100ページを1時間で読む

080915_2334~001.jpg本を読むのは遅い方だ。
味わうというか、
じっくり読むのが好きだ。
でも、昨日は勝手が違った。
仕事の資料で借りた270ページ位の本、
のそのそと75ページくらいまで読み進んだものの、
代理店に返さなければならない関係で、
昼の3時までにその本を読みきらねばならなかった。
2時を回り100ページ以上の残りがあった。
ピーンチ!
一か八か、ギアチェンジ。
人間、その気になればなんとかなる(?)もんで、
読み切りました100ページ。
実際は、ただマヂメに読み進んだ訳ではなく、資料になりそうなところをザクザク読み進んだ感じだった訳でちょっと反則気味…。
それでも3時までにレポートも済ませたしバッチリかなと。
仕事の資料としての本との付き合い方が、実践的にわかった気がした。
みんな、要領のよいヒトはこんな感じで本を読んでるのかな?
(Webで読むペースに似てるかも)
とか感じながら、にわかな達成感。
しか~し、3時になっても代理店はこなかった。
オーバーヒートする頭。
呆然、立ち尽くすカラダ。
まぁ、新しい地平も見えた感じだし、
オンタイムで進めたんだ。
よしとするか…。
んっああああぁ…。
(※写真は箸休めです。本文に関係なしす。)