習う、倣う。徹底的に。【ライフハック】

はじめてなにかするときは、先人がいるなら頭を下げて習うとイイ。

先人がいても教えてくれないなら見倣えばイイ。
とにかく真似る。

ただ、真似るのは猿真似とバカにされても徹底的にやること。

アレンジなどず徹底的だ。

段々真似る中になにか得るものが出ても来るし、とにかく真似る対象がある以上ストイックに真似る。

あとはアレンジではなく、自分のものになった際に更に良くなる何かを探求する。

元になる知識や技のベースを発展させられるかどうか。

そうすれば志半ばの軽はずみなアレンジではなく、業としての将来が見えてくるはず。

身に付くまでさとにかく励むしかない。

距離を越えるツバサ。

僕には羽はないけど、若い頃に散々旅したことで得たものがある。

気が向けば飛び出す。
そんなココロ。

距離なんてのは問題じゃない。

思い立ったらその場所にいる。

好きな娘が住む海外、友達が越した地元、大好きな北海道、沖縄。

越える、越える、いますぐ越える。

その気があれば距離は問題じゃない。

それくらいがちょうど良い。

突入【ライフハック】

気がかりだったら、後悔するよりやってみる。

踏み込む。

家訓的なライフハックですね。
くよくよするより随分イイ。

モノがある贅沢モノを持たない贅沢【ライフハック】

モノを持つ贅沢

モノがある贅沢を80年以降に味わってきた。 着るもの家電をはじめ、スキーや海外にも行った。 替えがたい体験と幾つかの物質が手元に残った。

消費は… 価値を物質に変える体験としてとても楽しかった。

そしてその物質を捨てる際にも何か得難い楽しさが有った。 そういうのがモノがある贅沢なんだとおもう。 でもね、いまはちょっと違う。 クルマ?ゴルフクラブ?特にいまは必要無い。

モノを持たない贅沢。

アメリカ人はバッグを持たず行動するのが好きらしい。 バッグを持つのは○○野郎だ!と。 (彼らの意見だ、僕は知らん) …で、バッグを持たないでクルマにぶっ込み行動する。 銃も酒のスキットボトルも、毛布もクルマに。 まぁ、話がそれるのでこの辺で止めるが、とにかくアメリカ人はバッグを持たない。 日本人(都市部限定かな?)はクルマにぶっ込むスタイルは田舎でしか通用しないので、仕方なくバッグを持ってるけど、荷物が少ないことの良さは分かる気がする。

言い換えれば、クルマも必要ないくらい自由な状態だ。

持たない贅沢としてメンタル的な例は、電車に乗るため駅前まで乗ってきた自転車のわずらわしさというか。 都市部限定かもしれないが、家を出ればすぐ目の前にコンビニはあるし、 24時間ずっとあいてるスーパーもある。 都市部の利便性の前にもはやモノがないとやってけないって話はない。 また、カネさえ有ればどこにでも飛んでける自由を確保するには、 クルマでさえも面倒な存在になるなと。 モノを持たない贅沢ってのはあるなと。 それは自由に行動をする事が楽しいことと認識してる人にとって、 刺激的な贅沢かもしれない。 都市にはモノが溢れてる割反面地価が高い。 モノを持つことは不要な場所を広めることに繋がり、意図しないで購入していく贅沢でない購買は時として不合理を生んでいく。 持たない贅沢としては、行動を制限し新しい可能性を減らすことになるなら、積極的にモノを減らすのも潜在的な贅沢なのかも知れない。 ただ、モノを持たない贅沢の弱点といえば、 物理的に物質が残らないから贅沢として認識しずらいことかと。 生まれたての赤ん坊の眩しいまでの可能性みたいに割りと 明確なら良いが危うい存在でもある。 モノがない贅沢を維持するには、断捨離じゃないが、 思い入れの無いものを棄てれば良いだろう。 それにしても、こちらの持たない贅沢ってのは バブルの片鱗を体験した世代には言い難いモノがあるな。 難しい。

…さて、両極の贅沢、 どちらをとりましょうか?

