アナログな自分

110722_0811~001.jpg

iOSやテレビやアニメやMacやPCにどっぷり。
だけど、筆を使って絵を描いていてホッとした。
描いているのがアクリルなのが不甲斐ない気もするが
それでもペタペタ色を塗ってると「本来自分がやることとやりたい事」が直結してるようで
とても安心もするし、未来を作っているような手元に未来のスイッチがあるような気さえした。
僕は自分の作品が好きだし、自分の作品が至らないところがあるなと実は反省もしている。
また色々な人に色々な話をもっと聞きたいなとも思ったりもする。
テレビは引き続きアナログでイイかなとも。
iPadは作画のシミュレーションに使えるのでイイかなとも思っているが、
普段気持ちを割いている情報群は意外と色褪せて見えたり、
少し筆を持つことで世界が変わって見えたりもするわけで。
まぁ言うほどいっぱい描いている訳でもないし、色んなもんにバーンてぶつかるんだろうけど、今はなんだか楽しい盛りな訳だ。
いや、かなり昔からずっと楽しいのかな?
デジタルな未来やサイバーな世界、新しいプラットホームの話とか、興味はあるけど自分が何なのかは筆持っているときが一番解ったりする。