キャタツデビュー

100131_2019~001.jpg100131_2017~001.jpg100131_2018~001.jpg

世間じゃバレンタインで盛り上がってるのかな?
POPには「ともチョコ」とかって割と新しい響きの
習慣が出てきてたりだけど、んなのどこ吹く風!
今日はサイコーっすよ、念願かなって
東急ハンズで脚立買っちゃいました><
や、別に1500円もしないもんなんですがね。
しっかり人物撮ることを考えると必要かな?ってね。
スタジオにある梯子系のやたらデカイのとは違い
軽く小さめですが、ちょっといい感じ。
ロケハン途中でぶっちぎって
ハンズに来たかいがありました。
使う日が楽しみです!
ハセガワ アルミ軽量カラー踏台(56cm) シルバー
追記:ちなみに、コレ↑買いました。
丁度肩にかけられて1.6kgくらいなので、気軽に?持ち出せます♪
いつもと違った視点から撮れるって言うのは新鮮です!

浜松町「かまぼこ天ぷらうどん」讃岐うどん金比羅

100131_1913~001.jpg100131_1923~001.jpg浜松町の交差点にある讃岐うどんの名店「金比羅」に久々に立ち寄った。
「はなまるうどん」が東京進出するよりずっと前から東京では珍しい「讃岐うどん」を出してきたお店。
(新卒で入った会社でクライアント回りの際に友達に紹介されたのが最初かな)
クリアな出汁と腰のあるうどんと万能ネギが基本。
冷やしもできるが今日は普通に温かで。
路面店で味を守るのは難しいものだけど、変わらない美味しさが堪能できた。
(早いもんで初来店から10年以上経つのかな?)
あと、かまぼこ天ぷらとは「かまぼこの天ぷら」ということのようで歯応えの良いタコとチーズが入ったかまぼこをその場で揚げてくれる比較的新しいトッピングのようです。
軽めなトッピングですが、ちょっと得した気分になりますね。
今度は生醤油でも食べにこよっかな。

ロケハンのはずが…

100131_1657~001.jpg

ロケハンのはずが嬉しい誤算。
中々いい夕日が目の前に広がっている。
段々陽気が良くなって花粉の季節になっていることも実感。
ファインダが曇るからマスクを着けたり外したりが忙しい。

やる気のモト

好きな女の子といると俄然やる気を出す。
この年になっても基本は変わらない。
好きな女の子がいると頑張る。
単純にパワーが上がる面もあるが、曖昧な目的やブレが無くなり行動がシンプルになるのが最大の効果では?
彼女らが望む方向とは違う方向にも意欲と精度は向かう。
(それが原因で別れたこともw)
えらい美人と行動を共にすると、舞い上がり頭が少しバカになるそうだが、
自分限定でいえばギリギリの状況こそ出力精度はあがるしバカ化は歓迎だ。
(楽しいしね。)
ひとつ問題が有るとすれば、バカ化するとマトモに絵が描けなくなること。
本当に惚れる前が絵も写真もよくなる傾向にある。
(しかも中々好きになる娘は撮らしてくれない。別れて数年後に「撮ってもらえばよかった」なんて言われる…)
なんだか皮肉なもんだ。

ロケハン

4_MG_6433.jpg
ちょっと遅い時間だが夏に出す写真のロケハンを開始。
近所の撮りたい場所は後日に回して
ビルがカッコイイ場所を重点的に回るつもり。
他にはオシャレスポットも見たいし
都内の工場スポットも面白いかもしれないなど目移りしてるところ。
久々やる気出しているが、チャレンジってのは
リスクがつきものだし、結構クリアしなきゃならない問題が多い。
いつもの軽装な撮影スタイルでは
できないことをやろうと考えている部分もあり、
まぁ色々と問題だ。

