業務スーパーと

ハナマサに寄って帰る。
ハナマサ店内はガリガリくんみたいに、しかも24時間キンキンに冷えてる。

暑い夏の夜は立ち寄りをおすすめする。

プロ仕様や肉は買わない。

僕はプロじゃないし。

イタリア産のトマトの瓶づめを初めて買う。
(うまいのか?)
あとは明治のスナックと雪印のチーズ。

信頼とかブランドとか産地とか意外と気にして見れば、業務スーパーは悪いことはないね。

スピードの問題

夏は行ってしまうだろう。

肉を焼き
プールに浮かび
浴びるように飲み
森のなかを黙々と駆け抜けた。

しかしまぁ、中年になり青春的な何かが戻る訳でもなく

しかしまぁ、足掻くわけだ。

アプリ作って自慢できるような賞をとったけど、僕は何がしたいんだ?

コンセプチャルな人間はブレないけど色々やれず面白そうではないし、
そうかと言って結婚とか考えるとブレて喜んで跳ね回ってるのは理解の外だしな。

うーん

それも面白くないし

何か、サイクルを変えよう。

家の近くに変なモノが。

130825_2301~001.jpg

風船でできた萎んだ肌色。
恐竜の鳥でいうカシワに値する部位的な何か。
そんなのがデーンと。

種をあかせば新宿クリエイターズ・フェスタ2013というものの展示のようだけど、見ていてあまり気持ちの良いものでないしアートってのは色んなモノがあるけど、ひとごとながら不快なものを大きくすれば良いという美観はどうかと。

テロ的で有毒、醜悪な刺激が作れる。
刺激なら人が反応するから現代アート!と言う論法が有るのだろうか?

一部の学校が狂った学生を排出してるがそんな求められていない暴力的でSM的な表現によるやり取りは迷惑だからやめてほしいものだ。
少なくとも実行したいなら他人に迷惑がかからない…例えば自分の家でやるに留めてほしい。

作ってるひとはそれがどんな刺激かわかっているし、正攻法だと振り向いてくれないからトリックやテロに走るのだろうけど、そんな醜悪なもん街もひとも求めてないし、いい加減にしてくれと。

ただ、そういった行為で有名になると作家のほうも引くに引けず他に破壊力のある表現がないし若さもなくなるから、そこから引き返せなくなるんだろうね。

なんとも。

旅の終わり、高崎でラーメン難民そして湊生に入店

130817_2030~001.jpg 130817_2042~001.jpg

2013年8月18日
18きっぷの旅、新宿、松本、長野〜飯山線〜越後川口、そして新宿に戻る途中高崎に寄った。
旅の終わりはどこか美味しいお店に寄りたい。
なんとなく旅好きな親の友達の受け売りを実践することが多い。

高崎くらいまでくれば、電車の本数も多いし自由が効くので高崎に立ち寄ることにした。
(北海道の帰りは宇都宮駅前で餃子だったな)

とはいえ何がうまいかリサーチするにもiPhoneの電池はギリギリ。
手持ちの資金も寒い感じだったのでラーメンに決め打ちし検索。
おおよその店が集中した場所がわかった段階で電池は切れてしまった。
(食べログは見たが情報がそもそも集まってない)

あとは勘を便りに歩くのみ。

土曜日の夜だと言うのに流行ってる店意外ひと気が全くなかったり。
クルマ文化だったり暑かったりで今年は大変だったのかな?
なんて思いながら歩いていて3つのラーメン屋を発見。

そのなかで一番流行ってる、というかひとが店に多い店に入店。

土曜日夜8:30だ、このくらいの賑わいが店にあると安心する。

店の名前は「湊生」なんてよむのかな?

醤油系のラーメンが押してあった。
あと、つけ麺、塩もあったが、なんとなく目にはいったワンタン麺がうまそうだったので大盛を券売機でポチる。

入店すると半地下の割りに雰囲気が中々いいことに気づく。
半地下の店は難しいところがあるが、手書きのPOPやらポスターやらで活気が作り出してありかつ、机やカウンターが綺麗、机の上の調味料がどれも綺麗に掃除されていて期待ができた。
(うまい店は綺麗に掃除してます)

オーダーから少し経って机に麺が到着。
写真のとおり盛りが綺麗。
そして、期待を裏切らないうまさ!

ワンタン麺はどうもあまりオーダーのない品のようでちょっとドキドキしてたのだけど、中々良い。
博多ラーメンみたいな細麺
クリアな醤油スープ、隠し味程度に甘味があり、ありきたりでないバランスのよさ。
スープ自体は尾道ラーメンで食べたことがあるけど、細麺が合います。

大盛が似合う味ではないけど満足感もありシナチクもうまいし、白っぽい色のチャーシューも柔らかすぎず好み。
一見セオリーを外れているのだけど、なんとかバランスをとって危ういバランスを仕上げたのが素敵でした。

混ぜ麺、つけ麺が本来の人気アイテムなようで、冬の18きっぷの際にでも寄って見ようと思う。

バズドラと電車

バズドラを酔っぱらい中に
電車のなかでプレイすると

吐きそうになるから気をつけてください。

 

あと、お相撲さんが二人六本木で下車。
さすが大江戸線!

 

て…何が。

ケータイでブラインドタッチしてると、
おねいさん方にガン見される

大江戸線、なかなか危険なんだぜ?

浴衣の女の子とスマホ

ケータイメーカーの企画担当者は見てほしいポスト。

花火大会にて

浴衣をきた女の子が可愛そうな感じ。
晴れの姿、浴衣の女の子ってのは男にとっても
着てる女の子にもロマンの世界だが、
とにかくスマホで電話してるさまがカッコ悪い。

いまの4インチより大きいスマホを握りしめ
電話するその姿は全くもって可憐でない。

なんだろう、習字で使うスズリでも耳に当てているようだ。

洋服ならまだしも、
浴衣や着物にデカイスマホは似合わない。

根付け文化じゃないが、併用なのか子機なのか、
カワイイ電話が必要じゃないか?

とくに大きい女の子が持つとなんとなく進撃の巨人的な…

どんなもんでしょう?
(NECさんやパナソニックさんが
ガラケーに回帰するならぜひ考えてみてはと思います)

コロコロつきカートバッグ

街でずいぶんみるようになったカートバッグですが
電車なんかが加速するとズズズと進み出すわけで、
電車のなかでは壁に寄せて状態を維持するようです。

ちょうど、いま僕の隣に持ち主(幼女を連れた奥様)と
一緒にカートバッグがいるのですが

奥様、それ壁じゃなく僕の足…。

カートバッグが物凄く僕に寄りかかる
電車加速する
僕ツラくなる

仕方ないので少しよけてみたら、
カートバッグが電車の中を走りだしましたとさ。

花火のあと新宿駅トイレにて

旧知の知り合いとあい、しこたまのあとだ
新宿駅、

トイレにて小を少々。

目の前の目線にある棚にタバコの箱とライター

小のブースから出口へ向かうかとしたところ

パンクにーちゃんに呼び止められる。
「タバコお忘れですよ。」
と。並んでた一つうしろから声。

確かにタバコとライターが僕の目の前に有ったが、
僕はタバコを吸わないし
それは僕のではないのですよ。

「あぁ、僕のじゃないですよ〜」

と返事+笑顔。

世知辛い世の中だが
中々良いパンク兄ちゃんはいるもんだ。