初モノ

今年初めての缶のコーンポタージュを飲む。
四ッ谷駅の自販機のコカ・コーラが販売するコーンポタージュだ。
徹夜明け、午前零時を過ぎた胃に嬉しいご褒美だ。
なんとか一年、
なんとなく一年。
まぁ、今夜はゆっくり寝るとしよう。

帰還

旅から帰る。
珍しく旗持ちのいる旅行だ。
ツアーは大勢いることの安心感、
良く知ってるひとのリードや、
連帯感などがイイのだろう。
写真は撮ってきたが、じっくり撮れた感は無い。
連帯していることからくる拘束だ。
またイイか悪いかは別として、異国の地にあることの緊張感はぐっと低くなる。
ここ最近感じる旅行の効能は、
被写体が変わる。
貨幣価値や金銭感覚が麻痺する。
歩く様になる。
携帯電話から離れられる。
約束をまもる様になる。
気分が解放される。
そんなところだろう。
約束をまもる様になる。
ということについては、特に待ち合わせの際にだ。
巧く待ち合わせがいかないと大幅な時間のロスになるし、お互いイイ思いをしない。
そういう意味でいえば、待ち合わせの場所の持つ意味の重みも、かつて携帯がなかった時代とはかなり違う様に思う。
いずれにしろ、旅行にはまたいこうと思う。
楽しい思いだけではないが、非常にイイものだと思うから。

星を見ている。

星を見ている。
東京でも意外と星は見えるものだ。
気分よく夜の空気の中、家路に着く。
悪い話しばかりではないし、こんな夜もある。
何だかちょっとイイじゃないか。