捨ててしまって失敗した。

大好きだった自転車のフレームを引越しの際に捨ててしまった。

偉そうな事を書いているが、抑圧され脇目もふらず行動していると感情が死に普段では理解のできない行動をするようになるのだろう。

大学の頃、一緒に北海道を旅し多くのレースに出たあのフレームはもうこの世にはいない。

後悔の無い人生を。

と行動してきたが、コレが後悔か。

嫌なものだな。

新年に思う。

新年あけましておめでとうございます。

昨年はなんと数えてみたらこのサイトには1件、しかも大晦日のボヤキしか投稿していなかったことに驚いております。

(他のサイト、Quoraやはてなブログから引き上げてココに併合するかも)

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょう?

一年の間には

結婚1周年(2019.4.18)

結婚披露宴を実施(2019.5.25晴れ)

セブ旅行(2019.6.24-28曇り雨)

サマーソニック(2019.8.18晴れ)

土気の花火大会(2019.8.31晴れ)

アート・パル谷中2019(2019.9.28-29晴れ)

プーケット旅行(2019.11.6-12曇り)

奥さまの実家向け披露宴(2019.11.17晴れ)

ゲーム『わちゃっとピンボール』が完成し配信を開始(2019.12.5)

奥さまの誕生日桐生へ(2019.12末雨)

など、イベントが有りました。

まぁ、少ない方に見えるかもしれないけれど、よく言えば気分屋、悪くすると無計画な奥さまの思いつきで内在する細々が実施されているため、予定を立てる楽しみや準備する楽しみなどはすっ飛ばし、見知らぬ土地で訪れる恐怖の日々を過ごしてきた感じでした。

涼宮ハルヒの憂鬱のハルヒ的な何かだ。

キョンくんアタマよく剥げなかったな。

人間力が試されるとかいう言葉が有りますが、寿命を縮める。もしくは行き当たりばったり。余裕のないその日暮し。と言った感じで勘弁していただきたいことこの上ない。

大晦日もあれ程disってた京都に行きたいと午後になって言い出し、京都どころか長崎や札幌など別な候補地含めて検索してチケット買う直前まで来て新幹線料金を見て「高い」と。

僕としてはやりたい事は叶えたかったが、無尽蔵にカネがあるわけでも無く、それ程必要でも無いのに使いまくる意識がおかしいなとも思ったので行かなくて良かった。

プーケットは『わちゃっとピンボール』が完成しかかってたため骨休めのための旅行、温泉地でブラブラしようと思った長期休暇をインターセプトされ国内旅行を酷くdisられ決まったもので非常に疲れたのを思い出してる。

たまたま街並みは良かったが、海外は気が抜けないし、20代での感動とは違う恐怖のまさった状態でのシンドイ旅行だったのを思い出す。

特に無計画・気分屋の奥さまが視界から外れどこかに飛んでくことが多いので気が休まらなかった。

海外は友人を訪ね歩く一人旅が多かったが、二人の方が楽しいかと言うと別な気苦労があったなと。

年初から心が折れているように見えるかも知れませんが折れてます。

今年もよろしく。

秋田市内の温泉でAPPIのタオルを見た。

APPIのタオルだ。

安比高原のAPPIだ。

あの独特の書体とウサギちゃんのタオルを久々に見た。

泊まってる宿に併設する温泉施設に一般客がタオルを持ち込んでいるのだが、そのうちの1つがAPPIだった。

バブルっぽい色使いでないので最近のものかもしれない。

旅の空で遭遇するとはね。

と!よくよく思い返してみたら、安比高原はここ秋田からならそう遠くはないわけだ。

あぁ、ナルホド。

カルチャーショックだね。

ちょっとニヤリとしたw

深浦に思う

image1.jpeg観光案内板に漁港が書いてあったので行ったが、ガチの漁港。漁師の仕事場である。

漁港だからと言って即売所があるでもなく、飲食店が併設されているわけでもない。

カラスが何者かにヤラレてひしゃげていたりするのを見てココロ折れた次第。

昼の時間だが何も食べずに歩いていたのもまずかったろう。

割と暖かなのにズボンの下にタイツを履いていたのが悪かったとも言える。

デジカメの電池が立て続けに2本切れかかり、僕のやる気も切れかかったり…。

それと、鰺ヶ沢も深浦もそうだがダイエットコーラが置いていない。

ここら辺の人はみんな、ダイエットする必要ないんかなぁ。

諸々がもやっとしたまま一本早い列車に乗り秋田へと遁走する。

なんとも。

森岳駅にて。

森岳駅にて。
しばらくお摘みを食べるのをストップし、八郎潟駅にて痺れるくらいの美形のお嬢さんが降りて行った事を目視確認しお摘みパーリィを再開なう!
カワエビの佃煮を開封して口に放り込んだ。
佃島由来の佃煮。
醤油がドーンと構え甘さがジワリ…

……?

