飯田橋駅前「スンドゥブチゲ定食」李さんの台所

100112_1432~002.jpg打ち合わせ3連発の後会社に戻る傍ら飯田橋駅前にできた「李さんの台所」に入店。
11:00~17:00の幅広ランチタイムは大概の店が14:00にランチを終了する中、中々貴重な存在かな。
カジュアルな韓国料理が800円前後で楽しめる。
ボリュームは割りと多めで定食はご飯の御代わりが可能。
胡麻油が利いていて見た目より辛くない。
(唐辛子の辛味成分が多いの種部分を使ってない感じ)
唐辛子の赤や胡麻、生姜をふんだんに使い寒い冬にぴったりでは?
(にんにく、キムチジャンジャンでないのも面白い感じ)
店員も若く新店舗なのでそこそこ綺麗。
今回は「スンドゥブチゲ定食」と言う豆腐チゲの定食を食べてみた。
甘辛系のアタック感の少なめな若い子向けな味。
(僕は塩ょっぱい方向の味が好き)
豆腐チゲも色々有るようで、この「スンドゥブチゲ」は絹豆腐以外に半熟目玉タマゴ、殻つきアサリ、玉ねぎなどが入っている。
中々暖まるしご飯がすすむ。
このタイプの味が好きなひとにはおすすめかな。
(方向的にはカラムーチョをやや甘にした感じ)
スープはラーメンみたいに飲みきるのではなく、具材を絡めながらご飯を堪能し、ラストに近づいたら静かにスープを掬い上げるに留め、最後の沈殿した細かい具は少し残した方が良いみたい。
(細かい貝殻がたまにいるので注意ね。)
個人的には前回食べたユッケジャンスープ定食に軍配かな?
なにげに〆に飲んだハチミツ生姜茶がうまかった。
(スライス生姜とハチミツなんだけどぽかぽかするしウマイ)
〆が好印象だと帰りの気分も良い感じ♪
他にも色々有るみたいだしまた来てみよう。