ここまで読んでくれれば分かると思いますが、 両極のどちらを支持するかではなく、程よいバランスが重要なんだなとおもう。 ガンダムのラストにてアムロが 「僕には戻るところが有るんだ…」 と言ったように、物理的な 安全地帯+精神的に繋がれる友人などは必要な刺激なのだろう。 やり過ぎると 「趣味の鉄道模型を全部捨てられた旦那」 の話みたく精神崩壊して、人として成立しなくなるともおもう。 また、人との繋がりにおいて、 趣味やら仕事やら中間物質=媒介物=メディアは必要なようだから、 全部捨てるのはやめた方がいいなともおもう。 (捨てるのがモットーなストイックで素敵なひとがいたのですが、 先日認知症になっちゃいまして…) で、暫時的な、暫定結論としては、

趣味や個人を形成する水準のモノはある程度必要。 モノを必要とする贅沢は限度はあるが肯定する。
モノを持たない贅沢ももちろん肯定する。
好きなことができるよう 「バランスをとっておく」 ってことが暫定の答えかもしれない。

旅が好きか読書が好きか。 料理が好きか、写真が好きか。 たとえささやかであっても、 贅沢は生活を楽しくする素敵なエッセンスだとおもうのでね。 僕はモノが多くなる傾向にあるから、 この連休は買い物にもいくが、 家では捨てる喜びを堪能することとしよう。

朝型、夜型?【ライフハック】

朝型?夜型?

どちらもアリとはおもう。

自分がやりたい方で使い分けるか、暮らしを変えるといい。

朝向いてること
・効率重視の仕事
・自分が基点になる仕事に向く
・計算や作業の連続
・情報収集

夜向いてること
・考え重視のこと
・請け負い型の頭脳労働
・時間を潤沢に必要とする粘る思考
・構造やフローを理解すること

朝型?

夜型?

実はそういう話は実は愚問。(元も子もないなw)

型とかどうでもよく「何をするか」を考え行動するべき。
型は後からついてくるし、外部から見た類型的なものが型だから
型に流されないようにする。

自分で自分を型にはめない。(あえて自分で型にはめて加速する方法もあるが。)
役職が変わり立場が変われば稼働範囲も稼働時間もかわる。
その許される範囲で効率的な仕事をすればよい。
結果的に朝型かどうかは自分が決めればいい。

個人的には24時間働き通した時期もあるし、
毎朝8時45分に着席始業してた時もあるし、終電前後が基本になってる時期もある。 そんなことは振り返って気づくレベルであり、僕にとっては仕事においては関わった人が成功しているかどうかが重要。

ただ、写真や絵に集中したいから、
また楽しく飲みたいから朝中心にシフトするのもアリかも知れない。

もし決まった型があった方が便利で型を決めて事を進めたいのなら、
自己暗示の一環にに使うのもアリとは思う。
ただそれは自己暗示であり、それが全てではない、
完璧でないことを理解していた方がイイともおもう。

効率ってのは人それぞれな場合があり、
それぞれの特性を生かさなきゃならない場合
それぞれの特性を尊重しなきゃならない。

サラリーマンにおいての損得と朝型夜型。
だが、だ「集団生活がどうこう」とかいうなら個人の稼働効率は無視するとよい。
(個人の効率でなく、集団の効率を重用ししている運用形態と考えよう。)

まっとうなサラリーマンをやるなら、早起きをした方が
集団運用形態にそっている分得だ。
朝型夜型と主張するのではなく、自分は朝型人間だと自己暗示に掛ける方が良い。

個人事業主であれば、クライアントとの作業連携に併せて
効率化すると良いと思う。

朝型?夜型?

お金になる時間帯で生活をすれば良いんじゃないかな?

洗濯物を早く乾かすライフハック

洗濯は早く乾いた方が良い。

浴室乾燥機を長く使ってるけど、はやいと気分までいい。

下着とか毎度の事だとホネですよね。

でも洗濯機は変わらないしどうしたことか…。

ここでさとーのライフハック。

「服を薄い生地に変えると早く乾きます。」

ΩΩΩ<な、なんだってー

以前は6.3オンスのTシャツで乾きが悪かったので5.6オンス以下にシフト。

効果バッチリ!

格段に乾きが早くなった!
(しかも乾き漏れがない)

良かったら試してみてください!

靴下とかは特に知りません。

サイドバーのサイズの変更をする。

カスタム検索を新調しよう☆

と、考えて、色々行動していたら
なぜかサイトのデザインを変更することになったでござるの巻き。

もう、全然意味が分からないけど、面白いからもっとやれ!って感じで進行中。

カスタム検索の調整をしてブラウザを色々買えてみてたら、
問題ないブラウザも出てきた。

まぁ、だましだましの運用なら問題ないかな?ということで、とりあえずやめにして、他のことに注力することにした。

まぁ、そんなかんじです。

Googleカスタム検索V2の検索小窓の幅を変更しようとして苦悩する。

Googleのカスタム検索の小窓を自分のサイトに靴つけるのに苦難する日が来るとは!

