広告と定着と手作業

image1.jpeg

広告は1990年代の終わり頃デジタル化を果たし、定着のレベルがグッと上がったように思えた。
再試行がしやすくなり、作業のうまさよりもデザインセンスが問われるようになった。

あれから約20年。
少し様相が変わってきたように思う。
デザインセンスは上がったのか、世の中が少し2010年代に慣れてその雰囲気を汲んだデザインになったのか。
まぁ、デザインは置いておくとしてだ。
広告としての定着の質がやたらに下がったように思う。
特に交通広告が酷い。
このタワミようだ。
テープでテキトーに繋いでる。
湿気ってタワムのは解る。
ただ、限度を越している。

こんな定着になる広告枠に誰がお金を払うのだろうか?
デジタル化で忘れられた紙選びの問題も有るが、おそらく手作業でこの枠にはめ込む作業員の質が下がったのだろう。
専門の業者ではない誰かがやっているのかもしれない。
デジタルサイネージに全部が変われば話は一変するが、どうも国力の停滞か何かが問題で一挙に駅のポスターがデジタルサイネージになる事はないようだ。

と、いう事はしばらくこのヨレヨレの低レベルな駅貼りB倍広告を目にし続けることになるのだろう。
もっとも、コレはターミナル駅では少し様相が違うのかもしれない…
(確か東京メトロではこんなだった気もするが)

広告に夢がないって思えるのは、こういうほころびが重なりモノとしての説得力や存在感が薄れているからとも思う。

整然としたヨレの無いグラフィック。
当たり前に思っていたが、中々難しい世の中に来てしまったように思う。

忙殺と少し距離をとる

image2.jpeg

この先自分は何になって行くのか?

そう問われた。

明確な答えはないのだけど、先に進めば正解。
というわけでもないことが分かっている。

進んでも更にその先はあり、更に加速する。
中々しんどい事になる。
どこか迄は大丈夫だとしてもだ。

忙しいと考えれないから楽では有る。
忙殺という言葉がある。
忙しいと何も考えていられない。
忙しさの魅力的な側面だ。
忙しいのが好きという人もいる。
それが、本物かどうかは個人に任せるとして
その忙しさの質を、その忙しさの原因と現状の結果を考えてみるといい。

それで、忙しいのが好きならその忙しいを楽しむ。

ただ、気になってるのであれば、それは気になる原因、納得いってない部分があるはず。

で、どうするかだ。

ひとつは、忙殺と距離をとる。
程よく生活が回るくらいにして、それ以外の頑張りはセーブする。
減速してみると、意外とアレっ?て思う部分がある。
その部分を治して、もう一度進めばいい。

立ち止まるのは危ないが、減速ならできるだろ。
いつもやってるブーストをオフにすればいいだけだ。

いっそ、そのオフにしたスピードが心地いいならそのスピを保てば良い。

しがらみなんて関係ない。
面倒はどこかにポイだ。

意外な事に世の中も変わってきてるし、誰も変速した事に対して異論は唱えないよ。
そう言うのがスタンダードになってきてるし、
異論をいうなら、その根拠と取れる責任を示して貰えばよい。
それが無いならキミはキミらしく進めばいいだけさ。

商売人トランプ大統領の面白さ。 #Twitter #アメリカ #俺がハマーだ!

image1.jpeg

トランプ大統領の保護貿易的で愛国主義的で無茶な立ち振る舞いが個人的にとても面白いなと。
TVAの実施を政府財源でなくツイッターを使った国際的恫喝でやってのける。
インドのモディ首相も愛国主義政策を各国外資企業に強いることでうまいこと立ち回っていたが、トランプ大統領はそのモディ首相の手腕の上をいく。

スマホでツイートすればお金が舞い込む。

ジャイアンにSNSを渡したようなもんで、しかもこのストロングスタイルはおバカでワイルドな80年代のアメリカを彷彿とさせるようで明快であり思慮深くなく、非常にアメリカらしい。

大好きだった番組「俺がハマーだ!」の主人公ソリッジ・ハマーがTwitterと言う名のマグナムを手に2017年に凱旋してきたかのようでもある。
気に入らない奴は取り敢えず撃っておけ。と。

