恐るべしE-PM2

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 ダブルズームキット シルバー E-PM2 DZKIT SLV
年末にカメラを新調した。
OLYMPUSのE-PM2。
少し前のエントリー機種で液晶のチルトすらしない。

ただ、なぜか上位機種と同じ素子をもち強烈に軽く、製品企画失敗によりとにかく安い。

旅先で壊れるまで振り回せるカメラで、最近レンズが多く揃ってきたマイクロフォーサーズのマウントだというのがまた良かった。

僕の撮る写真はディテールより構図だし
ボケよりはディテールだ。

だからフォーマットは小さくても構わない。

PENTAXのQマウントほどではないにせよ、レンズを含めた重量、嵩的に持ち運びやすいのはなによりだ。

で、エントリーらしくこの機種はデチューンされている。
最大のデチューンはコントロールリングが1つしか無いこと。

F値やシャッタースピードを選ぶのが面倒。

ただ、デチューンされてない部分もある。
AFが早い(外すこともあるが…)のが特筆もの。

そして今回驚いたのが連写性能が
PENTAXのK-01比だが「物凄く高い」ことに驚いた。
一眼レフの上位機種相当の連写ができる。

企画失敗をしてE-PM2後継を二度と出さないと言わしめた部分はここかもしれない。

それだけにユーザーサイドにいる僕はこのE-PM2に出会って幸せかなとも思う。

レンズも既に3本新調しているし中身がほぼ同じで軽快なE-M10を買おうかとも思っている。

マイクロフォーサーズマウントに問題が有るとすれば35-70のような無理のない人を撮るズームがないことかもしれない。
標準ズームは頻繁にアップデートされるが、用途に合ったレンズがないと言うことは1つの不幸であると思う。

PENTAXの20−40が微妙に叩かれているが、135ミリの画角でいうとこの50−100ないしは70−200くらいの無理のない人物撮り用途のレンズが欲しいところ。

とりあえずマウントアダプターに当たりが出たのでPENTAXの手持ちのレンズを使い回してしばらく凌ごうと思う。

持ち歩いているカメラをPENTAXからOLYMPUSに変えた。

長年愛用しているPENTAXからOLYMPUSにもちかえてみた。

K-01にFA43mmを付けて持ち歩いていたが、腰痛気味なので
E-PM2にLumix G14mm f2.8にした。

軽い。

だが、なんとなく撮っていて感動がない。
PENTAXの大げさな音や操作系のいじれる感がよかったのかもしれない。

ただ、E-PM2も悪くはない。
ものの境界の描写が少しおかしい気もするが、まだ撮りなれてないからな。
レンズは1万数千円で買ったが、光源の表現があまりよろしくないように思うが、記憶色よりに抜けの良い絵をたまに出してくれる。

E-PM2は良い素子を積んでいるが、感触として撮れてる気にさせるが、その実ピンぼけ量産機になりつつある。

ホールドがそこまでよくなく、タッチで追い込むフォーカスが実はそこまで正解でないと痛感中。

マニュアルフォーカスはE-PM2ではするきがないので感覚が掴めるまでまだ早合点はしない方がよいのかもしれない。

個人的にはレリーズ時のシャッター音が「タームギュ」という感じで何か楽しくない。

マニュアル、Avで一週間使ったがマニュアルはこのE-PM2では構造的に使いにくいことを痛感。

フルオートでフォーカスだけ選択で良いかもしれない。

明日からはボディキャップレンズを使って撮影してみようと思うがどうなることやら。