WILLCOMユーザー、セカンドケータイを持つ

090325_0156~001.jpg当方、生粋のWILLCOMユーザーなのだが、
仕事柄みでi-modeサイトの調査用にN906iを買った。
いま数日使っての感想としては…
ケータイモバイルは、iアプリとWeb(i-mode)の境が曖昧ですぐ課金求められるんだな。
キモイ。
という感じ。
京ぽんの頃からフルブラウザしか使ってこなかったオイラからは、なんか異様な閉塞感がバリバリ感じられた。
言うなれば、玄関あけたら隣の家の玄関…というか、GoogleやYahooが基盤に無いWebの異様さなのかも知れない。
フォトショップを使ってたら気付けばエクセルに切り替わってるとか…
境がわからない、Webを見る主体としての自分が曖昧というか。
ヌルヌルした気持ち悪さだ。
ちなみにいまWILLCOMのWX320KRを継続利用中で旧つなぎ放題契約。(リアルインターネットプラス、年契約割引)
通話とWeb、ブログ更新で情報収集はWX320KRを利用。
物理的にもキータッチもWX320KRが好き。
(なにげ、WX320KRの反応速度はN906iより早い)
通信スピードが遅く、メールのプッシュが遅いのも誤送信の際にブレーキが掛けられ便利。(誉めるとこでは無いがね)
あと電池が空になるまで使いきれる野蛮に突っ走る感じがWILLCOM端末のサイコーなところ。
WX320KR(WILLCOM端末?)の弱点はカメラのホワイトバランスの悪さ、AFがない(WX340Kでついたらしい)、画像の選択一括削除がない。
(ブログ更新にはヤハリ写真周りの成熟が重
要。)
外部メモリ(ミニSDが好き)への自由なアクセスがない。
あとは辞書機能の頭の良さが足りないとこかな。
以前よく言われてた
・画面の狭さ
・電波の弱さ
・i-modeサイト見れない
・機種の高級感
・ナンバーポータビリティ
・回線速度
・ワンセグ
あたりは正直どうでもいいかんじ。
PHSだから、ということでバカにされてたとこは意外と重要ではないかなと。
ケータイの回線の速さも宝の持ち腐れ。
アプリ入れて喜ぶために回線速くても仕方ないし。
モデムとして使えないならも少しWILLCOMがはやけりゃなんでもいいかな~ってかんじ。
まー色々あるがサブケータイとしてDoCoMoってのは意外にいいかも。
回線の速さといえば、DoCoMoはYouTubeとかニコニコ動画がサイコーかな。
左右の手に電話もってアレコレやってるのも意外と楽しいもんです。
(ビアノだと両手違うの弾くの大変だったのにケータイなら大丈夫ってのも変な話だなーと。)
(写真はN906iのキーのバックライト。この演出は好き。)