問題があるとすれば地上波放送の「俺がハマーだ!」の最終回は核弾頭の解体失敗でニューヨークを亡き者にしてしまったことだろう。

そこはそれ、フィクションだし、第2シーズンは何事もなかったかのように始まってたから問題なしでしょ。

移民に関しては、移民が根付いた土地としてのアメリカの転換点になるのかもしれない。
マイノリティ達のゴーウエストな考えも含め今までのイケイケな感じではなくなるのかもしれない。

南部の金髪のウエイトレスとデカイバックルが宝物のカウボーイ達の住みかとしての映画の中のアメリカに戻るならそれはそれで僕はイイのかな?と思ったり。

まぁ、何?代表的な国家として君臨するアメリカさんのことだ、外野がとやかく言うことじゃない。

また、日本に対しての仕打ちが酷い場合はその限りではないとも思う。日本へのおかしな対応は日本もキッチリ応えるべきかとは思う。
なにせ、日本はこの先10年くらいでエライ高齢化が進んだりする訳で、アメリカの白人中流階級の没落とはまた別の問題があるしな。

続Facebookとの付き合い方。

imagepng.png

SNSとの距離感、みなさんはどんな按配で?

僕はFacebookはなにかとキチンと使ってたのですが、ココ2か月くらい「ゆるっと対応」に変更をしてみました。

Facebookの日本上陸初期や311の時みたいに流れが緩やかで、勝つ必要にかられてやりとりをするインフラとして使える状態…からは遠ざかり、ニュースサイトの投げ込みや、活発な人の投稿ばかりが目立つようになり、少し参ったな…と思うように。

んで、対策として行った事を記載しておきます。

・思い切って通知を切って見ました。
・参加グループの新着をオフにしました。

【結果】
中々良い。
スマホが少しクールなイメージに戻りました。

なにがスマートフォンだ!
ぜんぜんスマートじゃない!と言う人は何らかスマートでない原因があるもので。
そして、僕にとってスマートでない状況はFacebookだったのかなと。

ただし、Facebookにも利用価値はある。
連絡網、デジタルの住所としては秀逸。
リンクドインもあるけど、日本人にはFacebookの方がイイ。

FacebookにはFacebookMessengerという別アプリがあるから、やり取りの通知や主催するサークルのやりとりも大丈夫。基本的にデジタルの住所としてはmessengerアプリが有れば成立してる。

だから、Facebookの垢削除やその他難しい操作はしないでオーケーだ。

Facebook以外にLINEなどで困ってる人もいると思う。
それらが問題で気をもむので有れば通知を切ってしまえばよい。

で、たまに巡回すればイイ話だ。
付かず離れずというので有ればそのくらいでイイ。
面白いことに世の中はそれで回っている。

漫画、ジャンルナンバーワン

営業に来てた業者さん。
名刺交換が終わり、主要な実績や売りの話を聞く。
グループ会社の人も一緒に来てたのでそちらの出版社の話になる。
「や、ジャンルの中でナンバーワンなんですよ。凄い売り上げで…」
や、この時代儲かってるのは良いことですね〜
なんて話をテキトーにしててそのまま1時間くらい談笑。

いま、数日経って気になったので調べて見たら…
ジャンル?

BL

…oh

なんか、来社してた方々がモゴッてたのが納得できた。
おつかれさまです。
はい、おつかれさまです。

劇場版「艦これ」を見て来た。(ややネタバレ。)

imagepng.png

劇場版「艦これ」を見て来たので、プレーンな感想をば。
特にテレビ見てないひと、ゲームやってないひとは見に行かなくて良いのかも。
夕立ちゃん好きなら行くと少し幸せ。
戦争系アクション、ガルパン、ハイフリ、シドニアなどを見るに火力と画力の爽快感やら何やらでハートを掴む事は出来ることが近年分かって来てますが、その辺りの業界的な知見が活かされてない。
兵器としての重さや破壊力が描写されておらず、唯一良いとすれば燃え盛る炎は良いのだが…総じて戦闘が軽くスカスカな印象だった。
艤装と艦娘と海の関係性がしっかり定義できていないから、反動や水しぶきの起こり、喫水域の水のキレ方など表現がテキトーになり、結果戦闘が軽はずみな感じになったのだろう。
敵の描写もおおざっぱな感じで、追い詰められた感も追い詰めた感も特になかった。
戦略の話も矢印ばかりでゲームやってない身からすると何が何やら。
とりあえず、題材とテレビの伏線を回収して2時間に収めておいた。という感じで、アツいものが特にないパサパサ感を堪能。

