飯田橋「純水仕立て 白桃香るおいしい水」安売り自販機

110621_2308~001.jpg110621_2308~002.jpgポッカの安売り自販機に入ってた「白桃香るおいしい水」一見ひところ大流行した日本たばこ産業(JT)の「桃の天然水」を彷彿とさせるネーミングだけど味の方向性はかなり違う。
かつて知ったる「桃の天然水」に関して言えば「演出してる味」であり飲み始めに「桃のジュースですよ〜」と宣誓して味が始まる。結果的にどうしても強い甘さと香料、後味が残る。
(それでも当時としては天然水仕立てな)
対して今回飲んだ「白桃香るおいしい水」は「白桃を食べ終わった際に皿に残った水」程度の味しかしない。微量に入った糖分に関してはブドウ糖がメインの様で後味が煩くない。
狙いを定めて爽快感を出した、ジュースからの引き算的なかつての「桃の天然水」に比べ洗練された水本来の安定感に桃を足した「足し算の」でのアプローチの様な感じがする。
ただどちらも天然水っぽさを出すために極限まで味を切り詰めたのかと。
桃感をばっちり感じたいのであれば「白桃香るおいしい水」をお勧めする。
優しい気持ちになれるし、気分も晴れるだろう。