年末をたのしむ。

意外と師走のバタバタとは離れ、年末になると急にワビサビの世界に突入する。

で、早く師走モードを脱したいひとにオススメのライフハック。

先に年末を呼び込んでしまうことだ。

実践してみるなら
・会う日とに年末の挨拶を早めに繰り出す。
・一年を早めに振り返る。
・紅白のメンバーを確認する。
・みかんをたべる。
・忘年会を早めに設定する。
・仕事場からでたら万歳をする。

などなど。

一番のオススメは今年を振り返る。ってやつ。

普段やらないことをやると頭は活性化するから、もうたちどころに年末モードに没入できる。

更に今年を振り返った内容を周りのひとに話す。

とたん、周りも含め年末モードに陥るわけだ。

気分はゆく年くる年、さだまさし。

さぁ忙しいひとも、そうでないひともレッツ現実逃避!

出勤ライフハック

朝、出社中、家の近くで声を掛けられる。

西新宿という場所がら、結構古い知り合いもそこらにいたりして

おっ!さとーさん!
と。

まぁそんなことも有るので、ランチに食べるメニューのことでも考え、出社のときはウキウキしているに限ります。

ランチ以外のウキウキする理由?

朝だから。

そんな感じでいいんじゃないでしょうか?

朝は毎日やってくるし
朝なのは間違いないから。

ツラい顔して歩いてもイイ話はやって来ないし
眉間にシワを寄せても時間的に似合わない。

なんせ朝なんだから。

みかんについての例の方程式と野菜の保存方法。

腐ったみかんの方程式…

俺たちは腐ったみかんじゃない!

的な…昭和生まれの方程式。

最近みかんを箱買いしてるので2箱も買うとやはり方程式は発動するのですが、みかんは普段みかんは可愛い感じなだけに腐って色が変わるとかなり衝撃的ですよね。

で、その方程式を遅らせる方法の糸口。
・早く食べる
・冷たいとこに置く
・お裾分けで個数を減らす

など対処的な打開策とは別に決定的なものを紹介。

腐ったみかんを見てると判るのですが、腐ったみかんは側面が腐る場合が多く腐った部分は平坦に変形している。
木になれて育っているうちは想定していない部分が圧迫されると、その部分から腐っていくようで。

分析対象の腐ったみかんが2個しかないので科学的にはさっぱり解りませんが、野菜の保存方法でなれてる方向を守って保存するというのが有りますが、恐らくだいたい同じ理屈かと。

ちなみに僕はみかんの2S〜3Sサイズのギュッと濃縮した感じが大好きなので、10月終わりくらい〜11月はじめくらいがピークタイムですね。

その頃はまだ温かいので保存がひと苦労だったり。

まぁ安くてうまいし、また買うとしよう。

【ライフハック】メールとアプリすっきりでスマホの電池長持ち。

ライフハックというのもおこがましいが書いておく。

●アプリを削除で効果とすっきり。

100本近くアプリをダウンロードしてたまに使ってる人に効果。

いらないアプリを断捨離みたいにとにかく捨てて行くと、スマホのバッテリーは徐々に減りが遅くなる。

★なぜか?
アップデートの知らせやバックグラウンドでのダウンロードやサーバへの通信に細かく数多く、そしてときには長い時間の通信が必要。

また、母艦に繋いだときやクラウド上へのバックアップなどもアプリがスマホにいっぱい入っていると長時間化する。

とにかくいらないアプリであっても、スマホに入れておけば何らかのタイミングでデータをダウンロードしたりサーバにアクセスするタイミングなどがどんどん増えていく。

そうこうしているうちにバッテリーが消耗していくわけで…。

一回の充電で外出時に使えるバッテリーを長持ちさせたいひとは、アプリのインストールはほどほどにした方がよいというお話でした。

●メールも削除ですっきり?
じゃあ、メールも同じ?と思うとそうでもない。
残念ながらメールを削除してもそれほど電池の節約にはならないと思う。

バックアップの時間が多少減るかも知れないけれど大したことはない。
(添付が多いと少し状況はかわるかも知れない)

メールに関しては、スマホで使うアドレスにをあまり多くの場所に登録しないことに尽きる。

要はメルマガをむやみに登録しないこと。

毎週毎日のようにくるスパムメールはメールを取得するたびに通信が発生する。

基本的に何分かに一度サーバを見に行く疑似プッシュだとしても、取得が始まればより多くの通信が確立する訳で無いに越したことはない。

対策としてはスマホで読むメルマガ登録用のGmailを用意しGmailアプリを好みのタイミングで見に行くというのが良いです。

Gmailアプリなら検索も強いですし、運用は楽だと思います。

どちらにせよアプリもメールも細かく地味な作業が伴いますが、電池の減りが早いひとはメンテナンスがキレイに決まると快適な生活が待ってる訳で、少し根気を入れて対応をするのがイイと思います。

仕事をうまく進めるには、コミットしてくれる人をみつけられるかどうか だと思う

店頭公開から一部上場までメーカーの宣伝部に居たときの話。

広告制作マンになるには幾つか学校が有ったり方法があるけど
メーカー宣伝部の担当になってうまくやるには目安になるガイドがないから大変だった。

見積りと稟議書あげるのがうまければなんとか生活はできるのだけれど、
身の回りの業者さん含めうまい付き合いができれば、解決する業域は増えるし、頼りにされるし楽しく会社生活が送れるようになる。

