熊谷「千切りうどん」慈げん

100919_1321~001.jpg100919_1320~001.jpg100919_1235~002.jpg100919_1235~001.jpg100919_1234~002.jpg100919_1234~001.jpg100919_1226~003.jpg100919_1246~001.jpg9月19日に晴れて「熊谷夏の麺喰い王」にリベンジしてきました。
熊谷の麺喰い王に参加してる店は結構夜の店、ホルモン系の店が多く、昼からは入れないので同行したデザイナーさんが行きたい!と言ってた「慈げん」さんに行くことに。
僕は慈げんさんの夏の名物の千切りうどんを食べた。
オーダーしてから気付いたが「千切りうどん」はほぼ素麺です。
ただ、ギリギリうどんな規定に入るもしくは素麺の規定からハズレるらしく、ツルツルっとやるさいにかなり不思議な感じがした。
ただ「うどん」を名乗るのはさすがだ。
細いなかにちゃんと歯触りが「うどん」している。
あと決定的なのが「喉越し」だ。
ツルンとして粉感の無いうどんらしい喉越しが楽しめる。
「武蔵野、地粉」っていう時点でかなり野太いものをイメージしてましたが、ツルリ、ツルツル、ツルンな感じでした。
暑い夏に「ゴンブト」じゃ確かに嫌な感じだしね。
熊谷は探すとうどん屋が色々有るみたいでキャンペーンが終わっても楽しめる感じだと思いますのでお近くの方は足を伸ばしてみては?
あと「慈げん」さんは12:30のオープン時点で並んでいたりする人気店なので、行かれる方はタイミングを見計らうとイイと思います。
熊谷夏の麺喰い王は9月30日まで開催していますので、チャレンジしてみてください!