ヤマトとガンダムの違いにみる。

ヤマト2199見てます。

ヤマト自体は子守唄に、2くらいからは記憶に有るのですが、熱いですね〜

で世代的にどストライクなガンダムとの違いを。

特にヤマトに有るのは

・物理スイッチを押す人のロマン
(手を下すひとの得難い充実した感じ)
・大出力は大型艦船や基地から縛り
・宇宙の星を探索するロマン

といったところかと。
あと、富野な理屈がなく、戦後のモヤモヤ感を払拭しようとしてた時代の躍動を感じますね。
今後も見ようと思います。

エンドレスエイトの蛙の後

パージしたバーチェ(ガンダム00)
ビームを受けた零号機(エヴァンゲリヲン)
アッザムリーダー(ガンダム?)
らしい。
同じ話を3回見るのはガンダムのククルスドアンの島を3回見る位苦痛な気がする。
ディテールが違ってもだんだん画面に目をやらなくなるんだなーと実感中。
3週連続でほぼ同じ話をやるなんて放送事故って感じだ罠。