いま三戸手前

列車が警笛を鳴らしながらトンネルに入って行く。
それだけで何となく楽しくなってくる。
日常をはるか後ろに追いやりながら列車は怒濤のスピードで進んでいく。