なんなら、ストーリーなんてどうでもいいから、金剛さんのバーニングファイアを打ち続ける2時間でも良かった気さえする。
あと、せっかく映画なんだし、もっと中破を生っぽく演出するとかDMMであり、フィギュアがバカ売れするような展開もアリだった気がする。
南国なんだし、映画なんだし、何かアルペジオの高尾に学ぶようなものがあっても良かった。そんなアドミラリティーコードが有った気もする。

概要
・テレビの続き。
・久々なので予習しないとなんだったのかが…
・テレビ見てないとさっぱりわからん。
・相変わらず敵の描写に魅力がない。
・色々キャラが出てくるが陸地だと横並び。
・構図、絵が平たい。
・船団なのに縦並び。
・提督不在
・作戦内容がよくわからん。
・ブリーフィングがテキトー杉。
・目的がモヤっとしたまま映画もモヤっと。
・船団の配置陣形や意味合いがワケワカメ。
・考察、確認、打開策の検討、実行なら分かるが
考察、全軍で実行…
総力戦にする局面かどうかも判断つかないまま
視聴者置いてきぼりな気がした。

キャラについて
・大和さんまたしても活かし切らず終了。
・バーニングファイア無し。
・金剛さん活かし切らず。
・夕立ちゃん大活躍っぽい
・夕立ちゃん赤い目で狂ったように闘うっぽい
・夕立ちゃん何かに取り憑かれたっぽい
・ベルヌーイ、一瞬登場??
・新キャラの見せ場は有るが散漫。
・吹雪ちゃん主人公なのに空気。
・吹雪ちゃん主人公なのに特に活躍なし。
・吹雪ちゃんが悪い。

うーん、他に見るものなかったし、まぁいいか。
寝るわ。

日本語のような何か。

efd626aac0d72942abd9b23cdf55bbdc_4.jpg

某新宿の大黒ドラッグに来てるのだけど、前から気になってたのだけど、ここのバイトさんほぼ全員日本人でなくて、しかしながら声出しながらよく働く。
今どきシッカリ声出し出来てるってのはアタマが下がるところだが、よくよく聞いていると「いらっしゃひまひはらふぁりは…」

…!

何だありゃwww
語尾がなんかわからないコトを発してるのだけど、せっかくの印象がグダグダにw
先達あらまほしきことなり。iPhoneから送信

【シックウルトラplusXのあの白いヤツの話】髭剃りは首振 らない二枚刃派。

efd626aac0d72942abd9b23cdf55bbdc_3.jpg

【シックウルトラplusXのあの白いヤツの話】髭剃りは首振らない二枚刃派。
髭剃りはシックのスーパー2を使ってる。
首振りヘッド?
アレは良くない。
狙ったところに届かない。
なまくらだろうが何だろうが狙ったとこに刃が当たらないとストレスじゃん。

ブレードにこの程ウルトラplusXを買ったのだけど、今日はその話。

シックのスーパー2っていうともう既に数十年前の物ですが、首振らない派としてはコレ一択。
貝印とかも出せば買うのだけれどディスポーザブルな物ばかりで買いたくても買えない。

