カテゴリー
携帯電話

docomoが2010夏モデルを発表。

5/17がau、5/18がdocomoとSBMのケータイ3キャリア夏もモデル発表会だった。

Gyalaxy Sというサムソンの日本仕様版が出るらしいが、そんなのはどうでもよい。
(Gyalaxy SはiPhoneがオトナの事情で買えない人が買うAndoroid2.1端末だろう。)

さとーとしては、軽くメールが打ちやすく電話として長時間使え、
できればGPSやお財布ケータイとして活用できるものが良いと思う。

んで、いくつかピックアップ。

docomo PRO series N-08B

帰ってきたシグマリオンといった感じ。
ワンセグは見えるがお財布ケータイとしてはつかえない。

そして、300gとわりと重い。
しかし、3G連続待受時間(静止時[自動])約 1000時間というのは驚異的。
ポケットボード?的な?
キーボードというとポメラDM20あたりがライバルになりそうだが

N-08B
高さ 約 80mm×幅 約 180mm×厚さ 約 18.1mm 300g

ポメラDM20
高さ 約 110mm×幅 約 250mm×厚さ 約?mm 370g(折りたたみ時厚さ33mm)

という感じでほぼポメラが一回り大きい感じ。
逆に言えばN-08Bが一回り小さい。しかし、シグマリオを作っていたNECが
満を持して登場させる端末というわけでは期待がかかるところ。
また、ポメラに通信が欲しかった層にはうってつけかなとも思います。
この機種なら、フォーマカードを入れ替えて2台持っていくとかも現実的かも。
隠れたヒット商品になるのではと期待。
OSはケータイ向けのOSのようです。難しいことを考えなくて良いかも。
買う予定の人は開発者インタビューものってますので呼んで期待を盛り上げるとか?

 

LYNX SH-10B

こちらはスマートフォンという新カテゴリに属する一台。

稼働時間が280時間、重さ230gとN-08Bより更に小ぶりな感じ。
auでも同系統のSH端末=ネットウオーカーの子孫といえる端末が発表されてるので
姉妹機という形になるのかも知れません。
スペックシートにはAndoroidOSと記載されておりますが、ほぼAndoroidかと。
GPSなどもついているので、よりケータイ的に使えると期待。
こちらもお財布ケータイはありません。

アンドロイドケータイでキーボードつきを。と考えauに鞍替えを検討していた方は
docomoでLYNXという感じでいいのかと思います。
しかし、キーボードタイプがコレだけ出てきたというのはチョット驚きかも。

 

 

BlackBerry® BoldTM 9700

真打は東芝のダイナポケットではなくブラックベリーだと思う。
2009年の11月にアメリカで発売していた9700が日本でついに発売といった感じ。

上のYoutube動画は昨年のアメリカ版の話のようだけど十分使用感は分かると思う。

手のひらにQWASキーボードがのるというところは、非常に有意義なことと思う。
OSも従来とことなりBlackBerry OS 5.0(BlackBerry BoldはVer.4.6)に。

スマートフォンがスマートでない部分であるキーを引き出す部分を廃したという
部分と、アメリカで依然圧倒的なシェアを持っているブラックベリーが日本で
活用できるという部分は非常に有意義なのでは?とおもいます。

 

さとー自身はdocomo回線を塩漬けにしている状態なので、
どれを買おうか少々検討しようかと思います。
メールを打つのが早ければ、Blackberryもありかな?と思っているところ。
まぁ、新型iPhoneに大方流れそうなんですが、iPhoneの文字入力にだけは
どうしても懐疑的な部分があるので、引き続きdocomoやauの端末も
視野に入れて購入を検討したいと思います。

カテゴリー
携帯電話

Windows Phone 7ケータイ「KIN」シリーズローンチ♪

Windows Phone7ケータイがアメリカでローンチされた。
名前が「KIN ONE」「KIN TWO」てのはどうかと思うけど、
iPhoneやAndoroid系のボタンレスばかりが流行っている中、
ブラックベリータイプやW-zero03タイプのガジェットを
MSことマイクロソフトが提供してきたマイクロソフトえらい!

