ガラケー⇒スマホ、だがAndroidがスマホ界で勝利とかそんな話には結末はならない。

統計からの総論ではなく肌感触としてガラケー⇒スマホの流れが身近で起きている。
なぜガラケーを捨てるかと言うと
ガラケーが壊れたから。
ソニータイマーのようなものが発動してか、ガラケーからスマホに移行するのがデフォ化してる。
で、長くガラケーに留まった人というのは
iPhoneに移行できなかったひとを多く含みAndroidを使うことになる。
ドコモやauにはついぞiPhoneは登場しなかったのだから仕方がない。
AndroidはiPhoneのようなものであり、数の論理ではエレガントさは補てんされない。
そして、2極背反で殺し会うことはおそらくないとも考えられる。
iPhoneとAndroidの質の逆転が起こるとすれば、GoogleがiPhoneへサービス提供を断った時に逆転が実現する。
(ただ、それは起こらない)
やり方はこうだ…
以前Macの「いちソフトメーカー」だったマイクロソフトが世界一になったスキームが使える。
そのスキームは、いまのiPhoneとGoogleサービスに似ている。
かつてMacが評価されていたその価値の一因は、実はマイクロソフトの製品でありいまもWindowsの主要製品である、EXcelにあった。
そのエレガントさの一因となっていたEXcelをわざとMac用に開発しないようにし、Windows版のみEXcelをバージョンアップしまくったことでMacを使う理由は奪われ、と同時にWindowsが覇権を握った。
今このスキームが発動したら地図と検索とYouTubeの無いiPhoneが成立することになるが、どうだろう?
地図に関してはAppleは準備を初めている。
検索は奇しくもマイクロソフトが提供してる。
YouTube?まぁ、iTunesがテレビを強化するとか、ユーストリームを買うとか?
YouTubeに関してはフェイスタイムの拡張という方向もあるしどうにかなるのかも知れない。
戦争前夜のキナ臭さに似たものはある。ここで本当にiPhone対Androidの戦争がはじまれば、またしてもAppleは時代を作りながら偽物に駆逐されるのかもしれない。
ただ、おもしろいことにMacもAppleも健在で売れてるパソコンの多くはMacだったりする。
戦争が起ころうが排斥されようがMacはMacとして残った訳だ。
スマホでいうファーウェイやデルのような製品がWindows界で幅を利かせているようにAndroidも汎用的に浸透するが、プラットホームとしての成熟は数年経っても進まないだろう。
つまり、どうにかAppleは生きていくし、割りと明るい未来はある。
では種明かしといこう。
なぜAndroidは数で優勢になってもAppleを完全に排除しないか。
Android陣営がiPhoneを排除しない理由として確信的なものがあるとすれば、Androidが無料OSだということ。
GoogleはWebMはサーバ負荷を減らすためにコスト的に必要だったけど
Androidはデータ抽出プラットホームとして提供してるGoogle検索のインターフェースの延長として提供しているだけであって
AndroidOSを小売りすることで少なくとも現時点で商売をしていないことがポイント。
ユーザー情報を集め次世代広告媒体を生み出し商売をすることはあっても
Android小売りはマイクロソフトみたいにソフト販売を、特にOSをビジネスのドメインにはできないししたいとも思わない訳で。
(もっとボロい商売を知ってるから)
だからAndroidにそこまで真剣でないとも言える。
また、Androidを越える汎用OSが出たときこそ、検索インターフェースとしてのAndroidが覚醒しその新汎用OSを捻り潰すときが来るはず。
(FacebookをGoogleは良く思ってないって話も納得。Facebook内は検索できないからねw)
結論を仮に設けるならAndroidは情報抽出プラットホームとして人間に絡み付き人間の欲望や生活をトレース。
(iPhoneもGoogle検索を使う限りiPhoneユーザーとしてセグメント分けされた状態で情報は格納される)
一方、iPhoneは人間が必要な夢や野望の手助けをするふりをして、定期的に新製品を小出しに発売するだろう。
(だからiPhoneのOSは計画的に発売される)
どちらも人間に密接に成立し、どちらもそれぞれ人間に便利で厄介な存在になる。
離れられない不自由さを人間はまた手に入れたことになるわけで…
Androidが勝つとか負けるとか小学生みたいな2極論じゃ解決をみないということだけはわかっている。
ただそれだけだ。

WBSで放送、リニア・鉄道館が行きたい!

2011年3月14日愛知県の「金城ふ頭駅」にできたJR東海の「リニア・鉄道館」に行きたい。
昔よく旅先で乗った列車がそのまま保管され、乗車できたりできるよう。
JR東海と言うことで新幹線の展示が充実。0系やドクターイエロー、100系、300系(300系は先行型と量産型がある)がドーンと展示。
その他在来線クハ111形式、キハ181形式やL特急クハ381をはじめ日本に現存する最後の一台になる電車などが触れる様子。
もちろんリニアモーターカーもありMLX01形式が展示されているそう。
JR名古屋駅から「あおなみ線」に乗り「金城ふ頭駅」へ
開館時間は10:00〜17:30
休館日は火曜日。
ちなみゴールデンウィークは休館日はなしらしい。
大人1000円
子供200〜500円
新幹線N700のシミュレーターなどがあるけど抽選とのこと。
開館迄に行列ができるくらい流行ってるらしい。
行きたい!

