銀座へ

070630_1926~001.jpg土曜ということで銀座で買い物。
お金使うのも気晴らしでいいかなと。

ダブルワッパーチーズベーコン

070624_2043~001.jpg070624_2044~001.jpg070624_2146~003.jpg写真を撮りながら食べ進めた。
驚くのはそのサイズだ、通常考えられるハンバーガー屋のセットとは違う。
デカイのだ、
ランチプレート一枚分のボリューム、まさにそれだ。
肉汁中心のハンバーガーというより、ハンバーグステーキのパン挟み。
(なぜか食べながらドイツ人や、ハンブルクという地名が頭をグルグル。)
トマト、レタス、胡麻などがしっかり盛り付けたランチプレートをパンでグッと。
おもしろいのは、意外と食べずらくないこと。
見ればバンズの下側がほどほど薄くなっている。
持っていると自然に下側のバンズが潰れ、安心できるホールド感を作ってくれるわけだ。
恐らくはじめから潰れる事をストーリーに入れているのかと。
対極の上のバンズは胡麻が綺麗に張り付き、フワッサクッという感じ。弾力も悪くなくパンが頑張ってる感じひとしお。
カブリつき頬張ると中々のバランス感、上述のバンズのディテールに野菜のしっかりした歯触り。
その野菜の層をグッとつき抜けるとメインディッシュのパティと出会う。
焦げ目を少し付けた味わい先行のグリルハンバーグステーキ×2枚といった佇まいは、値段相応の満足感をすぐさま提供してくれる。
加えてベーコンの程良いひっかかり、と絡みつき感が食にたいする野生をグィッと引き出してくれる。
最後の潰しバンズは支持はしなからも味はソフトそのもの。それぞれの層が良い食感を奏で、ほうばるのを飽きさせない。
(通常サイズの1.5倍はあるバーガーだけにこの飽きさせない仕掛けは脱帽もの)
パティやバンズも考えられた構成だが、金銭的に許すのならはじめはぜひベーコン入りをおすすめする。
ジュースはもちろんコーラをチョイスしたわけだが、ストローの経も太めで長丁場になりがちな大食い系セットにふんだんな水分を供給、潤いをドーンと提供してくれる。
惜しいのは、セットのポテトが適当なこと。
ジューシーでも肉厚でもない。
ポテト以上でもなくポテト以下でもない。
ポテトそのものなわけだ。
まー下位打線まで4番級を揃えてもゲームは成立しない。
アメリカ人なのか、経営的理由なのかはわからないが、まーいい落としどころかもしれない。
いま西新宿アイランドタワーの地下一階の店舗からだが食後の満足感、後味も悪くない。
なかなかいい。
そんな気分で店を去ることが出来そうです。

ばーきん

070624_2019~001.jpg070624_2023~001.jpg並び中。
さすがにオープン当初より買いやすいくらいの並び具合。
意外に久々のジャンクフードで期待。
ダブルワッパーとコーラを予定。
恐らく7年ぶりのバーガーキングです。

思い出は夏空越えて夢のなか

俳句、かぁ、
ちとキザなのは引けるとこがある。
ただ、引けている年頃でもないかな。
短い分あまりいいたいことは言えないけど楽しいかもな。
いま色々なとこから遊びのお呼びが掛り、正直途方に暮れている。
俺は絵が描きたい。
シャッターが切りたい。
波乗りがしたい。
そんなとこだろうか、
俳句もやる?の?
プール?
うーん。
いまだからできる事をしようと思う。
少しワガママになろう。

雨も悪くない。

雨の中、傘をさし駅まで。
雨の日は幾らか景色が違って見える。
雨の日を悪く思う人もいるかも知れないが、
意外と記憶に残っている日は、
雨が降っていたなと思いだす。
またアツイ夏が来るのだから、
じっとこんな季節が有ったことも憶えていよう。
どこに行きたいのか考えるのに今はいい時間だ。

山は越えた。

ここ2週間ほぼ毎日終電生活だったのだけど、やっと抜け出した!
プレゼン先ほど終らせてきてこれからノベルティの下見です。
やー飯田橋より先へ、久々総武線乗ってるけど何かたのしー