ガラケーのボタンもそうだが、
ハード的ボタンの存在は大きいと思う。
日本での発売は無いのだろうけど、
SIMフリーで日本語対応版が出ればほしいかも。

iPhoneみたいになんでもできるぞ~的な仕様じゃなくて、
機能制限をしたTwitterクライアントといった様子。
GUIはちょっとごちゃごちゃしてるっぽい。)

単一の未来を目指すより、こういった
多様性のある未来って方が自然ですね。

カテゴリー
携帯電話

iPod以降、Appleの戦略予想

●iPhoneは撒き餌だった
これまでのiPhoneは撒き餌だったように思う。
つまりiPhoneOS機を世界に浸透させるスティーブ・ジョブズが投げ掛けた布石だったのでは?
●まずは蒼い芝生をつくる
iPhoneはひとつの国にひとキャリアを名目に世界展開してきた。
キャリアからすればAppleへの支払いはかなり高いものだったらしく、日本のドコモみたいに悔しい思いをしながらiPhone投入を断念した会社も多く有るだろう。
採用できたキャリアには予想だが品質と広告展開の義務も同時に課せられる。
「iPhoneは儲かりiPhoneは何もかも新しく素敵だ。」と。
iPhoneのイメージをひとつの国ごとに植え付けるには、多数のキャリアに供給するのではなく、ひとつのキャリアに供給した方が絵がシンプルで、印象的に映る。
隣のキャリアのiPhoneは蒼々としている。
そんな印象を明確に与えられる。
●iPadで焦らしプレイ。→漁夫の利
iPadの発売はSIMフリーになる様子。
iPhone発売権が獲得できなかったキャリアの初のiPhoneOS機「iPad」恐らくiPhoneを望んでた別キャリアユーザーの多くは渇望から「iPad」を買うだろう。
で、ここは効果測定の意味が強いだろう。
iPhoneを独占的に供給してきたキャリアは必ずしもその国で有意義なインフラ供給ができてきたとも言えないし、
iPhoneを売るにふさわしいサービスを提供出来てきたか?効果測定をするのだろう。
またiPhoneが扱えなかったキャリアは疑似iPhone、iPadを必死に売るだろうし、
従来のiPhoneを扱ってきたキャリアも意地でiPadを売るだろう。
焦らしていた別キャリアも飛び付くし、既存キャリアも躍起になる。
儲かるのはジョブズ。
素晴らしい構図。
●Appleは非情だ。
iPhoneよりずっと以前にApple=スティーブ・ジョブズは何度となく強権を発動している。
多くの者を血祭りにあげてる過去がある。
特にスティーブ・ジョブズがCEO再就任した当初物凄い勢いで社内リストラを断行している。
それは社内だけでなく、
社外…販売店だけでもなく、
メディアもずいぶん多くリストラしている。
キャリアに関しても同じではないだろうか?
iPadを広く多くのキャリアに浸透させることで、その国でのキャリアが実行できるサービスの訴求力を見ていく。
そう考えられてならないのだ…。
●この攻勢の速さは?
iPhone、iPadに関する攻勢のスピードは目を見張るものがある。
察しの方もいるようだが、それは、Andoroid端末の急追に対する答えでも有るだろう。
綺麗なトータルソリューションを好むジョブズが無い髪を降り乱してハゲむ。
(これは以前のジョブズにはなかった行動だ。)
CDMA系のiPhoneも計画中らしいから効果測定を終了したあたりで、寡占状態から全キャリアへの提供をめざすんじゃないかな?
現在の世の中のブームを見ても効果は明白だし、高いコミットを払えるキャリアにはどこでも提供する。イイビジネスだ。
ジョブズのやりそうなことであるし、かつてビル・ゲイツにウインドウズ95で世界を牛耳られた際に起きた格差をここで作りだすのではないだろうか?
●iPhoneが主戦場ではない。
iPhoneは主戦場では無いように思う。
iPad?
いゃ、iPadも先兵でしかない。
アメリカ人が考える完全なる勝利はテレビの上のセットトップボックスに有るだろう。
つまりジョブズの趣味…AppleTVがここに来てやっとはな開く。
恐らくあんな偽Mac miniみたいなものではなく、新しいスタイルを提供しながら。
圧倒的なリソースをもって…
そこまで行くと1980年代にスティーブ・ジョブズ達が夢見た世界が彼の前に登場するのではないでしょうか?
僕は以前Apple信者の端くれだったが、今はガラケー片手に(・∀・)ニヤニヤしています。