刃はもう少し流通量のあるシックウルトラの後継、ウルトラplusXを使ってる。
というか、使い始めた。
ウルトラplusシリーズは二枚刃の上に刃を滑らすヌルヌル板が付いているのだけれどそのヌルヌル板の成分が変わることで何となく銘柄も変わっているっぽい。
よせば良いのにヒアルロン酸なんかが採用されたり…
んで、ウルトラplusVにてそのヌルヌル板が割と早く脱落する事案が発生しておりまして、ウルトラplusの某Amazonのコメント欄がヌルヌル板の話で持ちきりに。
対してウルトラplusXになって件の「ヌルヌル板」の話は希薄に。
よし!
という事でこの程買って見た次第。
切れるカミソリの刃ってのは気分が良いものでシャワーの際に鼻歌交じりに使うこと3回。
アロエ特有のヌルヌルが顔を包み込み何となくうまいことソレてるなって気分とともに、いつまで経ってもヌルヌルで微妙な気分に。
まぁ、でもヒゲはいい感じにソレてるし問題なし。

よし、今日も1日がんばるぞい!
そう思ってスーパー2を手にとって気づく。
「ヌルヌル板」がブレードの上に無いwww
ウルトラplusVで発生してた「ヌルヌル板」取れる病は、引き続きウルトラplusXでも健在の模様。

自慢の二枚刃の上にはもうヌルヌル板は無いのである!

ただね、アレ、特に必要無かったので、無くてもいいかな?ってね。
Amazonで騒がれないのが何と無く解った。
あの「ヌルヌル板」微妙な気分になるし、何と無く不潔な感じだったしなwiPhoneから送信

洗濯できるダウンを洗ったらダウンがダウン。

efd626aac0d72942abd9b23cdf55bbdc_2.jpg

洗濯できるダウンを洗ったらダウンがダウン。
長年着てて少し弱ったダウンがありまして、メーカーサイト見てたらそのダウン洗えることが判明。

じゃ、洗ってみよか?

ってことでグルグル。
最初クタってたのですが、みるみる復活。
ただね、ダウンが寄ってしまったらしく所々スカスカ感がハンパなし。

いとロウタゲなり。

てことで、雪場に行く用から街着にランクダウン。
見た目モコモコ。
ナルホド、ランクダウンしても全然暖かさが違う。
買うときはしっかり良いものを買っとくに限るね。iPhoneから送信

Facebookとの今後の付き合い方。

efd626aac0d72942abd9b23cdf55bbdc.jpg

Facebookは素敵だなぁ。
と思ってたのですが、通知を追っかけたり友達の輪を広めたりして、更にそのタイムラインを追っかけたりしてると凄く凄く不毛な感じだなぁ…とシミジミ思えてきた。

基本、どこか行って美味いものを食う写真とそれに対するいいねの嵐。

それはそれでいい。
誰かのどこかはとても幸せ。
いいね!
うん。
まぁ、いいんじゃね?くらいの「いいね」。

でも、僕にとっては、こうやって物事の関係性とか、明日の出かける先を考えたりする時間の方が幾らかイイ時間だったりする。

時間を忘れて散歩したりさ。
対話を楽しんだり。
どの魚がうまいかスーパーで悩んだり。

で「いいね」を押した先には「いいね」が帰ってくるわけだが、双方向のやり取りが「いいね」で済んでしまいそこから踏み込むことが意外とないなとも。
どうやらその後のやりとりが予想できて面倒になったり、相手の顔写真や奥さんの顔写真を見ながら「あぁ、踏み込むほど仲良しじゃなかったんだ」と相手の人間との関係性が急にアヤフヤになったり。

そもそもは、お腹と背中、前と後ろのある人間、多面的ペルソナがある人間が全部フラットに、しかもFacebookでいいねを押した順に適当に「仲良し」として陳列されているあの空間。

(アレは暴力だよな。)

今風のデジタルなやりとりっぽくはあるのだけど、その実、表層を上滑りするだけであまり意味のあるものにならないのでは?と。

あのインターフェイスとタイムラインは偶然というものに弱く日々を退屈なものにしてしまうようなそんな気がしてきたのさね。

【ひとこと評】

mixiのはじめの頃は出会いが多く楽しめた。

ツイッターは拡散には良いが継続的でない。

はてなブログ界隈は左巻きが多く都会的でない。

LINEは田舎的距離感が嫌で対話も雑な感触。

Facebookの距離感は都会的だったが軽薄だ。

今となってはFacebookのMessengerだけを使うのが合理的だと思えている。

別にSkypeだってイイ。

おた、LINEはあの緑色が嫌いだ。

1日24時間しかないのだし、過去に離れた友人達と再度つるむのもどこか気味が悪かったり。
会いたいなら連絡して有意義に過ごしたいじゃないか。
目の前にいる人とのさしでのやりとりを大切にしよう。