楽しい会社生活は自己の業域拡張とともに、協力してくれる人へのやりがいの提供にもつながる。
継続的に行動することで、あなたが望むなら、自分の決済金額の額面が増やせたりもする。要は信頼と商売のセンスを勝ち取るわけだ。

さて、協力してくれる人が集中力を持ってあなたの仕事に対応してくれる=コミットしてくれるにはどうすればいいか、またはコミットしてくれる人をいかに見つければいいか、書き留めておこうと思う。

●コミット
あなたの仕事に心血を注いでくれる人。コミットメントが得られるようになると仕事の幅が広がる。
売り込みの電話は受けて、協力頂ける部分があるかを考える。
色々なひとと逢うと色々な手練手管ができるような気になる。
あとは実現できるよう予算をとる会社が儲かる算段の目論見をつくるだけだ。

ちなみコミットを見極める必要もある場合もある。

仕事をする際に社内を含めうるさくたち入ってくる人がいるが、実はそれもコミットだったりする。

何が原因のコミットなのかが問題だけど。

自己実現のためにパフォーマンスの場を探してるクリエイターなんてのもいる。
別に仕事はかれらの演劇のステージではないので、付き合う必要はない。
彼らをネタに使うなら運命共同体になるので、アホなことしない人を選ぶこと。
クリエイターならまだしもアーティストになると商売や会社の売上のマイナスになることをしたりする場合もある。

ただ、演者に惚れ込むような芸があるならそれに掛けるのも悪くはない。
なんらか得るものはあるだろうし、会社自体がうまくいく場合もある。

この辺りは発注者や発注会社の向き不向きもあるからチャンスが有っても気が乗らないならやめるべき。ギャンブルは仕事ではない。

またコミットしてくる人にはカネの匂いを嗅ぎ付けたビジネスマンもいるかも知れない。
まぁ、それが一番多いはず。
また会いたいと仕事と人間性の両方で思える人に会えば良いと思う。

●いい体験を共有する
面白い、予算と工期が潤沢な仕事をつくる。
これに徹する。
いい仕事をしていく。
業者さんは色々頑張ってくれるが、無理をさせると続かないから、予算に合うか、スケジュールはどうかなどぶっちゃけ話レベルで聞いておく。
余裕がないなら、対策も考えておく。

●人望
・裏切らない
・カネ以外の尺度をもつこと。
・計算高くなりすぎない
・コンプライアンス違反は絶対しない。(清廉潔白なら誰にも揺さぶられず、笑顔で仕事ができる。)
・相手に予測をたてられるよう、今後の展開を知らせて仕事をする

と、とりあえずある程度かいたところで、今回はこの辺で。
またネタがあれば投稿するとしよう。

ダイエット、夜はお茶を飲む

断食なんて続かないししたくない。

で、最近の解決策は夜の対策。

夜小腹が減ったらお茶を飲む。
コーラが飲みたくなったら、コーラの味を思い出し、喉ごしを思い出し、飲み終えた後の酸味を思い出し、なんとなく興ざめしたあとお茶を飲む。

お茶は1リットルのペットボトル麦茶なんかが良い。

カフェインフリー
夜だしな。

で、満足したら寝るべしだ。

暮らしに仕掛けをつくる

ライフハックなんて言葉があるけど
暮らしの中に仕掛を作って回すと良いですよね。

日常なんてのは煩いものは対応しづらいし、なかなかハックでどうにかなんて成らない部分がある。

かといって日常こそロスが起きる原因をつくりがちだし
日常こそ反復的な取り組みがしやすいもの。

日常の反復を続けるのはチリツモ的な成果にしかならないが
例えば、チリツモで差がつく部分も有ったりする。

いまが良ければ他はどうでも。なんて考えのひとはさすがに今はいないが色々考えて癖をつけていくのは悪いことじゃないかなとも。

たまにそういった取り組みを書き記していこうと思う。

落ち着く場所を探してお得な気分になる。

落ち着く場所をつくると
生活は随分地に足がついた感じになる。

実家は楽しかったが
落ち着くとはまた違った、喧騒とせめぎあいの中の均衡状態と言うか、何かまた違ったものだったのだなといまになって気づく。

幼少の頃は実家の前にあったター君のうちの茶の間
(午後2時〜6時限定)がぼくの落ち着く場所だった訳だが
ター君はぼくが中学に上がる前に川越に引っ越してしまった。
(ター君は兄の友達なので僕は動揺はしてなかったが、
おばちゃんとお茶の間が無くなったのは痛い)

いまはその落ち着く場所を認識するセンスが向上したので、
なんとなくうまいこと行くが、
暮らしが荒んでいる人は、落ち着く場所とか
安全地帯的な場所を探すと良いと思う。

意外と狭い局所だったり、カフェの決まった席だったり、
地下鉄のロングシートの片隅だったりするのだけど、
なんだかそれらが見つかることはなんでもないことたけど
手放しに和めて、自分を感じれる場所だったり、
同じ生きている状態でもちょっとお得な感じがするので、
暇がない人も時間は掛からないことなので
気にとめて探してみてはと思う次第。

目標と目標変更

目標に向かうも挫折…。

ある朝起きたら目標に関する興味がまるっきりなくなっていた!

…など、目標に対する状況やココロの変化はよくあることだ。
(本当はそんなには無いが)

もうちょっと読んでみる。