新宿の辛いチャンポン

080906_1418~001.jpg中井-落合辺りを撮りに西武新宿へ。
せっかくここまで来たのだからと、何年かに一度寄る北京と言う店へ。
場所はザボンの近く。
ここに行く場合は
・昼間、ピークタイムを外して行く
・一人で行く
・北京語がネイティブでない場合は喋らない
・店に入ったら焦らず腰掛けチャンポンとだけ言う
・辛さを味わう
以上を抑えるべきだろう。
10年前、7年前と比べて味は落ちていない。
手打ちの麺は味を上げたのではないか?
時間が止まった様な、以前観光で訪れた中国にいるような店内。
アウェーな感じもそっくりだが、やはりウマイ。
ラー油とコショーの利いたチャンポン。
マーラー麺等の痺れや酸味ではなく、唐辛子とコショーの正面からぶつかってくる辛さを味わいたいならぜひ来て欲しい。
味のベースになる湯と手打ちが良い上、野菜や貝、烏賊をあしらったチャンポン部分も申し分ない。
勘定の時、1000円札を透かしてしっかり確認をとり、料理人にも確認を求めていた姿が印象的だった。
(恐らく1000円札の偽札が多く出回ってるのだろう。)
既に小説の中位にしか顔を出さなくなった歌舞伎町の緊張感を昼から味わいたいと言うひとにもおすすめだ。
(その緊張感が肝試し的に思えるので近くにいるが余り立ち寄らない理由だ。)
大久保辺りの韓国的な辛さとは違う辛さが欲しいひとも要チェックだ。