WILLCOMを維持しよう。

DDIポケットの頃からおよそ10年使っているWILLCOM。
次世代PHS、XGPに掛ける資金繰りが悪くなり再生機構に委ねられるみたいですね。
僕は安く安定した枯れた今のPHSが大好きなので、音声では利用が難しい次世代PHSへの投資は少し半信半疑だった。
一企業として成長、次世代に取り組む必要はあったにせよ、こんな状況になる程の価値はあったのか…?いまとなっては誰にもわからない。
要はメールと電話がきちんとできれば僕はあまり問題が無い。
24時間電話もメールも定額。
素晴らしい世界じゃないか。
考えをまとめてクラウドベースのサービスにメールしたり、会社のPCにメールを送ったり。
プランナーたる僕は、考え、プッシュしていくことが重要で、遊んだり、つるんだりすることはそれほど重要じゃないのではと思っている。
そしてそのストーリーは、これからもそれほど変わらないし、そういうのが好きかと。
いまのWILLCOMに不満があるとすれば…
・長年連れ添ってるが長期ユーザへのコミットが皆無
(新規優遇ばかり、最低な営業施策、番号維持意外意味がない、WILLCOMもそれを認めている体たらく)
・完成度の高い端末がない
(いま使っているWX320KRが最高なくらいで、WX320KRがなかったら利用をやめてるかも。押しやすいボタン、軽快なメールとブラウザ、特にOperaをもっと活かすべき。NetFrontブラウザは最低なのでやめてくれ。あてLEDライトは非常時にかなり役立つのでつけて欲しい。他には外部メモリを使える様にして欲しい。ケータイのSIMカー
ド的な着せ替えのみのシステム導入の検討)
・送信メールを自分のアドレスに常にバックアップ配信するなどの仕組み
(来たメールの転送設定があるのは素晴らしい、バックアップ配信は過去にできていた機能なのでぜひ実装してほしい)
・過去にあったメールサーバでの時間指定メール送信予約
(ブログ更新に最高)
などかな。
情報収集にはケータイでは非力だし、そこまで僕はケータイには依存していない。
SoftBankがちょっかいを出してきてるみたいだが、興味があるのはXGPの方みたいだしバラして面倒を見るという絵が濃厚みたいだから、今のPHSで満足できている僕はしばらくWILLCOMでいいのかな…とね。
iPhoneが見せる世界は刺激的だが、それは必要?
僕には疑問。
(仕事として使っておく必要はあるが、僕らしくはない)
Appleは大好きだがジョブズの収益構造の出先機関的端末と添い寝するのはどうも性に合わない。
またガラパコス化したいまのケータイの文化に馴染めないのもサガとして何かあるみたいだしPHSが続いて行くならそれでいいかと。
(ケータイの話は別にしようと思う)
WILLCOMなの?
070?
あぁ、ちょうどいいんだ。
今はこれでいい。
そう思う。
また時間がたてば考えが変わるかもしれないしね。

西新宿:佐藤健二さんの回答:iPadをどう見る?

CNET Japan提供しているパネルディスカッションのお題目
「iPadをどう見る?」
に勝手に回答してみました。
(CNETのディスカッションに入るのは色々大変なんだろうし、
気分が味わえればいいので。要は気分ですよww)
西新宿:佐藤健二さん(広告・Webプランナー)
★iPadのルックスは?
初見では、台湾製メーカー辺りのデジタルフォトフレームみたいな
鈍臭いデザインだーなーと直感的に思いました。
テレビも今やアメリカの圧力に屈してできた16:9のサイズになっているし、
4:3に近い液晶を見たときに「???」と。
★700gに迫る重さ。
ちょっとおもいですね。
ペットボトル1本半
デジタル一眼レフカメラ1台(レンズ・電池込み)
ワインボトル1本
缶ジュース2本
大体そんな重さなので、毎日肌身離さずというのは
正直、現実的ではないでしょう。
デジタルデバイス。特にモバイルとなると、
持ち出すかどうかという部分が重要で、
持ち出せるシーンが多くなる=利用シーンが多くなる
ということなので今回のこの重さは
モバイルデバイスとしてはちょっと暗雲立ち込める感じですね。
(持ち出す理由が無いと持ち出さない重さ。
 そんな感じの重さですね。家用のカウチ端末なのかな?
 ジョブズ御大はソファーに座ってたからそれが正しいのかな?)
まぁ、家用の端末としては、そこそこ大きいから無くさない。
そういう意味ではいいのかもしれないが・・・
(書いててだんだん欲しくなってきている自分がいる。)
ソフトは既に先行しているiPhoneのソフトを流用できるそうで、
おそらくすぐに最適化がはかられるでしょうから、
ソフト面でのアドバンテージはかなり多くなると思います。
僕自身はiPhoneユーザーでもタッチのユーザーでもないので
そろそろiPhoneOSの作り出すムーブメントに乗っかろうかな?
とおもうのですが、重いのは家におきっぱになりそうで、
持ち運びはくじけそうなので今回の購入は遠慮したいと思います。
(家専用ならMacあるしね。)
おそらく、SBM以外のキャリアでiPhone3Gsの次が出たころに
iPhoneの方を買うんじゃないかな?
(SBM以外が出なきゃ永遠に買わないのかもw)
とおもいます。
もしくは海外に住んでる友達に頼んでiPhoneだけ買うとかね。
持つべきものは友達だ。 うん。
あぁ、あと、ちなみにこんな記事も出てるので、
iPad買いたい人は週末熟読してwktkしてみてはいかがでしょうか?

