お土産「じゃがポックル」北海道限定

081209_0951~001.jpg近所に住むMarさんから北海道おみやげを戴いた。
レアおみやげの「じゃがポックル」!
今朝その「じゃがポックル」を摘まみながら出社した♪
う~ん、プチ贅沢!
よく聞かれるところだが、じゃがポックルってどんな味?と言うのがヤハリ普通に知りたいところではと。
言っちゃえば「高級じゃがりこ」と答えることが多い「じゃがポックル」だけど、実は厳密にはじゃがりこ的な再合成、再成形はしていないで、「フリーズドライ」寸前(予想です)にした角切りのジャガイモをサックリと揚げた感じな味がする。
噛み応えやディテールは、四角なカットがもたらすトラス構造を破砕していくダイナミック感とキメ細かくしっとりした食感が秀逸。ジャガイモらしさを凝縮した味が「ほんの一本」食べただけでする。
ウ~マ~イ!(ミスター味っ子風に五稜郭登場w)
ロイズの生チョコ、六花亭のバターサンドやストロベリーチョコ、石屋製菓の白い恋人などの定番おみやげに比べ、北海道ならではの素材直球勝負といった心意気を感じます。
(相応の手間やアイデアを詰め込んでいるんだろなーと想像)
もらって嬉しいおみやげってスゴク難しいけど、売ってる店を幸運にも見つけたなら「じゃがポックル」は中々のおみやげなんでは?と実感中。
(札幌駅などではヤハリ未だ手に入りずらい状態な様です。)
北海道ならではな素材と味がする良いスナック菓子だと思います。
うん。
(北海道限定を全国展開すると激しく劣化するから、じゃがポックルはそのままにしたらいんじゃないかなーと思う今日この頃。)