カテゴリー
携帯電話

Xperiaを正規の手段で安く使う方法。

以前、SIMフリーの記事を書いたときに、b-mobile
b-mobileSIM U300について少々触れた記憶があるが、続報。

先日鳴り物入りで投入されたdocmoのXperia
U300で使えるらしい

公式にb-mobileで使用できる端末に記載されているようで、
スーパーフリーな感じでXperiaが堪能できるわけですね。

半年で14900円なので、
結構気軽に導入できると思います。
(端末代はそこそこかかりますが…)

機種変を考えてる人はXperiaに機種変して
SIMは元の端末にもどし、XperiaにU300を刺して
モバイルPDAとしてバリバリ使うのもありですね。
モバイルは任せろ!バリバリバリ~

カテゴリー
携帯電話

ハワイも日本もかわらずらしい

●シンパシー
アメリカでも若い世代、13歳の女の子はケータイメール10万円分のパケを使うとか、そういう話があるそうで、
僕が知ってる日にエライ数のメールをする女の子に同じ。って話を聞いた。
なるっ。
●比較してみたら
彼はiPhoneの多さに驚いていたが、タッチタイプの出来るメーラーとしてのケータイに価値はあるんだぜ。って言ったら「なるほど」的な。
確かに、iPhoneはイイかも知れないが、タッチタイプの早い端末のイイやつもメーカーさんは作り続けて欲しい。
●驚きらしい
垂直統合の効いた日本のガラケー、特にFeliCaの機能については驚くとともに、文化的な理解が及んでなかったと思う。
ガラパコス万歳。
iPhoneに変えるのは簡単な話だが、自分らの作った文化を過小評価し過ぎている現実にも目を向けよう。
●チャンスじゃないか?
デコメのなかった世界基準をつき動かし、カタチは少々変わったが、スタンダードになった日本の文化。
まだまだ日本人は気付いてない部分が売りになるようなきがする。

カテゴリー
携帯電話

Xperia発売!でも、4月1日って、マーケティング失敗だよね。

Androidケータイ「Xperia」がNTTドコモから発売されたらしい。

iPhoneキラーとか、色々下馬評はありますが、スマホユーザーが
まずは飛びついていくんでしょうね。
マルチタッチとかに少々制限があるAndoroid1.6だった
記憶があるが、売れ行きや操作感などには興味があるところ。

もっとも、こちらのXperiaは昨年11月に既に海外でXperia 10
として発表、発売もされているものなので、ちょっとばっかり
いまさら感もある。(消費者心理の難しいところ。)

さらに、Xperia X10には、Xperia 10 mini、Xperia 10 mini pro
など
小型機も海外では出ているため、非常に微妙な感じでもある。
(docomoからはでないのかな?ちなみにこのほか、ソニエリには
Vivaz ProなんていうシンビアンOSのものもありますが
こちらは恐らくシンビアンが振るわなかった日本では
出るのは絶望的かと思いますね。)

SBMからもHTCのデザイアが登場(こちらはAndroid2.1)するらしいので
SBMの人はiPhoneかHTC Desirがあるから悔しくないもん的な話で
何となく時間が過ごせそうですね。

auやdocomo、SBMの意図とは別に6月22日にiPhone HDなんてのが
出るらしいという話も出てきているから、前哨戦としての
盛り上がりになるんじゃないでしょうかね。

まぁiPhone HDのできに関しては、iPadがどのくらい素敵か?
ということで大体察しが着くことになりそうだし、
SIMロック解除の動きが出るだろうから、あまり勇み足をして
買い換える必要も無いかなって思ってます。

SIMロックフリーになれば、圧勝状態になるのは回線品質が問われる
だろうからdocomoになるのだと思うのだけど、
まぁ、今は黎明期ということでニヤニヤ外野から見ているのが吉かなと。
(要はケータイキャリアが、回線屋に変わる感じで、
各メーカーが作ったケータイを買ってきてSIMを入れる感じ。
それこそ海外Xperia X10 miniなんかの製品も日本で使えるようになる)

世界のトレンド的にはSIMロックフリーは
過去のことになりつつあるみたいだが、ケーターメーカーが世界に
打って出るなら、キャリアは進んでフリーかに向かうべきだろう。
(参入障壁をいっぱい設けるとガラパコス化はどんどん進むだろう)

