品川駅構内「スイーツみたいなクリームパン(生クリーム・チョコクリーム)」株式会社八天堂

100915_1253~002.jpg100915_1253~001.jpg100915_1252~001.jpg100915_1251~002.jpg100915_1247~002.jpg100915_1247~001.jpg100915_1246~002.jpg100915_1246~001.jpg100915_1253~002.jpg100915_1256~001.jpg100915_1256~002.jpg100915_1258~001.jpg三つ買った味違いの八天堂のクリームパン。打ち合わせまで時間が無く、WBSで見て以来興味があったので店で買ってからすぐホームで立ち食いしてみた。
店頭で最初に気になった生クリームをまずいただく。
「ふにょっ」とした噛みごたえ。
チーズの無いレアレアなチーズケーキと言った感じ。
もしくはクレープ部分の無いミルクレープとかそんな感じ。
かぶりついた辺りを見ると柔らかなパンの中にぎっしり生クリーム。
食感としてはクリームぎっしりというより生クリームと生地が共存している感じ。
パン部分は焼き上げたというよりソフトさを売りにしたシットリ仕上げで、みずみずしく冷やすほどに美味しい感じ。
続いてチョコクリームも食べたがこちらもはんなりとしたシュークリーム以上に柔らかでシットリした感じ。
少し生クリームより油と酸味を後味に感じる
本命のカスタードは会社に着いてから。
一個づつ手包みの包装はなんとなくノスタルジックでこういう演出も売れる秘訣じゃないかな?
品川駅構内に店があるので甘党さんへのおみやげにぴったりかも。
ちなみ八天堂は元は広島の地場のパン屋さんで焼きたてパンから首都圏への進出でビジネスシフトがうまく行った例のようです。
広島からの元気なチャレンジを手軽に味わってみませんか?