ペンタックスI-10の実機を触ってきた。

100226_1115~001.jpg100226_1115~002.jpg100226_1115~004.jpg100226_1116~001.jpg100226_1115~003.jpg

一眼の買い換えを考えていて、K-X、K-mのいずれかを買おうとここ数ヵ月考えている。
しかし、トライアスロン部の部内戦で渡されたカメラの中にPowerShotG10があり「コンパクト機も気軽でいいな」と思えてきた。
PowerShotGシリーズはRAWは撮れる。
だが、ややホレしたのはコンパクトデジカメの気楽さだ。
手動で好きなとこにフォーカスができてある程度きて露出補整ができる気軽なもの。
その位できるのがイイと思っている。
本来的には単3マニアだから単3コンパクト機をと思うのだけど、どうやら今はエントリー機ばかりになり、露出補整がギリギリ出来る。って位で良いものが少ない感じで断念。
でペンタックスから出たI-10がわりと面白そうだなって思えてさ有楽町でさわってみた。
ファーストインプレッションは薄くて小さいカメラらしい、いいカメラだと思った。
カメラらしいというのが非常に重要。
かなりアリです。
おもちゃっぽいサイズに質感が定着。
持つと薄い。
液晶はデータシート的には今ではそんなもんかな?ってレベルみたいですが、実際は満足いくものだと思う。
これ以上のクオリティは今のところ必要がないかなと。
EVFが欲しいなんて声もあるみたいだけどあのサイズでファインダー覗いてたらかなりキモイ感じだと思うからEVFはいらない。
RAWとか、沈動しないレンズとか、そういうマニアを誘致する仕掛けを排したのもとりあえず英断だったと思う。
当方的には固定単焦点レンズ、もう少し大きな素質、RAW、単3。
この辺りが欲しいところだが、マーケットやビジネスからはずれてるんだろうなとも。
(ズーム倍数、画素数、薄さに興味があるようで、オイラは汎用性の低い電池と沈動アクションが嫌い。あとズームは不要だしノイズは少ない方がいい)
近い将来I-10かH90のいずれかを買いたいと考えている。