ブログに貼付けてみたら、デカイ方のサイドバーを余裕ではみ出してます。
はみ出しカスタム検索小窓…


カスタム検索

というのも、Googleさんが気を利かせてリッチな検索小窓、Googleカスタム検索V2が現在のデフォルトになったことに起因してます。

どうも、この検索小窓の貼付けるソースを見る限り、ソースにはサイズを修正する部分が無く、グーグルの鯖側で、ぜんぶ制御しているらしい。

その証拠に色の変更などカスタマイズを掛けても、ソースコードは全然変わらない。

コレは困った。

対策方法として、Google adsense の方にもカスタム検索があったことを思い出したのでそれを設置することにした。そっちは検索小窓のサイズが変更できるので何の問題も無いものね。

adsense

 

だがしか〜し、検索小窓のサイズは問題クリアしたのだが、検索ボタンが
なんじゃこら?ってくらいデカイ。

主張して止まない。

もの凄く野暮ったい。

で、もうね、しょうがないから対処はあきらめて、検索ボタンはカスタム検索に
するんだけれど、サイトの方のサイズを変えてどうにか対処をしようと言うことを考えるに至った次第。(本末大転倒)

あー、何だか不毛な感じがひしひしと…

でもまぁ、奇麗な方がイイかなって思ったりもするし、かなり厳しい問題だ。

 

★追記!

Firefoxで見たところ、なぜか、ウマく表示していることに気づく。

firefox

 

あれ?

ウマく表示されてるじゃない。

じゃ、まぁ、睡眠時間削るのももったいないし、
このあたりでお手打ちにするかな?(てきとー)

まぁ、はみ出しが目立つのは問題なので、そこらへんは
色を赤からグレートかに変更して適当にサイトに馴染ませるとしよう。(大人対応)

って、ことで、まぁ、いいかな?と言うことに至る。
サイトのデザイン変更、幅の変更については現在どうしようか思案中。

functions.phpファイルをいじってたらサーバー エラー500 Internal Error になったでござるの巻き。

functions.phpを触って更新したら

… なんと言うことでしょう、

500InternalError

インターナルエラー500がでた。

orz

 

スクショ撮っていられる余裕は個人のサイトならではw
いつも会社じゃこうは逝かねえんだぜ?
(Googlesさんはサーバとか鯖じゃなく、サーバーって音引きつけるんですね。)

で、いま、wp-config.phpの中身をみて
すぐさまデバッグモードへ。

define(‘WP_DEBUG’, false); のfalseをtrueに書き換えればデバッグモードらしい。

デバッグモードに突入。
サイトにいってみると、 functions.php がおかしいですよ。と。

ええ。しってますとも…

ここで、まぁ、癖でバックアップをとってあった

functions.php

のバックアップのデータをFTPで突っ込んで事なきをえました。
とりあえず、めでたしめでたし。

テーマの構造やfunctions.phpが結構デリケートで
めんどうなテーマファイルだと知ったり
デバッグモードについても勉強できたので、何となく得した気分。

で、忘れちゃならないのがデバッグモード空の復帰。
デバッグモードに突入する前にとっておいた wp-config.php をFTPで上書き。

今回参考にさせていただいたのは

ワードプレスフォーラムさん([解決済み] HTTP エラー 500 (10 件の投稿)

GateSpaceさん(WordPressのデバッグモード

パン屑?パンくず?なにそれおいしいの?

パンくず、変な名前だよな〜

なんて、提案のときに数年前思っていましたが、とりあえずSEOという呪文の前に僕も人つつけてみようぞ!とおもい格闘中。

そして30分後 500 インターナルエラー だよおっかさん!

パンくずを食べてグレーテルは当たった感じですねwwwww

ということで、華麗に対処、回復したのであります(全然褒められたことじゃない)

んでまー、ここからindex.phpなどをいじって過既決に向かう予定です。

functions.php
が何者なのかが大体判ってきた。
各テーマphpに分散することになりがちなモノをまとめておくところだとか。

で、必要なときに呼び出すキーワードを作って各テーマphpに設置するだけで
すっきりしながら機能が使えるものらしい。

ただ、まぁ、phpを理解していない当方にとっては切り貼りするのが
増しになる程度のものと言う認識しか無い。
おそらくエクセレントな対応なんだろうなぁ。と。で、パンくずのほうですが、そのfunctions.phpをつかった方法が

こちらのサイトで乗っていた訳で、取り組んでいたのですがどうにも駄目の様子。
恐らく当方のphpの設置場所が適切でないと言うのがあったり、
また、phpがトップページでは聞かないのに固定ページでは効いたりとか
制御不能な状況になってしまった。