おぃ、なんだこのカワエビ🦐、佃煮じゃなくて甘露煮だぞ!
しかもトロミなしの砂糖煮だ!!!

今日はほとんど動かなかった割にこの砂糖の塊はなぁ…
とりあえず、華麗にスルーし有限会社マルイケが擁するモモ肉チキン唐揚げに取り掛かるっ!
唐揚げ、うまいぞ!🍽

イカとスズキを外食で。

イカとスズキを外食で。
秋田にて、旅の空だが弘前に着く頃には22時00分と言うことをあらかじめ知ってるストレスからか、お摘みや刺身のトレーを小さく爆買い。

イカとスズキを買い付け、箸と醤油ももらう。
対面ボックス席で1人宴会の始まりだ!
大館までレッツパーリィなう!

…と思ったら秋田を19:00に出て大館まで行くこの普通列車、大人気の模様。
しかも、JR東日本は対面ボックスシートをこう言うミドルな区間列車からどんどん廃止して行った事を今思い出した!

ロングシートっすよー!
刺身、イカとスズキを広げようにも無理!
出発まで30分有ったし、人が乗ってくるまでなんとか…とか思ってたら、どんどん人が来る。
唐揚げとかは、後でいくらでもパクつけるけど、生のイカとスズキは3時間以上電車に揺られたら「刺身だったもの」になってしまい、おそらく廃棄することに…
ならぬ、ならぬ!
ただ、電車の中のエブリワンにイカ臭い思いをさせるのもどうかと思うわけで。

走り出す俺、開くボタンを押し、列車外へ。
おもむろに閉じるボタンを後ろ手で押してバリバリとイカのラップを剥がし出す…

宇宙モノSFで言うところの、見方を救うための自己犠牲的な船外活動っすよ!
イカの🦑鮮度と列車内の不思議な空気を生み出さないためにドーンと繰り出し、列車外でレッツパーリィなう!
言い換えれば、まぁ、外食とな。

イカが甘くてすんごい美味い!
だが秋田、野外!
スズキはこんなもんか?
って感じでしたが、とにかく野外!

まぁ、都会の人間なんで余裕っすよ(何が?)

時間を喰い健やかに急ぐ。

時間を喰い健やかに急ぐ。
朝食を急いで食べてると、急いでご飯を食べることになる。
健やかに過ごすため、リフレッシュのために旅行に行くのにはお金が必要。

お金を貯めるのには、働くことが重要。
働くのにはご飯を食べることが重要。

食べると時間が掛かり、時間を巻き返すために早い電車に乗る必要があり、寝たり、ご飯食べたりするためにお金を払うことになる。

今回は杉花粉を除けるため弘前まで北上しようと思っている。
弘前まで行けば、花粉は飛んでないだろう。
働いてたまったモヤモヤも、移動することで意外と気にならなくなる。
温泉も宿にあるらしい。
とても健やかだ。

青春18きっぷをポッケに入れて旅行に出かけるところだ。

そのためには遅くなるわけには行かず、急いでたべる。
早く食べれば、早い電車に乗らずに済みお金は掛からない。

なんなら朝ごはんを食べなきゃ、その分のお金は掛からない。

だが、そうなると健やかな暮らしから遠ざかるという。

健やかな暮らしをするためには朝ごはんを食べれることが重要らしい。

そして、健やかな暮らしを続けるために、リフレッシュするため旅行に行こうと思い早起きをして朝ごはんを掻き込んでいた。

目的は?

花粉症から離れる?
健やかに過ごす?
弘前に行く?
旅行をする?
温泉?
朝食を食べる?
早く食べる?
お金を貯める?

ぐるぐるとキャベツを掻き込みながらそんな事がアタマを回る。

出掛けなきゃよかった?
せっかくの連休だぞ?
青春18きっぷの期間だぞ?
温泉だぞ?

動かなきゃお金は掛からない。

動くとお金がかかる?
何もない連休はそれはそれでいいものだし、物理的には休息をしてるぞ。

うん。

花粉症を避けるなら、部屋を掃除して空調でもしっかり掛けて籠城すればいい。

うん。

温泉なら平和島や蒲田にだってある。

うん。

旅行気分と温泉なら小田原だっていい。

うん。

弘前?
知らない街だし、東京から1日鈍行に揺られて到達するエリアの最北に近いところ。
(青森は行き慣れている)

知らない街。

杉花粉がまだ全盛でない。
息がしやすい。
モヤモヤしない。

スッキリした気分。

おそらく、知らない街に行くこと。スッキリした気分になること。大体そんななんだろ。

ご飯を掻き込んで食べる価値に匹敵するのか?
早い電車に少し乗る必要がホントに有るのか?

