5月なのに寒いぞ。

連休過ぎて5月7日。
やたらに今日は寒かった。

いま家に帰るとこだが、帰って温かいスープでも飲むとしよう。

や、マヂで。

iPhone電池切れ

iPhoneが電池切れ。
とたん、色々ゆとりができて色々考え出す。 もうちょっと読んでみる。

副都心線が便利

130506_2055~001.jpg

最近、副都心線づいている。

原宿や渋谷にいくのがラク。

三軒茶屋なんかも気分的にかなりちかくになった気がする。

新宿三丁目〜池袋までノンストップな急行もかなりイカシテる。

丸ノ内線とセットで使うとJRを使ってた頃とは異次元のシビレる加速感が得られる。

原宿から方南町へ

原宿から方南町へヒョィと移動。

地下鉄乗り継ぐと割りと近い。 もうちょっと読んでみる。

原宿で

原宿で
「けん!」
とか
「けーん!」
と3回ほど呼ばれたんですが もうちょっと読んでみる。

原宿へ一瞬来た。

130506_1902~001.jpg

デザインフェスタギャラリーに出展者パスを買い増しに一瞬寄る。
連休最終日ということもあり、クルマが少なくて良い感じ。 もうちょっと読んでみる。

使ってきたカメラの変遷について。 6/6 そしてK-01に落ち着いた。

1.PENTAX *istDs
2.Canon EOS 30D
3.PENTAX K-x
4.iPhone4s
5.Canon PowerShot G12
6.PENTAX K-01

とにかく、1年間色々悶々としながら格闘したあげく、2013年の3月には
CanonのPowerShotG12を売り払ってしまいました。
(いま見返してみると、結構良い写真があるような気もするので
もったいない気もしますが、確か、なんとなくAPS-C位のサイズの素子がないと
プリントした際の説得力が無いと言うことに至ったのかと思います。
画面上で見せる際にはイイですが難しいところ)

そして、G12からPENTAXのK-01に入れ替えて使用。現在に至る感じです。 もうちょっと読んでみる。

使ってきたカメラの変遷について。 5/6 ベストパートナー?G12だが…

1.PENTAX *istDs
2.Canon EOS 30D
3.PENTAX K-x
4.iPhone4s
5.Canon PowerShot G12
6.PENTAX K-01

2011年年末に重いのがマズイのかな?と気分を変えて
コンパクトデジカメを新調することにした。
既にそのころはistDsを1台とLレンズ一本残す以外機材を売り払っており
残ったキヤノンのストロボを使う意味でちょうどタイミングが良かったので
PowerShotG12を購入していた。

kouji道路工事、カッコイイですね。こうして東京は日夜メンテされてます。
yokohama2012横浜。ちょっと写真関係で出かけた際に一枚。(実際はかなり撮ってます)
arashitohanaこれが、僕の好きな1枚。嵐、台風が来てるさなか僕は濡れそぼった花を前にただ一人撮影に没頭してました。
RRロードローラーはバックもするのですね。夜の流し撮りはとっても楽しいです。
kanamonoまともな昼の写真も。オレンジとかきつめな感じでキヤノンて感じがします。

 

 shinjyukuこちらもキヤノンらしい色合いで。暗いところの色づけがペンタと違います。特に光線の解釈が大きく違うので、夕闇とか、こういったネオンサインを写したりすると風合いがかなり変わります。これは、ペンタやキヤノンに限った話ではなく、どのメーカーにもある癖だと思います。ですので、ネオンの写真を見比べて撮ってみたいカメラを手にするのも一つのカメラ選定の技かもしれません。(素子の素性が問題の場合もあるので、その機種を特定するのが早いかもしれません。)
NSJキヤノンらしいパチパチした感じの色。オレンジと空がガンガンです。30Dを気軽に持ち出しているような錯覚もあるカメラでした。ただ、起動が遅かったり、1秒間にレリーズできる回数が少なかったりG15に買い直そうかかなり迷った部分もありました。

G12が2800枚、K-xが1800枚、iPhone4sが9200枚。

合計約13800枚

個人的に判っているのはiPhone4sの写真としての限界。
作品にはならない。
もっとも、スナップ写真としてはとても優れていると思うのだけれど
誰かに見せたいとても素敵な瞬間。
といういみでは、ちょっと見せられる何かにはならない。
たとえば、知っている人の写真でもiPhone4sはデバイスとして優れているとしても
どうにも、メカ的な限界があるようでどうにもならない。
しかしまぁ、持っていると撮ってしまうもので、積もり積もって9000枚。
恐らくそんな中で有用な利用方法としては、自分撮り/自分と友達を撮る
もしくは、ご飯の写真を撮るといったところでしょうか。
生活のスナップを撮るのはとても良いのですが、
とてもいい景色や気になる瞬間や場所があったとしてHDRを駆使しても
iPhone4sのカメラではどうにもできない部分があった訳で。

