続予測は可能か?

鼻血が出るくらい、対象について情報を収集すると、未来予測は可能になると話した。

対象が取る行動の予測。
もしその予測が外れたとして、予測してたものとしてなかったもので半分の確率で当たってたと言う詭弁も。

で、だ、砂粒程度の君の行動予測を集め、砂粒の山を作ったとする。
そこには未来がそれぞれに有るのだけど、その砂粒は急に爆発したり、色が変わったり、歌を歌い始めたりはしない。
ほぼしない。
どれか一つくらいするかもしれないけど誤差の範囲。
まず、砂粒としての王道があり、明日も明後日も変わらず砂粒。

気にすべきは、歌を歌う、もしくは爆発する、もしくは色が変わる砂粒。
王道を捉えたら、次はその王道には無い変異を捉える。
変異の片鱗でもいい、同じサイクルから逃れようともがくエントロピーの増大点を観察しそこに何が起こるかを予測する。

砂の山を砂糖の山みたいに変えるかもしれないし、砂の山に棘が生えるかもしれない。もしくは砂の山が水に変わるかもしれない。
そんな感じで見ていけば山勘ではなく、ある程度は未来を予測できる。
砂の山を考えてたらいきなり宇宙人が来襲?それはお手上げだ。
宇宙人についての情報を収集し膨大な情報があるのならそれを集め宇宙人についてを砂粒レベルで見れる人がいればその人にその分野の未来予測は委ねるしか無いだろう。
宇宙人がレーザーを放つのか、宇宙人が人間に寄生するのか、宇宙人は違う次元を支配するのか、とくに僕にはその情報はないからお手上げだ。
そういう意味で、未来予測は可能だし、自分の興味のない分野について未来予測は興味のある人に委ねるしか無い気がする。
興味が誰にも湧かない分野があるとして、その分野は予測不能な分野なのかもしれない。

興味が尽きない世の中であれば、大概の事は予測がつく。
天気だって予測できる世の中だ。
なんとかなるもんだよ。

☆☆☆ココから蛇足☆☆☆

大学でなんとかの権威とかって人がいたら、そういう今まで予測してこなかった分野に興味を持って粛々と興味に対しての探求をしてきてしまった人なのかもしれない。
予測をするタイプの砂粒の中では注視すべき色の変わる人かもしれないが、辺境だから注視すべきタイプなのではないとも思う。
つまり、変わった研究の変わった誰も触れてこなかった、未踏の地を開拓してる貴重さはあれど、そこにエントロピーの爆発的増大があるかどうかは別の問題だ。
エポックメーカーは成長期には非常に有用で意義あるものだが、成長期以降のエポックメーカーはそれほど大した実績ではない可能性が高い。
成長期でないなら、革命的な発見が望めないなら、それら分野に対する予測はそれほど重要ではないので、また別の分野に目を向けるといい。
また、粛々と興味の探求をする人は放っておいても進むものだ。
しばらく時間をおいてもまた会いに行けば良い。

巻き戻し

カセットテープには巻き戻しってあったよな。

なんか今日は巻き戻しっぽい何かを感じた。

新人のコに僕のケータイ電話が鳴ってたと教えてもらう。

夕方、再度オーストラリアから電話が掛かってきた。

久々に声を聞く。

相手はケータイだからなんとなくノイジー。

だが、いい声だ。

東京の話をしたり、細かな教えることができてメールを書いてたり、

したらテキサスから、これからの仕事の話やらでやりとり。
なんだろ、

で、頼まれごとに終電直前で応えようとFacebookをあけたら懐かしい顔が…。

ソッコーで友達依頼を出すが、友達なのか?

ま、いい笑顔だったからそれだけでOK

頼まれごともとりあえず対応完了。

一瞬、時間に巻き戻しが掛かったような
そんな気がした。

や、自分が関わってきたひとと急に1日に全部ごっちゃにやりとりなんて
40年近く全くそんなのないんだ。

なんか回ってきたのかな?

とにかく歯を食い縛り前に進もう。

とにかくやる!

出力めんどい

IMG_6408.JPG

1日ずーっと考え事をする仕事をしてる。
ヘタをすると一月くらい考え事。
いろいろ試して試算して
目算から、うまくいく方法を筋道立てて、誰にも分かるくらいの資料用意して。

と、なると、絵を描いたり、この投稿をしたり、写真のレリーズボタンを押すのさえめんどうになる。

要は出汁ガラ状態だとダメになる。
カッコいいはなし?

何それおいしいの?

という状態。
ホントはコレになっちゃいけない。
忙殺というやつで、自分のスタンスとかどっか行っちゃうから。

総力戦を年何回やるか?
若者じゃないんだしセーブ?
セーブとかしてると、突き抜けないから、なんか、こう、やっぱダメというか、普通のモノができてしまう。

それは売りもんじゃない気もするし、まぁ、やれることをやる。

となると、出力めんどいになる。

絵を描いてるときは、ずーっと描けるからまた少し違うのだろう。
寝てるか描いてるか。
描いてるか、食べるか、
寝てるか、描いてるか。

少し頑張ってみたので、いい方に転ぶといいなぁ。と。

今日はいい仕事をした。

未来予測は可能か、君は何になる?

未来予測は可能か

可能。

君のことを徹底的に調べ尽くせば月曜日の朝、第一声になにを喋るかはわかるくらいにわかる。

おはよー
だったり
爪のびたな…だったり

とにかく、対象に関して関わる情報を可能な限り集めれば未来はわかる。

未来予測でなく未来の必然。

ここまで情報が多い世の中だ真夏にスキーがしたいとかえって考えごとをする人間は少ないし、行動パターンがわかればなんとか予測はつく。

だから予測は可能。
ひとの思考に神秘なんマクロ的にみればないし、ミクロ的にみたって可能性のうちのひとつだ。

もし外れたら?

可能性として未来は無限にあり、そのうちの幾つかのうちの僕が示唆しなかった方に君は転げたと。

確率は選択肢が2つなら二分のいち。

柔軟な頭をもち天変地異を含めて100通りの選択肢を考えたとして101分のいちかそれ以上。

予測の範疇から少し出たレベルだ。

大した問題ではない。

未来は無限だしはかりしれないことだ。
ただ、君の可能性が単なる未知、未来に押し潰される必然はない。
また、未来が無限ぽいからってそれに絶望して無意味に自分の未来を他人に委ね、せっかく目の前にある自分の可能性を否定し傍観する必然はない。

少なくとも、それでは君の思う未来は来ない。

たまたま、傍観してるだけで幸運や勝利が来るやつは知ってる。
でもそういうワイルドカードはほおっておけ。

また、ワイルドカードに話を聞けば、ワイルドカードでさえ自分の未来を祈っているそうだ。
それはもう、未開の地の少女が星を見上げるようにだ。

君は自分の目標、自分の願望、自分の将来を見たことがあるか?

未来は意外と予測の範囲内。
またそれは君の中にある。

未来予測も何も君が思うところから始まる。

まずは自分を何にしたいか考えろ。

タクシーが来ない。

今朝はわりと早くに家を出て
9月も初日なので急ごうと思い
更には雨も降っていたのでタクシーに乗ろうと家の前に足った。
家の前は結構な交通量。
いつもなら3分掛からずタクシーに乗れる。

今日はタクシーは来るのだが
どのクルマも乗車中。
10分…

15分…

やっときた。

まぁ仕方ない。

おおよそ歩いた方が早い時間だがベストなプランであったとは思う。

撤退とか判断難しいけど、まぁ、上出来。