大阪土産「大阪名物くいだおれ道頓堀」店不明

110307_2342~003.jpg名前から行くと東の「ペコちゃん焼き」に対抗して「くいだおれ太郎」の生首系?と思ったがさにあらず。
小太鼓を抱えたくいだおれ太郎をイメージして今川焼系の焼きモノを想定して開けてみたら「ドラ」でした。
えぇぇ…。
中身と言えば、つぶ餡入りのミニどら焼。
ミルキーと言うか湿り気が割とあり容赦なく甘い。
これはお茶より牛乳が会うかもしれない。
ちなみ関西人な人にはつぶ餡が好まれる様で、名古屋以西の人にはつぶ餡と覚えておきましょう。
あと、くいだおれって言うのは、大阪の港湾部の埋め立て造成の際に、杭を打ち過ぎて上物が建つ前に資金が底を尽きて倒れたことからきた言葉で、大阪杭倒れが由来らしく、神戸や京都、東京ではくいだおれが似合わないのはその辺からかと。
まぁ由来は何にせよ、大阪らしいウマイモノをキッチリ取り寄せて「くいだおれ」をモノにしてる辺りは商売人の心意気を感じずにはいられないですね。
たまにはお好み焼きが食べにいきたいなぁ。