本よさらば、な方向へ

100423_2337~001.jpg紙メディアの人々が
偉い長文で「紙ヤバイなう」と書き立てる。
未来は?
未だレコードがなくならない様になくならないだろう。
…だが廃れる。
輪転など大ロットの印刷は正直ヤバイだろう。
活版とか小ロット向けの伝統系は意外に文化保存で残るのかも。
ポルノもiPadでAppleが規制しなきゃならない位良いらしい。
キンドルやiPadに弱点が有っても皮肉なことにそれらは従来印刷屋が得意としていた
巨大なニーズと物量によって近い将来一瞬で解消されるだろう。
書籍の電子化コンプリートは抵抗が有っても予想より早いタイミングで完結するだろう。
あらがうチカラが有るなら、そのチカラを生産的な方向に変えるのが得策だ。
いま正にクレバーな立ち回りと旋回能力が試されている。
長文を読破して喜ぶのは老後でまでお預けにしようじゃないか。