プレゼンに勝つには

秘訣⇒無い
秘策⇒無い
ただひとつ、
お呼びが掛かった話しだし
自分が受けた山だし
そのプレゼンは勝てるプレゼンだ。
少し頭を冷やせ。

毎日がドラマチック(シゴトだけ)

いまなんとか別ルートの終電に間に合った。
3時間前に受注…?した案件を「納品」。
(カンパケ)
さすがにここ数日、プレゼン連投。企画書も覚えているだけで7本平行、忙し過ぎて頭がすり減り気味だが期待には応える。
応えたい。
売れる要素をキチンと抑え、
クライアントさんの先にいる営業マンや固店さん、
そのさきのお客さままでもがハッピーになれる要素を盛り込む。
(僕はずーっと先にいるお客様から少しづつお金をもらってる訳だしかなり重要)
クライアントさんは明日、晴れやかな朝を迎えるだろう。
(昼には全国で使用?)
僕は新宿からあるいて15分の我が家に帰宅するわけだ。
タクシーのヘッドライトが景気よく駅前を行き交う午前一時新宿西口より。

ガンダムを再度考える

firstとか言われる一番最初のテレビシリーズのガンダム。
再放送をしこたま見たが、一回に2本づつ見ていくと色々なものが見えて来て面白かった。
日に日に増すアムロの覚醒、天才と言われたシャアの苛立ち。
あと人間模様はララアとアムロなんかよりブライトとミライとかの方が面白い。
そもそも打ち切りになり、時間がなくなったために神展開を果たしたが、本来のシナリオはアムロは死亡したり全然違うものだったらしい。
アムロはニュータイプとして覚醒したものの死亡?
シャリアブルももう少し活躍したとかしないとか…
物語は意外にホワイトベース側には主軸がなく、劣勢で国力も少ないジオンの挙兵に始まり、シャアの私的復讐劇と気まぐれなニュータイプへの憧れと拒絶が軸かと。
そこにたまたまニュータイプに覚醒したアムロのトンチンカンな恋心とシャアの亜流ニュータイプなコンプレックスがミックスといったところか。
次回予告で「君は生き残れるか?」とやっていたが
(再放送ではカットが多かった)
ホワイトベースのクルーは囮として目立つ色の奇妙な船でほぼ兵士無しで戦地を転戦。
ショボショボな補給で前線にぶっこまれ半壊状態を続けて来たわけだ。
番組的に命からがらさ迷う様、毎回ピンチに陥る展開はなかなか面白かったが、
成り行き流転の様は、ヒーローと言うよりパニック内の単なるサバイバルだったのかな?と。
アムロが死ねば確かにサバイバルは増すだろうが、現在のガンダムとバンダイの発展具合は無かっただろう。
あとガンダムの産物と言えばガンダムっぽいデザインとジオンなデザイン。
加えてニュータイプという話しだろう。
ジオニックと言われる旧ヒーローものの適役に通じるメカは何だか意識に訴えるものがあるかなと。
ニュータイプに関してはシリーズを通じて解釈が広がったりもするが、ヒーロー像と重なって中々チート的で良いものになったかと。
ガンダム自体ではニュータイプは新たな何かを産み出す存在として今一歩踏み出せないでいる気もするが、SEEDみたいになんでもありになるのも気持ち悪いので丁度良い落としどころと見ることもできるのかもしれない。

窮地と私。

窮地を救う。
広告仕事で窮地を救う。
窮地
ピンチ
絶望の崖っ淵
受注したらスケジュールと内容が既に事故…
とまぁヤバイシーンは色々ある
しかもカッコイイことは意外に疲れるし
更にイイ結果が残せない場合が多い。
無理を言うクライアントには無理だと言う。
言わないと頼んできたクライアントが悲惨な目に会う。
悲惨な状況になれっこな人がクライアントな場合は
目を覚まさせるか道理をはなす。
ヤバイのはヤバイからヤバく無いのにしていくように調整だ。
だが、困ってるのが美女なら頑張る。
(会えないと頑張りません)
もう全然だ。
企画段階から一週で300ページの刷りものを完成入稿。
企画自体も大成功した記憶。
その他諸々ヤバイ話も鮮やかに。
対処可能な丁場はしっかり対応する。
ただ自分の算段から外れてる場合はやらない。
・意見が蚊帳の外
・仁義と人
・金
・ステージ感
・クライアントと俺とユーザーが幸せにならない
つまり算段がズレるキマリの悪い要素が多い場合は被害を被る可能性が高いからやらない。
俺は臆病だしそれだけに助かった人は多くいる。
策士なポジションな人間が勇猛だと兵は死にやすいからな。
あと後味が悪い仕事もやらない。
しっかり自信をもってサービスできるものの場合サービスを提供する。
それが窮地かどうかは問題でない。
良いサービスが提供出来ないならバッターボックスは明け渡した方が良い。
そうすりゃクライアントも俺もユーザーもその投げた仕事をやる同業者もみんな幸せになるしな。
俺は俺のできる仕事をガッチリやる。
コンペは勝つ。
ただそれだけだ。