あと、Xperia関連で言えば、
成海璃子がフォトジェニックでイイナーと思った次第

成海璃子きれいなんだろうなー

カテゴリー
携帯電話

iPadキンドルより潔い?auがIS01発表…。

auがIS01を発表。

3G付きネットブック?的な。
入力しやすいキーボードならアリかもね。
もう、家でのネットとかこんなんでいいからさ。

って割り切れる人にはコレで良いと思う。

ワレ厨なひととか、ネトゲ廃人とか、そういう人意外は
デスクトップPCって既に必要ないんじゃないかな?
って言う世の中なってるわけで、ある意味タイムリーかも。
(使い勝手、打鍵の良さ、スピードなどが満たされていれば良し。)

3Gつきのネットブックといえば、iPadが出てくるわけですが、
その辺りの対抗馬として、Andoroidマーケットが出てくるだろうし、
Google陣営に入ってGoogleズブズブになるのもいいのかも。
(au oneはGmailをバックに使用しているし、auでGoogle三昧?)
ブルートゥースのガジェットによる通話でOKなら、
ジャックバウアー風に走りながら喋れるIS01もいいのでは?

なお、機体はシャープが作っているらしく、
ムラマサやメビウスを 作っていたメーカーとして、
作りは期待できるんじゃないでしょうか?
そもそも、日本製のWM機などスマートフォンをW-ZERO-03のころから
作ってるシャープだし 最近では
NetWalkerなんかも出してるから、
ぬかりはないところだろう。

あと、日本製ということで、5インチ液晶を使ってワンセグも見れます。

なんだか、まだキャリア変更を夢想するのが楽しくなってきた。
なお、au oneに関するアドバンテージは、前の記事で書いた
ドコモWebメールの発表で 特になくなってきているので、
auの庭に関してのネガティブイメージが 払拭できない状態が
まだまだ続きそうです。
(IS02は、WMの東芝ってだけでネタにしか思えない…。)

SHARP Net Walker 5インチ 「辞書」&「ブック」対応 モバイルインターネットツール レッド系 PC-Z1-R PC-Z1J-Rサイズ的にIS01はNetwalker+3Gって感じかな?

カテゴリー
携帯電話

docomoが「ドコモwebメール」をローンチ、Willcomから完全スイッチを考える。

auにおけるau oneみたいなサービス「ドコモwebメール」をdocomoがローンチ。
auとの違いはバックグラウンドがNTTレゾナントのgooなところ。

サービスが広告部分と同じなら中々良さそうですね。
当方的にGoogle万歳!というほうでもないので、その辺りは全然問題なし。

現在Willcomが某禿会社にボコボコにむしられているので、
そろそろ次の策をと考えていたところ。
(PHS基地局の小さい敷地に何を立てるのかは不明。小型局をおったてても
すずめの涙だし、そもそも禿柔銀行に土地をそのまま貸すのかな?と疑問。)

WillcomのよさはガラケーでもPOPメールを受信できSMTPで送信できるとこだった。
ただ、この「ドコモwebメール」が稼動すれば、docomoで同様の運用が可能になる
受信したPOPメールはGmail経由で「ドコモwebメール」に転送、ケータイアプリで
メールを作成、外部メールアドレスでSMTP送信。

Willcomを長らく使っているが、その実、ケータイアドレスをしばらく使わないようにして、
POPメールを使うようにしてきていたので、今回「ドコモwebメール」に移るのも
POPメールの受信を「ドコモwebメール」ですればいいだけになるのでかなり便利。

●受信スキーム
POP→Gmail→「ドコモwebメール」→i-mode(Pushメール)→「ドコモwebメール」受信

●送信スキーム
ドコモwebメール」BCCでGmail→SMTP→送信

gooメールの仕様がすぐには分からないけど、プッシュメールが無いのが問題なら、
ドコモwebメール」来たメールをi-modeメールに転送をしておけばいいだけ。
あと、問題になるのは、パケット料金だが、メール扱いではないみたいなので
パケ放題必須みたい。

あと、変な仕様があって、6ヶ月ログインしないとメールが全部削除になるらしい。
貧乏臭いな…。
それなら、やはりGmailバックアップは必須という感じですね。

Xperiaやアンドロイドケータイでのメール運用に適しているとも思えるので、
Googleに丸乗りではなく、NTT系のリソースを活かした本気の対応が
できて来るのかな?なんて勝手に想像したり。

