二眼レフ面白い!

091212_1917~002.jpg091214_0953~001.jpg091214_0954~001.jpg

通勤途中に「学研大人の科学」に付いてた付録の二眼レフカメラでテスト撮影してみたんだが…
何これ、面白い!
狙いを定めて「パチリ。」とやるわけだが、ウエストレベルファインダーが心地よい。
左右逆像なのでどうかな?と思ったがいつもの通勤の道がとっても新鮮。
付録のカメラは付録なだけにシャッタースピードや絞りが選べないが、
久々の銀塩で勝手も二眼レフだとずいぶんと違うのでちょうど良いくらいだ。
目にファインダーをくっつけて撮る一眼レフのアイレベルファインダーは「自分+カメラ←→被写体」だがウエストレベルファインダーの二眼レフカメラは
「自分←→カメラ←→被写体」という個々の立ち位置がはっきりとしていて良い。
多分そこが全てな気もする。
DP2辺りを買って、ビューレンズとウエストレベルファインダー辺りの機構を移植するのも有りかも知れない。
背面液晶に反射ガラスとウエストレベルファインダーを取り付ける。
天地逆像になるが意外とイケるんじゃ無いか?
液晶→マットスクリーンという順路が有りかどうかがわからないが
試してみるのも有りかなと。
会社に行くよりカメラ屋に行きそうだ(笑)