波01、中央防波堤に向かう

友達と誘い合って東京の秘境「中央防波堤」へいま向かっている。
お台場の更に先、
大田区の沖に位置する埋め立て地の1つ
確か、記憶では東京の埋め立て地は事実上あと2〜3しか埋め立ての場所が残ってないはず。
そこを目指して進軍中。
ちなみに、この2月には葛西方向から橋が延びるはずで、橋が掛かると普通な観光スポットになるとも言われている。
過去に都バスの案内で泉麻人が話していた場所で一度は行ってみたい場所だった。
23年前自転車でお台場に行った際の「ゴミ収集車の地平線まで連なる車列」の再現はさすがに無いだろうけど、好みのレンズをバッグに詰めてお出掛けだ。
(東京の1つの元風景だと思う。)
残念ながら友達4人で行くはずが仕事の関係で2人で行くことに。
風も強いし少し気を付けて行動しよう。
帰りはそこらで反省会かな?
あとメタンガスがまだ出ている場所があるなど、おおよそ観光スポットになるとは思えない秘境加減がある。
まぁそういうのも含めてなんとも楽しみだ!

年賀状と帰省

いま年賀状を出したとこ。
正月は仕事でまともに休めず年賀状どころではなかった。
で、いま年賀状完了〜
買ってた年賀切手を上回る年賀状が来たためオーダーするも郵便局員は売り切れと素っ気なく。
仕方ないので一部の人はハートマークの慶事切手になったりしてますがご愛敬。
目出度い感は通常の年賀切手より多めかな?
今から実家行って正月のやり直しです。
あと帰って大掃除だね。
(順序はこの際問題じゃないっす!)

正月返上と代償

正月は実は仕事で余りゆっくりは過ごせなかった。
31と1、2は辛うじて休めたが。
で、6、7と代休をもらって遅い正月だ。
遅い夏休みと言うとカッコイイが、遅い正月って何だか特殊な…あまりカッコイイ感じじゃないな。
みんなに「どこか行くの?」と聞かれるが、昨年の正月明け以来資金調達がおかしくなっており遠出不能。
ホントはジェットスターに乗ってオーストラリア?と思ってたんだけど、
二人いるオーストラリア在住の友達のひとりが東京に稼ぎに来てたりで
なんとなく行くのはナシに。
部屋の掃除でもと朝から気合い入れてる次第。
(大掃除…)
あと年賀状もやっと書き終えそう。
つまり10日くらい時差がある進行をしてる感じね。
大掃除はゴミ収集などが正常稼働してるので反って好調。
明日あたり少し出歩こうか考え中。
火曜日には休みが終わるが、なかなか地味な正月休みだね。

佐藤も製作参加iPhoneアプリHOT REVERSI Ultimateが発売!

iPhone用オセロアプリ「HOT REVERSI Ultimate」が発売になりました!
佐藤が会社で参加してるアプリ作成のプロジェクトのひとつで
iPad向けに開発したNo.1リバーシHOT REVERSI HDとはまた別の切り口でゲームを用意しました!
iPhone用なので多くの人に遊んでもらえるんのでは?http://nenet.iphone-ipad-app.com/apps/ultimate

ここからたどると買えちゃいます。たっぷり遊べて350円!ゲームの内容はリンク先で詳しくご紹介。
火柱が上がり稲妻が走るオセロな盤面は中々激しい感じで、シンミリしがちなオセロが爆音とどろく豪快なゲームに!
BGMもオンにすると更に盛り上がります!
(騙されたと思ってやってみて!)
iPhoneは何ができるの?って言われたときこのゲームの稲妻はかなりイイアピールになるのでは?

昨年総括と今年予想

☆昨年はとにかく忙しく、仕事の当たり年だった。
コンペに勝ち過ぎて困る感じ。
あと、あまり必要の無いとこで大きく見栄をはった。
更には仕事でガジェット三昧だった。
燃える展開は多かったが、萌える展開は少なかった。
先が良く解らなかった部分もあり、少しコンパクトスイングな感じだった。
耐える感じはもちろん必要なアクションだったと思う。
☆今年は自分の生活を考えて、少し欲張るくらいで行く。
見た目以上に謙虚、見栄を切るさとーですが、程々に。
あと、なんだか儲かる気がする。
必要なガジェットを揃えて色々なことに望むつもり。
仕事より別なものに目が向いている。
ただ、正月の最中、明日3日から仕方なく仕事だったり、必要に迫られる役割なのは数年続くだろう。
あと長い休みを定期的にとろうと思う。
元々フルスロットルでぶっ飛ばすのが常なので休みがあって然りだし、
急加速のあとは延びしろを作るため休みがイイだろう。
ゴロゴロするだけが休みじゃない。
海に繰り出し波乗り、ビールもイイだろう。
あと、今年はこれからの10年の指針を示す年だろうからやりたいことをやる。