おそらくそこまで考えている人は少ないのかもしれないが、もうちょっと気を払えば良い生活にぐっと近づくのでは?と。

Facebookは住所として有ればいい。
積極利用はもうやめよう。
(仕事でも最近では拡散用にしか使ってないしね)

そして僕はiPhoneを取り出しFacebookの通知を切ることにした。

インバウンド需要は飛んで行く。

image1.jpeg
インバウンド需要を見込んでドンドン稼いでトリクルダウンで最終的にみんな潤う。
インバウンド絡みで色々話は出てますが、一回りしてちょっとインバウンド絡みの雲行きがあやしい。

インバウンドとトリクルダウン。人が日本にザンザク来て経済がぐるぐる回れば「おこぼれ」で周りも潤う。
従業員は給料が上がりその奥さんも笑顔、笑顔。…と言う事に、なったか?

久々の大型なインバウンド需要の波≒「爆買い」。
そう、ムーブメントとして終わってしまった「爆買い」に関して言えば、途中から「中国人が買いに来て→中国人が経営する免税店で買う。」と言う構造になり日本に居ながら日本人には旨味は落ちない構造になりました。

「中国人が買うのだし、漏れ出た利益も中国人に還元される」と言う中華思想的な方向に落ちたのか、基本的な利益は中国人の中で循環する形に。

商魂たくましい隣国の彼らを相手にするのだから、こう言う状況になるのは予め予想できたことなのだけれど、少し日本のお花畑具合いが酷いよなと。

まぁ、それでも「おこぼれ」が落ちるのは最初期にはあった気もするので、それらを目当てにと言うのもなくは無い。
ただ、それっぽっちじゃ経済を回すのなんて夢のまた夢。

これから「インバウンド需要を」と言うなら特に観光で有ればスイスに学べばイイのでは?と思ったり。

彼らはおこぼれでなく、キッチリ売りを打ち出して、利益を逃さないでいる。
何が売れて何に満足しいつお金を払うのかが計算されている。
そこに対外的な勢力が付け入る隙を与えない。
商売のサイクルがどう回るのか、どこで利益を出すかをキチンと抑え結果を出す。

ギリシアも手本としてはイイと思う。
あの国は観光こそ全てで、物価を上げて商売していた国だ。
ギリシアには価値がある。
そう宣誓していた訳だ。
ギリシアが国として破綻、失敗したのは為替を自由にする権利を放棄し顧客と同じユーロの通貨圏に入ってしまったことだが、まぁココではその話は置いておく。

歴史に学ぶ。と言う言葉の通り2020まではこんな事が何度となく思い出される事になるだろう。
そうなる前にキチンと手ぐすね引いて待っていなければならない。

iPhoneから送信

づらせばイイってもんでもないらしい。

image1_3.jpeg

北海道の漁獲が減っているらしく心配だ。
網走で聞いた話。
気温が年々上がってる異常気象が問題とも。
だからと言って寒くなるのを待ちシャケをとる時期をずらせるか?と言うとどうもそんな簡単な話では無いようだ。

なんでも、時期をずらしてシャケを獲ると背中が黒くなり売り物で無くなってしまうそうだ。
シャケにはシャケの事情が有るのね…。

アートと自慢話と普遍性についての備忘録。

image1_2.jpeg

アートと自慢話と普遍性についての備忘録。とめどなく出てくる主張がアートかなと最近思う。
そこには、文字にしづらい主張なのか、何かがある。
とめどないならオナニーみたいなものなのか?
否。
アート自体は何かの代替行為ではない。
僕の目指すアートに関しては多分対話が重要。
そして、もうひとつ、作品として適度に愛され、捨てられない、破棄されない運の良さも必要だ。