あと、ループがどこかで切れたらしく
ぐるぐるとインジケータが回るみっともない状態に。

仕方が無いのでテーマファイルを一度ダウンロードしてきて最初からやり直すことにした。

気分的にすっきり。

で、ココでめげても仕方ないので、プラグインを突っ込んでみる。

だめ。

Breadcrumb NavXT

 

というプラグインなんだけど、全然動かん。

仕方ないので、別の情報を探しているとphpでも
ちょっと様子が違うものが見つかる。

よしぶっ込んでみよう☆

 

うまくいったぜ!!!!!1111

 

ってことで、貼っておきます。

いま、さとーはこちらのページに貼られていたパンくずのphpを利用しています。

ウェブシェフさんありがとー!!!
コレでやっと眠れますw(現在5時)

 

 

変わらないで、なんて望まれちゃぁいない。

この18年くらいスタンダードな部分は変わらないように心掛けてきたと思う。

変わらない関係、変わらない体重、変わらない世界。

…そう思っていた時期が僕にも有りました。

が、そういう無茶を要求するひと(可愛い娘)は得てしていい加減なもんで、そんな浮わついた事を中2病的にのたまったことも、もうすっかり忘れてたりするわけで。

そして変わらぬ佐藤は、四十を前にここからしばらく遅い青春に没頭してみようかと思うわけで。

中年の事始めはたちが悪い。

いいよ、楽しむとしよう。

佐藤健二について

こんにちは、佐藤健二です。

東京に生まれ東京育ち

わざわざ見ていただいてありがとうございます。
あまりほかでは書いてないことも含めざざっとご紹介をば。

このサイトは、佐藤健二の思いつきをはじめ、
特にとりとめもないことをポロポロと公開していくサイトです。
じつは既に16年くらいポストを繰り返しているのですが、
サイト自体は3回目くらいのリニューアル。
色々企画などを考えた時期も有りましたが
今はこのままユルっとポストし続けようと思っています。

 

私生活では絵描きです。
ART-Palという展覧会を開く同人会をかれこれ18年率いてます。
毎年、展覧会を開催。つくば美術館で作品を展示したことも。
人物画と風景画をやっていたのですが、抽象画を描くように。

写真を撮ります。
仕事で人を撮ったりもしてました。
広告のキービジュアルやインタビューカットも撮ったり。
色々撮りましたが、写真も元々は絵を描くための写真です。
僕にできることの範疇はわかっているので
良い仕事であればプロにお願いしています。
写真を撮るため日本全国鈍行でうろうろしています。
旅先では、地元の人に愛されている日常的なごちそうを
食べたり、呑んだりしています。
独身一人旅なので気楽ですが嫁探しの最中です。
(本当に困り中)

スポーツは震災前まではボディボードをやってたり(九十九里)
過去に自転車ロードレースに出ていたり(北海道に行ったべな)
水泳で東京で結構上位にいたような気がします。
最近は旅先でカメラを担いで歩きます。(1日40kmくらい)
運動不足ぎみなので、ノルディックウォーキングを検討中。

 

仕事ではプロデューサーやってます。
仕事ではスマートフォン、タブレットアプリをプロデュース。
アプリのUX、コミュニケーションの改善提案
Web、紙と連携した展開企画などを実施。

オリジナルタイトルのプロデュース
『VECTROS』のプロデュース
(アーケードゲーム2位、Webby Awords受賞)
『議事録』のプロデュース
(iPad向けメモアプリとして定番化)
(その他のアプリ詳細は守秘義務があり→禁則事項です☆)

 

>>それまでの、さとーについて。

コピーライターとして
世界的飲料メーカーの販促ツール制作
化粧品メーカーの記事広告ライティング
クルマ関連の純広告/記事広告のライティング

メーカー担当として
店頭公開メーカーの広告宣伝担当として活動
1部上場までのCIコントロール、上場後の定着管理と改善
製品ロゴ、コミュニケーションの改善と展開を実施
販促てこ入れ、会報誌の収益化、新聞広告/CM制作対応
コーポレートコミュニケーションツールの企画作成
ノベルティ関連の展開、供給量調整

広告 / Webプランナーとして
百貨店飲食系販促ツールのライティング3シーズン
食材宅配会社のサイトトータルリニューアル企画コンペ獲得
大手コーヒーメーカーサイトトップ企画コンペ獲得
大手スーパーのネットスーパー広告展開企画コンペ獲得
そのほか、国内最大手通信会社会報誌企画コンペ獲得
IT企業のカタログ・サイトなどでのコミュニケーション改善
ネット関連企業の提案ツール企画制作支援
広告、Web、その他のコミュニケーション提案については
案件が合うものについては、継続的に展開しております。