最近、戸田恵梨香の扱いが酷い。

三浦春馬のドラマでNTRされる花嫁役…に続きBOSS第2シーズンでも戸田恵梨香の扱いがヒドイ件。
スペックでは犯人逮捕のために腕モゲちゃったうえ婚約解消した超能力者(しかも弟が大犯罪者)やったり、なんかすっかり汚れ役ばっかり…
(´・ω・`) ウィ…
流星の絆で、もうヤバいくらい可愛かった戸田梨恵香。
もう枕とかいろんなもの濡らしちゃいそうです><<
実際いまもいいなぁ…可愛いんすけどねぇ
ってため息混じりな深夜3時ですがなにか?
ワンダ商事では甘えん坊な社長やってましたが、余りに作り込み杉て戸田梨恵香だとは気づかず…
ファンとしたことが失策…
(´・ω・`) ショボーン
気を取り直してboss第1シーズンで大活躍!
…だったのに、第2シーズンのノッケから下手を踏み小笠原送りになり、第1〜2話で死にそうなり降板…
うわ〜ん
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァァァン…
(´・ω・`) ショボーン
まぁ出演料が高くなったのかなとか。大人の
いまラム飲み杉でおかしくなり中。
録画番組で地震速報を見ながらビリビリアルコールを感じてるわけです。
貫地谷しほりもちょっと顎が▽っぽく成りすぎて心配ですが、明日の出社時間が心配なくらいな時間(3:37)なのでこの辺で。
やー酒ウマス(^-^)/

祝1年

仕事で書いてる「ねねっとTechDiner」というブログ。
目出度いことに書きはじめから1年が経ちました!
めでたい!
プランナーの仕事も手を抜かずほぼ1年というのは中々ツラいものが有りましたが中々嬉しいですね。
途中手伝ってくれた若手もいるけど1人で更新をってのはやっぱり大変。
出張先でも、呑んでても、二日酔いでも、風邪ひいてても、なんとかしなきゃならないんだしね。
いまからちょっとひとり慰労会。
カマンベールチーズとラムコーク!

熟成も

熟成も過ぎると腐敗になる。
口にするものの食べるタイミングは細心の注意を払うべきだ。
特に貰い物のどら焼は口に運ぶ前に賞味期限をきちんと読むとしよう。
かなりいま危険な気分。
食中毒になったら早退しよう。

土曜、花見に参加

110416_1630~001.jpg110416_1440~001.jpg110416_1443~001.jpg110416_1443~002.jpg110416_1447~001.jpg土曜日花見に行った。
ラムとコーラと日本酒と氷を持ち込んでノマノマイェ〜☆
宮城県産の日本酒一ノ蔵を飲み復興を願いつつ、話題は地震話やぽぽぽぽーんな話など最近の話が多かった。
そんな中、参加者のしゅうちゃんさんが持ってきたトトロシュークリームがかなり大人気。
(なかなかフォトジェニックなシュークリームだった!)
僕は?と言えば、何を話してたのか記憶に残って無いくらい軽〜るい話をつまみに楽しく飲んだ気がする。
雨が降りそうだったがラムコークがうまかった。
たまには外で宴会も良いもんですね。
山桜が綺麗だった。
春だし節度を持って楽しむのはいいことだと思う。

マスクずれてますよ。

マスクがずれてる…
特に鼻がコンニチハしてるひとが気になる。
最近のだと針金が入って鼻の両脇辺りもキッチリガードする仕様なのに
全くお構い無しに鼻をマスクから出してる。
ファッションなのかな
気分的なものなのかな。
自分も花粉症で2ヶ月くらいマスクをしてるので
なんとなく解らなくもないけど
それだけに気になる。

大久保「らーめん野菜多め油少なめ」らーめん大

110411_2220~001.jpg110411_2234~001.jpg「らーめん大」二回目の来店。
今朝はちょっと早く起きたのでヘロヘロ⇒明日への元気!
ということで久々に来店。
らーめん野菜多め油少なめ600円!
二郎系と言われる「らーめん大」茶色く四角く野太い麺とスープのコンビネーションがサイコーです。
以前来た時より若干二郎系の味から離れらーめん寄りにチューンされたように思うっす。
野菜も二郎でのマシマシくらいが「多め」のオーダーであったように思うんですが、残す人が多いせいか(前に来たとき女の子が揃って残して
厨房が(´・ω・`) ショボーンだったなぁ…)
盛りの勢いはやや減って美味しさにふった仕上げになってた。
麺を2/3盛りにする券などもあり、客と店のコンセプトの擦り合わせがなんとかできてきたのかも知れない。
まぁ二郎原理主義でも無いわけで「らーめん大」は「らーめん大」の味で良いじゃないかとも思う。
何より新宿近くの二郎系の中では一番じゃないか?と思う味なので辺鄙な場所だけど頑張ってほしい!