花火のあと新宿駅トイレにて

旧知の知り合いとあい、しこたまのあとだ
新宿駅、

トイレにて小を少々。

目の前の目線にある棚にタバコの箱とライター

小のブースから出口へ向かうかとしたところ

パンクにーちゃんに呼び止められる。
「タバコお忘れですよ。」
と。並んでた一つうしろから声。

確かにタバコとライターが僕の目の前に有ったが、
僕はタバコを吸わないし
それは僕のではないのですよ。

「あぁ、僕のじゃないですよ〜」

と返事+笑顔。

世知辛い世の中だが
中々良いパンク兄ちゃんはいるもんだ。

SNSでやり取りしてる?

SNSでやり取りしてる?
そんなもんは屁みたいなもんだぜ。

遠距離とか問題が間にあるならまだ仕方ないが、
好きな女の子とは会ってたいだろ。

ずっと会ってないが、放置してSNSのみで保留って、
そりゃおかしいだろ?

と、目の前の彼女に言ったが届いただろうか?

 

好きなひとと見る花火、
たとえば祭りの明かりでも、
雪景色でも小さな感動は分けあうと
ちょっとだけ楽しくなる気もしたし。

若い時代のそういうのは本当は大切だとおもうから

と、僕なんかが言うことではないのか?

最近、若かった頃の話をして恋とか
ドキドキとかを体験していない女の子が多いことに驚いたが、
ネットの世の中がひろまるにつけ、
いろいろおかしくなってるのだろうか?

そもそも、世の中にコンテンツを振り撒き、
リアル意外にも何かあるのではと取り組んでいるが、
一次的体験を凌駕することはあと100年くらいはなく、
ネットなんかのコンタクトは
価値のないものへの補完行為でしかないのにな

え?

そうじゃないのか?