また、それと同時にK-xが何か嫌な感じなので追加したG12も
そこまで褒められたカメラではないことにだんだん気づいていったわけで。
そもそもG12は前シリーズを使った気鋭のカメラマンが残した1枚に惚れ込んで
買った部分があり、カメラとしての可能性、レンズの素性の良さを求めて
買った部分がありました。

撮ってていままでと違う感じがしました。
ウエストレベルで撮ることが多くなり、
街の写真を撮るのが楽しくてしょうがなくなったのですが、
途中9月を越えたあたりから、
ぱったりとシャッターを切ることがなくなりました。
なんでだったのでしょうか?(展覧会が終わったから?)

6.PENTAX K-01

使ってきたカメラの変遷について。 4/6 強烈なスナップカメラiPhone4s

1.PENTAX *istDs
2.Canon EOS 30D
3.PENTAX K-x
4.iPhone4s
5.Canon PowerShot G12
6.PENTAX K-01

そして、特筆するべきこととしてはiPhone4sを9月に手に入れた。

macb大阪のセシルの看板ですね〜。東京の看板とはまた少し違う。大阪のデザインは東京に比べプッシュが強いんですかね。僕は大阪のデザインがけっこう好きです。
ameアメ村の朝。僕は壊れた靴を交換するためにこのあたりを徘徊しました。たまたまたちよった感じですが、朝6時台のアメ村ってのはまた何か違う感じがして楽しかったです。
hdrHDRによる東京駅。こんな感じがiPhone4sの限界と言うところでしょうか。HDRのソフトを使ってiPhoneの中で作成したものですが、こういった処理がケータイでできると言うことも特筆すべき点ですね。
ekimae糸魚川の駅前。夕映えというか、すこしひなびた感じがでてますね。でも、別のカメラで撮ればもう少しどうにかなったかな?とおもうと、ちょっともったいない気がします。
densyaiphoneこちらも糸魚川。電車と雪と北の空気です。

で、一眼レフでの撮影枚数は一気に減った。
iPhone4sでの撮影枚数が年間7500枚程度、K-xでの撮影が7500枚程度。
もう全然駄目である。

前年の半減。

一つには、iPhone4sが学生当時手にしていた写ルンです的な撮りやすさがあり
シャッターチャンスに既に手に持っている可能性が高い。

そして、K-xのペンタミラーが見ていて面白くない。

仕事や依頼されて草野球を撮影することがほぼなくなったのもあるが
とにかく撮影枚数が減った。

5.Canon PowerShot G12

使ってきたカメラの変遷について。 3/6 ちょっと気分が出ないK-x

1.PENTAX *istDs
2.Canon EOS 30D
3.PENTAX K-x
4.iPhone4s
5.Canon PowerShot G12
6.PENTAX K-01

で、人を撮ることが少なくなり、2011年の正月からメイン機をk-xに変えた。

 

sakuraさくらの季節はやっぱりカメラを持ち出すのが楽しいですね。僕はココの坂を35年くらい前に登った覚えがあります。意外と変わらない。新宿の風景なのではと思います。

sakura2さくらの新宿中央公園。いつもは殺伐とした公園ですが、さくらの季節はいいですね。

 

 

aoimori青い森鉄道をおりて更に北に向かいます。

 


bay函館の夜の倉庫街ですね。ペンタらしい色といいましょうか。薄暗いとこが薄暗い。

 

 

 

densya長万部の駅舎からでしょうか。

 

 


toyako洞爺湖の湖畔。夜になると湖は撮って尾どうしようもないので、雪に埋もれた公園?部分をとってました。何だか幻想的。
manbeこちらは雪の長万部。吹雪いてました。

 

umibe長万部の冬の海岸。することの無い僕とカモメは凍えながら途方に暮れてました。
totyuugesyaこれは、旅の帰り、郡山とかそのあたりですね。

4.iPhone4s

使ってきたカメラの変遷について。2/6 EOS30Dについて振り返る。

1.PENTAX *istDs
2.Canon EOS 30D
3.PENTAX K-x
4.iPhone4s
5.Canon PowerShot G12
6.PENTAX K-01