東京タワー2階「スパイシーポークカレー」東京カレーラボ

100125_1423~001.jpg100125_1427~001.jpg先週、仕事の合間、ちょうど飯倉の交差点…東京タワー近くに来たので初東京カレーラボにいってみた。
確か東京カレー番長のプロデュースした店だよなー
東京タワーの真下の建物の二階というキャッチーな場所にあるお店。
なんとなくバス旅行の客が引いた2時を少し過ぎたあたりに入店。
他の店とは造りが違うモダンな店内は粋なカウンターバーを思わせる。
店員は好印象な綺麗なおねいさん。メニューを前に広げてくれた。
…が、よく分からん。
カレー屋やラーメン屋に入ったら通ぶらずにおすすめを聞くことにしてるが、例にならって聞いてみた。
おねいさんは講釈を一通り垂れてくれ、色白な手から伸びる指でそれぞれのメニューをさし示してくれる。
美人を前にすると世の男は話そっちのけに成るという統計があるそうだが…心境としてはもう万歳お手上げな状態だ。
彼女のスラリと伸びる指の先にある挿し絵の豚が目を輝やかせ浮かれて万歳してる様にみえたので、哀れな同胞にエールをおくる意味で平静を装いながらポークカレーをオーダーした。
(かすかな記憶の声をたどれば、味は甘口の系統とチキン、辛口のビーフとポークの4種類があるみたいで、その他に幾つかトッピングでバリエーションが発生するみたい。)
さすが人気スポットのオペレーション、速くて的確。すぐにスパイシーポークカレーが目の前に登場。
味や容姿は一時期流行った黒カレーに近い。
甘さ抑え、しっとり煮込んだカレー。
文句なくうまい。
中には満足感がありながらガツガツしない2×2×1センチ大のポークが7~8個。
ご飯は大盛りだが、全然普通。
(観光客向けの盛りなのかな?)
辛さはコシヨー辛い系
カルダモン、唐辛子、クローブ、コリアンダークミンなどの名前がランチペーバーに記載が有ったので使用してるのかも。
カレー特有のまがまがしい得体の知れない感じもあり、食べ終わったあとの中華的な適度な麻な感じもある。
喧騒を離れちょっと一休みするにはイイ場所かも知れないっすね。

トップをねらえ!がスペシャルサイトで無料視聴できる模様。


がイナックスの不朽の名作…といえば、
僕的には『不思議の海のナディア』ですが、
同時代?くらいのOVA『トップをねらえ!』のスペシャルサイトが熱い模様。
僕は全話見てますが『グレンラガン』とか
『エヴァンゲリヲン』とか見る前にガイナックスものの
はっちゃけ具合を確認する意味でも見ていいんじゃないかな?
とおもいます。
絵こそ古い感じですが、内容は保障つき。(何の保障?)
まだ、萌とかがはっきりしていなかった時代のアニメを見るのも
たまにはいいかもしれませんね。
このアニメ自体はスポコンのエースをねらえ!と
スーパーロボットのオマージュからはじまってるはず。
そういう意味では、昔っからオマージュとかそうのを
ずっとやってるのかもしれませんね。