有償でも構わないので、軽快で使いやすいアプリにしてくれればなぁと思います。

カテゴリー
携帯電話

Windoes Phone7シリーズを見てW-ZERO3を思い出した。

エンガジェットを見てたら、Windows Phone7シリーズの
プロトタイプ3機種がそろい踏み。

WillcomのW-ZERO3初代機をおもいだした。
・タッチするタイプの大きめ画面
・最小限のハードキー
・QWERキーボード
・黒い筐体

企業が目指す理想をカタチにしたものだから似るのは仕方が無いのかな?
日本企業とは違い、Appleがうまくやろうが、iPadが出ようが、
わが道を信じて進むさまは見習うべきかもしれませんね。

あと、こういったデバイスが会って新しい文化ってのは出てくるところが
あるから、早くいい物を出してもらいたいところですね。
(現状のWM端末は気軽に触れる代物ではなかった。ひどいものだよマッタク。)

カテゴリー
携帯電話

Willcom維持費がコスト高になっている件

WillcomはDDI Pocket以来10年にわたり使ってきていて、
昔からの友達が不意に電話をかけてきたりするので、
電話を変えたり中々できないでずっと使い続けています。

以前にも「毎月の支払いって結構ボディーブローだよな」的な
印象でもっとやすいところに変えようかなと何度も考えていました。

今回もそれの延長。

現在「旧つなぎ放題」プランを利用していて年割り+AB割で3500円前後
でメール・Webし放題な状態になっていました。

ただ、さくらインターネットがプロバイダサービスを辞めた際に
AB割難民となり、一番安そうなプロバイダを探したところライブドア
を発見し、ライブドア加入。→しかし、Willcomとの連携が不調に。
AB割撃沈。5600円くらい現在掛かっているわけで…
また、会社更生の話も出ておりあんまり好きじゃないSBMの出資が来たりで
正直微妙だなって思うようになってきていたのです。

で、いくつかのプランがぶつ上がった感じ。

要求
・どんなにスピードが遅くてもいいからモバイルでネットに繋がる
・やすい。3500円前後(5000円でNG)
・ネットは四六時中使っている。
・二段階定額は嫌い。

●プラン1 Willcom続行型
新ウィルコム定額プランGを他のW-SIM端末と一緒に利用。
月額1450円+通話21/30秒円
利用機種:W03ハイブリッド 白ロム009+など
◎メリット◎
・番号そのまま
・メールアドレスそのまま
・機種変扱い
・何より安い。

▲デメリット▲
・端末がWindowsモバイル…最悪だ。
・差し替えのW-sim機は全く名機が無い。
・端末が重い(158g)
・Willcomの将来がヤバイ。
・3年縛り
・SBMに金払うのが微妙(このモヤモヤの原因は不明)
・端末代が一括だと70000万くらい
・分割払いだと結局毎月1480円プラスで2850円になる。

●プラン2 au庭に突入
プランEシンプル+ガンガンメール
月額1095円でメール放題+4410円でパケット放題…5505円
利用機種:PRISMOID

◎メリット◎
・Kの端末で京ぽんライクな操作ができる。
・KCP端末はそこそこ動きが早い。
・端末は軽いらしい。

▲デメリット▲
・庭wwwww
・2年縛り
・最新機能などがほぼ利用不能(iidaのKCP仕様)
・海外対応無し

●プラン3 Dぽ以来の千本さん合流(芋利用)
新にねん+アシスト600
月額4980+600円でパケット使い放題
利用機種:H31IA

◎メリット◎
・端末軽い(110g)
・東京ならどうにかなるらしい
・ブルートゥースでモデムとして利用可能
(ノーパソユーザーにいいかも。)
・PC使ってもパケ代フリー

▲デメリット▲
・メールのパケ代は別料金になる。込み込みで上限4980円+通話代
・通話18.9円/30秒
・エリア狭い

●プラン4 元の木阿弥、現状維持とAB割復活
つなぎ放題+年割り(Max)+AB割
月額3480円+通話料

◎メリット◎
・何もかもが今のまま。
・使い慣れている
・Willcom爆沈まで、様子見ができ縛りが無い。

▲デメリット▲
・何もかもが今のまま。
・端末が古い(WX320KR)
・ハニービーBOXが気になる。

 

■まとめ■

数時間悩んだのだが、結局Webもやろうと思うと
現在のプランは侮れないんだなと再認識。
W03ハイブリッドのプランとの差額は月額約700円で1年に8400円
ということは、今のプランを維持しつつ、
AB割を再度模索すればよいということで。
ライブドアに申し込んだ際のプランの書き込みを
再度見返してみようと思った今日この頃。
(あと、docomoも寝かせておくのの最安値を模索するつもり)