前回のPentax istDsの続き

そのあと相性の良かったistDsを買い増し、
人を撮ることが多くなりEOS30Dを買い増し
(AFに関してPENTAXは当時から難があったのとキヤノンのロゴとLレンズを
みるとニヤケるおじさんたちが多かったので、仕事で使うタイミングが多く
PENTAXの方が、本当は良い感じになる部分もあったのだけどまぁ仕方ない)

daiba20-35のLレンズ。なんとなく相性よくないかんじでした。下にあげたタムロンの超広角11-16等と比べて、ちょっと元気が無いと言うか。やはりフルで使ってなんぼなレンズなんでしょうね。
ro7こちらは、28-70のLレンズ。人を撮るのに随分使いました。相性は悪くないけど、重いので用途をしていして撮ってた感じですね。

 


1116 完成前のコクーンタワーをタムロンの11-16で。超広角レンズが欲しくて中古で買ったのですが、エラー99がでたり中々使って微妙な部分もありました。(おそらく個体の問題)まぁ、いま見ると稚拙な絵ですし、撮らされた感が大きいですね。
hashiこちらは浅草に向けて架かる橋。例のオブジェが夜も輝いてますw 個人的にはキヤノンのカメラってのは、当たり外れをどれだけ少なくするか?と言うことを目的に作られてるんだなって事が触ってて良くわかりました。あと、サードパーティーレンズメーカーのレンズが気軽に使えるのはいいなって思ったり。ペンタではこうはいかない。

ペンタックスのistDsをメインで使っている時期は主に14000枚前後を
平均して撮っていた。元々人を撮ることが少ないタイプなので
この数はあまり多い方ではないのかなともおもいます。

データを見ると2006年前後〜2010年の年末くらいまでistDsを使ってます。
EOS30Dも後半は併用していた覚えがあるけど、人を撮る時以外は重いから
持ち出していないようで、思い出の写真はistDsで撮っていることが多いですね。

3.PENTAX K-x

使ってきたカメラの変遷について。 1/6 istDsについて振り返る。

連休で何もしないのもなんなので、カメラについて少し書いてみた。

1.PENTAX *istDs
2.Canon EOS 30D
3.PENTAX K-x
4.iPhone4s
5.Canon PowerShot G12
6.PENTAX K-01

PENTAXのカメラをずっと使ってきている。

そもそも自腹で買ったカメラはNikonであり、
銀塩の一眼レフを使っていた当時はNikonのカメラが好きだった。
(実はそのかめらがコシナ製だと知るのはずっと後の話。通りで軽い訳だ)

高校の頃までは狂ったように写ルンですを使ってた。
随分バイト代をカメラにつぎ込んだが、レリーズを切るタイミングはウマくなったが
カメラに対する愛よりも機動力が重要だった。

そして、デジタルに移行するときに、カメラが軽い方が良いのと
コスト面でニコンは敬遠するに至った。(ニコンのカメラはD70がまだ高かった)

たまたま手にしたistDsはペンタプリズムをのせた素性の良いカメラだった。

dal犬とはペンタは相性よかったような気がする。

 

 

taxi写真では渋めの色が好きだからCCD機の方が良かったのかも。

 

2.Canon EOS 30D

ヤマトとガンダムの違いにみる。

ヤマト2199見てます。

ヤマト自体は子守唄に、2くらいからは記憶に有るのですが、熱いですね〜

で世代的にどストライクなガンダムとの違いを。

特にヤマトに有るのは

・物理スイッチを押す人のロマン
(手を下すひとの得難い充実した感じ)
・大出力は大型艦船や基地から縛り
・宇宙の星を探索するロマン

といったところかと。
あと、富野な理屈がなく、戦後のモヤモヤ感を払拭しようとしてた時代の躍動を感じますね。
今後も見ようと思います。

西新宿、麺食い慎太郎

fcb44599286df6645c4bc9f0c5e5bfe3.jpg

近くで働く友達が押してたので、サラリーマンがいないと思われる5時に入店。

濃厚大盛り880円

新宿警察の裏手、豚カツの名店べんけいを更に奥に行った角にある。
つけめんとラーメンだがつけめんがメインなラインナップ。
タレはそこまで濃厚ではなく、サイコロ二つ分の肉がメインの内容物で、ほぐしたツナ缶のような魚が麺に絡んで最後まで飽きずに完食できた。
断面の丸い麺はプリプリしていてモッタリしない。
ちょうど茹で具合の完璧なパスタのようで、すすって噛んで飲み込んでというアクションのリズムが崩れない。

ここの店のつけめんの美味さは、この麺によるところが大きい。
ちょい甘め、塩味も効いたタレがずっとだれないのは麺がグル化するときにタレの味をぶれさせることをしないからずっと美味いんだろう。
家からもちょうど良い距離なので折を見てまたこようと思う。