よくわからないが、いま僕がそうしたいのでそうするとしよう。

宇都宮餃子館、健太餃子キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!

120320_2009~002.jpg120320_2011~001.jpg一時間くらい待つかと思いきや30分と少しで
餃子キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!
で、時間無いので餃子二枚とチャーハンを掻き込む掻き込む。
ゃー餃子はゆっくり食べるもんだね(゜∀゜)!
何はともあれリベンジ終了。
今度時間でも作ってマサシに行きたいなと思った次第。
宇都宮、あばよ!

宇都宮餃子リベンジ→マサシ→みんみん→宇都宮餃子館(健太餃子)→そして伝説へ

120320_1946~001.jpg120320_2006~001.jpg宇都宮に行ったらマサシの餃子!とクライアントさんにイチオシされたので、北海道に向かう道すがらマサシの場所は押さえた!
訳だが、宇都宮に居るのは23:59〜5:14の間なのでマサシむりぽ。
と、早くも4日後にリベンジ決定!
到着は19:30!
7時半だよ!
だが、マサシは8時までで人気店なうえ、今回の装備と披露度から店に着くまで事切れるぞ…
と大人な判断でまたの機会に。
iPhoneで探していると「みんみん」が駅前にあることが判明!
そして「みんみん」は8時まで営業。
よし!
やるぞ俺!
店の前には列が!
…ぁあ?
本日終わりましたおじさん登場。
持ち帰りはできる模様。
「みんみん」えぇぇ…
そんなことならラストオーダーの時間くらい書いといてYo!
まぁ、実は15年くらい前にトライアスロン部の皆さんと「みんみん」は行ってるんで、悔しくなんかないんだからねっ!
ってか、もうコネーよヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァァァン
な状態のまま駅前の柵を乗り越え乗り越え、更に別の店へ。
もう目的は「宇都宮で餃子を食う」というシンプルなものにスイッチ。
健太餃子の駅前にある宇都宮餃子館に入った訳で。
餃子コネ━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァァァン
ビールが回るが餃子は来ないわけですよ…奥さん。
やぁ、旅の閉めにはウマイものを…
と思ったのが運のつき。
え?なに?
空腹に勝るスパイスは無い?
メインディッシュが来ないんですょ…
ビールの泡もどこかに行っちゃいました orz

黒磯ダッシュ

北海道からの青春18きっぷの旅にて「黒磯ダッシュ」で2位になった。
以前は大垣ダッシュが代表的な「18きっぷ」の多人数難乗り継ぎポイントの席取りダッシュ競争だったが、噂によれば大垣ダッシュは余りにも過酷なレースなため、主催(?)のJRによって発生しないイベントに変更になってしまったらしい。
(その難接続の解消=乗り継ぎの悪さ拡大が、ムーンライトながらの指定席化と併せ青春18きっぷを弱体化させた原因ともされる。当時は寿司詰めの人間が大垣を走った様は正に地獄絵図だったことを3度ほど体験してるのでよく解る。)
一方、黒磯ダッシュはいささか地味目だが、いまも続いているクラシックレースと言える。
一番のポイントは実はスタートの位置決めではなく、荷物の軽量化策でもない。
なんと、扉を開くボタンを押さないと列車のドアが開かないという事実に早く気づけるかどうかがポイントになっているのだ…。
(冗談抜きで)
何を言ってるか解らないかもしれないが、僕さとーが北大受験に行った20年前からそのポイントは変わらないのだ。
当時はレースどころか、列車に閉じ込められるものも出るくらいの生き地獄…。(3人くらいの叫び声が聞こえたw、終点なはずなのに、アイツらどこに連れてかれたんだ?)
当時はまだ電車にボタンが無く、圧搾空気が排出される音がするだけで、列車の扉はうんともすんとも言わない。そんな感じだった。
関東圏の人間からすると正に驚きの展開!
なんと、扉を手で開く必要があったんだよ!
ΩΩΩ<な、なんだってー!
えー、マジです。
列車の扉前で立ちすくむ若者達…
その後「ぉおぉ…ドア、開くぞぉ!!111111」
という謎の奇声を一瞬で理解した者だけが生き残れる「試される大地…黒磯」だった訳である。
(受験地獄の後は電車地獄w)
20年経って列車の扉横にボタンはできたが恐らく変わらないものが有るはず…
という読みが大当たり!
大成功!
黒磯で見事2位に入賞!
見事宇都宮線の隅の席をキープできたのは言うまでもない。
通常は大きな駅や終点に着くと扉は自動で開く。
なぜか、黒磯は有名な駅で終点なのに開かない…なぜ?
ちなみに、今回争ったのはかなりの手練れ70名位。
列車の扉前で立ちすくむ様は今も昔も変わらないものが有った。