忙殺と少し距離をとる

image2.jpeg

この先自分は何になって行くのか?

そう問われた。

明確な答えはないのだけど、先に進めば正解。
というわけでもないことが分かっている。

進んでも更にその先はあり、更に加速する。
中々しんどい事になる。
どこか迄は大丈夫だとしてもだ。

忙しいと考えれないから楽では有る。
忙殺という言葉がある。
忙しいと何も考えていられない。
忙しさの魅力的な側面だ。
忙しいのが好きという人もいる。
それが、本物かどうかは個人に任せるとして
その忙しさの質を、その忙しさの原因と現状の結果を考えてみるといい。

それで、忙しいのが好きならその忙しいを楽しむ。

ただ、気になってるのであれば、それは気になる原因、納得いってない部分があるはず。

で、どうするかだ。

ひとつは、忙殺と距離をとる。
程よく生活が回るくらいにして、それ以外の頑張りはセーブする。
減速してみると、意外とアレっ?て思う部分がある。
その部分を治して、もう一度進めばいい。

立ち止まるのは危ないが、減速ならできるだろ。
いつもやってるブーストをオフにすればいいだけだ。

いっそ、そのオフにしたスピードが心地いいならそのスピを保てば良い。

しがらみなんて関係ない。
面倒はどこかにポイだ。

意外な事に世の中も変わってきてるし、誰も変速した事に対して異論は唱えないよ。
そう言うのがスタンダードになってきてるし、
異論をいうなら、その根拠と取れる責任を示して貰えばよい。
それが無いならキミはキミらしく進めばいいだけさ。

商売人トランプ大統領の面白さ。 #Twitter #アメリカ #俺がハマーだ!

image1.jpeg

トランプ大統領の保護貿易的で愛国主義的で無茶な立ち振る舞いが個人的にとても面白いなと。
TVAの実施を政府財源でなくツイッターを使った国際的恫喝でやってのける。
インドのモディ首相も愛国主義政策を各国外資企業に強いることでうまいこと立ち回っていたが、トランプ大統領はそのモディ首相の手腕の上をいく。

スマホでツイートすればお金が舞い込む。

ジャイアンにSNSを渡したようなもんで、しかもこのストロングスタイルはおバカでワイルドな80年代のアメリカを彷彿とさせるようで明快であり思慮深くなく、非常にアメリカらしい。

大好きだった番組「俺がハマーだ!」の主人公ソリッジ・ハマーがTwitterと言う名のマグナムを手に2017年に凱旋してきたかのようでもある。
気に入らない奴は取り敢えず撃っておけ。と。

問題があるとすれば地上波放送の「俺がハマーだ!」の最終回は核弾頭の解体失敗でニューヨークを亡き者にしてしまったことだろう。

そこはそれ、フィクションだし、第2シーズンは何事もなかったかのように始まってたから問題なしでしょ。

移民に関しては、移民が根付いた土地としてのアメリカの転換点になるのかもしれない。
マイノリティ達のゴーウエストな考えも含め今までのイケイケな感じではなくなるのかもしれない。

南部の金髪のウエイトレスとデカイバックルが宝物のカウボーイ達の住みかとしての映画の中のアメリカに戻るならそれはそれで僕はイイのかな?と思ったり。

まぁ、何?代表的な国家として君臨するアメリカさんのことだ、外野がとやかく言うことじゃない。

また、日本に対しての仕打ちが酷い場合はその限りではないとも思う。日本へのおかしな対応は日本もキッチリ応えるべきかとは思う。
なにせ、日本はこの先10年くらいでエライ高齢化が進んだりする訳で、アメリカの白人中流階級の没落とはまた別の問題があるしな。

続Facebookとの付き合い方。

imagepng.png

SNSとの距離感、みなさんはどんな按配で?

僕はFacebookはなにかとキチンと使ってたのですが、ココ2か月くらい「ゆるっと対応」に変更をしてみました。

Facebookの日本上陸初期や311の時みたいに流れが緩やかで、勝つ必要にかられてやりとりをするインフラとして使える状態…からは遠ざかり、ニュースサイトの投げ込みや、活発な人の投稿ばかりが目立つようになり、少し参ったな…と思うように。

んで、対策として行った事を記載しておきます。

・思い切って通知を切って見ました。
・参加グループの新着をオフにしました。

【結果】
中々良い。
スマホが少しクールなイメージに戻りました。

なにがスマートフォンだ!
ぜんぜんスマートじゃない!と言う人は何らかスマートでない原因があるもので。
そして、僕にとってスマートでない状況はFacebookだったのかなと。

ただし、Facebookにも利用価値はある。
連絡網、デジタルの住所としては秀逸。
リンクドインもあるけど、日本人にはFacebookの方がイイ。

FacebookにはFacebookMessengerという別アプリがあるから、やり取りの通知や主催するサークルのやりとりも大丈夫。基本的にデジタルの住所としてはmessengerアプリが有れば成立してる。

だから、Facebookの垢削除やその他難しい操作はしないでオーケーだ。

Facebook以外にLINEなどで困ってる人もいると思う。
それらが問題で気をもむので有れば通知を切ってしまえばよい。

で、たまに巡回すればイイ話だ。
付かず離れずというので有ればそのくらいでイイ。
面白いことに世の中はそれで回っている。

漫画、ジャンルナンバーワン

営業に来てた業者さん。
名刺交換が終わり、主要な実績や売りの話を聞く。
グループ会社の人も一緒に来てたのでそちらの出版社の話になる。
「や、ジャンルの中でナンバーワンなんですよ。凄い売り上げで…」
や、この時代儲かってるのは良いことですね〜
なんて話をテキトーにしててそのまま1時間くらい談笑。

いま、数日経って気になったので調べて見たら…
ジャンル?

BL

…oh

なんか、来社してた方々がモゴッてたのが納得できた。
おつかれさまです。
はい、おつかれさまです。