島田紳助の『深イイ話』にART-Palの大竹晋氏が出演「銅線と樹脂で作った生物」が紹介された。 #artpal

2010年11月22日、月曜に放送のあった『深イイ話』。
アート特集と言うことで、当方、佐藤健二が主催している
ART-Palの会員の大竹晋氏(su-oh氏)が
「テレビに出ますよー」といてたので、録画してみてた。
思った以上に「ガツン」とsu-oh氏が取材・紹介されており
見てたこっちがちょっとびっくりした。

正式名称は、日本テレビ『島田紳助の人生が変わる深イイ話』で
内容は、番組のメインコンテンツの一番バッターとして大竹氏が登場。
作品、本人ともにちょっといじられながらもイイ感じで映っていたと思う。
(ART-Palのメンバーの人は、あんなにはきはき喋る大竹さんは
レアですねーなんてコメントも届いてました。)

ちなみに大竹さんの作品は下の画像のような
銅線と樹脂で作った生物」の作品を作っています。

shapeimage_9
(大竹晋氏作:アロワナ 撮影:佐藤健二)

設計図も無く、一発でバシ~ッと作っているらしく
しかもきらっと光ったできばえがなんともイイ感じですね。

当方は平面がメインの制作なので
立体と言うまさに異次元でのものづくりの良さに
はじめ見たときは驚かされました。

テレビやこういった写真で見るのもいいですが
ほしいなぁ。と思った方は大竹さんに連絡してみてください。
連絡先はART-Palのトップで紹介しておきました。
(本人に聞いたら結構メールでの連絡が入ってるみたいです。
テレビってすごいですね~)

ではでは~