「主張してやまない」という意味では「ご老人方おの自分語り/若い人への説教」があるだろう。
アレもとめどなく流れる何かのひとつでは有る。
聞き手が居て内容が有れば語り部として持て囃されるが、多くはそうはならない。
パッションを元にして主張をするという意味で構造は良く似ている。
が、アートじゃない。

差から考えるに、作り手はとめどないパッションで突き進み、受け手の側のココロに響く訴えるものが有る。
そう、受けての対応も含めインスタレーション的にやりとりが行われてはじめてアートかと。
でないと、老人の一方通行の説教もアートになってします。
(古びた現代アートという評価も出来なくはないが…)
だから、コミュニケーションの行方として、お金を出して買って帰ってもらう。ってのはアリなのではと思う次第。
いい受け手に出会えるか?もポイントっすね。

んで、次は存続の話。

かつて、大学進学の推薦を貰うために成績表の良し悪しが問われる時期が有り、性的な…精子の絵を凄い勢いで努力して描いて、意味もわからないくらいのパンチのあるものに仕上げ、それを女性のおばちゃん先生にぶつけた友人がいたが、それが元で推薦が無くなったw

僕は推薦枠の無い国立、北大を目指してたので、傍目からニヤニヤしてたが、人生を賭けたパワーシュートが折れる音ってのは有るなとシミジミ実感した。

間違いなく印象に残る、今で言う北陸新幹線のカラーリングで青を少し紫に転ばせた中を怒涛の勢いで彼の熱いパトスは突き抜けてるんだなぁ(傍観w)という素晴らしい一枚だったが、既に推薦の話はオジャンになってたことも分かっている状態でその絵は返却され、返却されたその日にそのアツイパトスをほとばしらせた作者はその絵をビリビリに破いて捨ててしまった。
(残念ながら現存はしない。)

他者とのコミュニケーション、ていう意味では老人の説教とは存在を異にするこの事案。
支持される人を持つ可能性を高めるという意味で、多くの人に見てもらい、存続し続けることもアートの構成要素と僕は考える。
そう考えると、彼の描いたあの人生を賭けた絵は良いデキであったもののもの、瞬間に爆発して散る危うく、儚いもので有るなと僕の目に映った瞬間でもある。

まぁ、なに、せっかく描くんだし、題材は選ぼうぜ。

iPhoneから送信

電車の旅から路線バスの旅へのスイッチは有るのか?

image1.jpeg

電車の旅から路線バスの旅へのスイッチは有るのか?
北海道から帰ってきた。
今回比較的多く路線バスに乗った。

北海道、路線バスの旅。

うん、蛭子さんが出て来そうな響きだし、浪漫を感じる人もいるだろう。

だが…無いな。

バスの旅は非常に厳しい。
バスの運転荒いし、それどころかバス停が分かりづらすぎる。
電車で乗り過ごしても一応駅舎が有ったりするが、バス停は看板のみが多いしな。

沖縄のバス停については廃止したバス停を残しておくのに問題が有ったが、冬の北海道は夜が早い割にバス停に明かりが1つもない。
バスの本数は電車よりましだが…
そして、バス停を他社の乗務員は知らない。
聞いても大丈夫じゃね?ってレベル。
昨晩の釧路空港行きのバスに乗ったのだが

「はっ!何かおかしい!!」

と野生の勘を働かせ一瞬で「ココは違うぞ」と何かを悟り片側4車線の道路を対向車線にスイッチしたらギリギリ乗れた訳で。
時間通りにきたバスに乗ったら別の路線とか、とにかく不案内極まり無いので、どうにも旅行にはおすすめできない。

こう言うのを解決するのはARとかなんだろうけど、どうなんでしょう。

昨晩は結局大楽毛駅前からバスに駆け込んでリュックを担いだまま腰ひねった体制でシートに収まるかたちでこのテキストを書いた次第。
それくらい初見殺しであり、ハードな旅程になることを実感。
路線バスの旅?
ないなぁ…
と思った次第。
(テレビのはロケハンきっちりやってるファンタジーだ)

iPhoneから送信