ゲームをどう捉えるか。

■ゲームをどう捉えるか?

ゲームをどう捉えるか?ということが方方で話していると問われる。

僕は広告屋の端くれで新規事業としてゲームを9年くらい作ってきているが(その間も広告案件は担当しています)ゲームを作る側の人間で有り続けていたので備忘録的に書いておく。専業のゲーム開発者とは立場が違う部分もあるだろうから、そのへんはその辺。

この投稿はこの辺のまとめに対しての僕なりの答えとしておきます。

 

■個人的な直感的見解

脳に刺激を与える気晴らしになるもの。
楽しいもの。
競えるもの。
動くもの。
動きを見るだけでも楽しいもの。
戦略性があるもの。
運も手伝ってドラマチック。

■アメリカ人いわく

友人の旦那さんのアメリカ人いわく
「日本の人はもっと遊興に時間とお金を割くべきだ」

なるほど。

■有史以来神様は何をやってるか?

日本の神様は酒のんでダベってる。

欧州の神様は暇してチェスしてたりする。

スフィンクスは知恵比べ≒なぞなぞが大好きで回答されると悶絶して谷底に落ちて死んだりする。

金の斧銀の斧も心理ゲームやってるな。

■リタイア後

リタイア後に欧米の爺さんはこぞって船旅をする。
船旅、世界一周クルーズのさなか、何をする?
ダンスなんかもするが、そんなことよりもみんなクロスワードパズルをやっている。

■遊興?

哲学、芸術、観劇などなど。
生産ではなく、人間的に人生を謳歌することが遊興。

ローマの時代、生産なんてものは奴隷がやればよかったわけで。
産業革命以降、機械が生産をすることになる。

社会のために成っているか?

仮そめのドラマをなんのリスクも追わずに手軽に体験できる。
そんな体験を販売することは非常によい遊興の提供者
人間性の提供者なのでは?

最終的に獲得するであろう人間性のうちの一つを提案、提供できる存在。
ゲームを提供する行為というのは実は高級なことなのではないかと思ったりもする。

 

■それでも生産性を求める人へ

飲食業は生産的か?どうせうんこになるんだぜ。

人間の一生は生産的か?どうせしぬんだぜ。

なんて、中学生みたいな答えもできますが、もう少しお話を別の方向に。

生産性ということをお金を得ることと置き換えよう。

生産してお金というなのコミットメントを得たということで。

現在日本の産業で儲かっているものは?

テレビのスポンサーや広告を出す元気があると

  • 銀行は儲かっていたが、金融は数学者を除き行員は減らし店舗縮小している傾向。なぜなら、どうやら儲からなく成ってきているから。金貸しは儲からない。
  • 通信業界はスマホのARPUを上げるのに限界が来ているだろう。
  • プログラマはまぁ、なんとかなるかもな。(現場を間違えると大変)
  • テレビ局や広告屋はマス媒体がなくなり、セチガライ。
  • 医薬品は利権だね。特許がなくなると言われ日本の企業はヤバイ。
  • 公務員は生産的かい?
  • 政治家はまぁ、生産的だろう。
  • 水商売はさいきんみんな酒飲まないしな。
  • 飲食店はブラックになりがち
  • FXとか先物やってる人はうーん。アレは職業?選ばれた人は生き残るが…。(ギャンブルと考えると、ゲームプレイに近いかな。)
  • ゲームはいまのところウハウハしているところも大手はある。インディでも生きている人はいる。

割と、ゲームって生産的なことかと。

しかも、時間ドロボウでしょう。

人生の時間を割いてまでついついやってしまうもの。

生存するために衣食住があったりしますが、下手をするとソコを崩してまでもやってしまう、人生において掛け替えのない「あそび」

衣食住は限界があるが、遊びには限界がない。

大人の火遊びとかはまた別の問題で、きちんとルールが有りみんなで楽しめるゲームというものは非常に世の中にとっても価値のあることではないかといいたい。

非常に夢のある話だし、生産性もとってもある。

目指したいのなら目指せばいいのでは?(狭き門ではあるが)

モノを捨てる技術

自分に関与するものは残す。

ってやる。って話を書いた。

だがその考えには限界がある。

なんせ時間がかかる。

思い入れを図るのってのはなかなかに骨だ。

 

では、他のアプローチは?ってことになる。

  • 要らないもの、自分に関わりのないものをすてる
  • 一面に広げて必要のない物を捨てる。
  • 場所を移動して要らないものを炙り出す

だいたいこんなところだ。

 

面白いもので自分に関与するかどうかを考えると頭を使うが自分に関わりのないものを探すとなると早い。

場所が許すなら広げて捨てるのも良い。

移動させて捨てるのも実は同義だ。

 

関与するかどうかを考えるのとは違い上記の2つは捨てるのもを顕在化させる技術だ。

場所がなくても箱から箱の移動などでもよい。

あとは、片付かない場合は規格品の箱に押し込むといい。

同じ型のモノだから見た目は悪くない。

空の箱への移動時に捨てるのもが見つかる。

さて、能書きを書いていないで僕も捨てるとしよう。

モノの価値を考える。

引越しを期に物の価値を考えている。

 

捨てる基準にちかいかな?

 

とりあえず、本棚にある色々なもの(本だけでない)を数箱の中に入れることを考えて選別する。

目標は量的な圧縮。

コピーライター、メーカー宣伝部の宣伝マンだったので作品も多い。

 

残すものは

  • 辞書。
  • 好きだった授業のノート。
  • 自分の制作物
  • 写真の紙焼き。(ネガがあってもこの先現像するのかが不明)
  • 画材
  • 使っているガジェット
  • 読みたいテクニック集

どれも自分に関与するものだ。

自分が作ったもの。自分の思い入れのあるもの。心血を注いだもの。

 

逆に捨てるのは

  • 教科書
  • 白紙のノート
  • 雑誌のバックナンバー
  • 価値があると思ってとっていた雑誌

だ。

 

教科書

教科書は勉強する際にその際に最適な新しいものを手にした方が学習しやすい。また、数十年前の常識は既に変わってしまった部分が多く特に経営学などは古典的なことは置いておいてかなりの部分が今様なものに変わってしまっている。
古い話が通用しないから勉強をするのでファンであった授業以外は教科書は捨てる。

白紙のノート

白紙のノートは捨てる。
必要なら買えばよい。
スペースと労力の無駄は削る。

 

僕にとっての価値がなにかがわかった。

この基準がわかっただけでも収穫である。

今後買い物をするときなどに

「自分に関与するかどうか?」を尺度に買えば良い。

また、勉強をするにして「いま勉強しやすい、いま必要なもの」を買えば良い。

なんとなく契約しているWebでのeラーニングなどは解除してしまおう。

更に「将来使うから」とかってものは買わない。

 

商売的に考えれば

  • 将来使いそう
  • 勉強に使えそう
  • あなたに関わりがありますよ

って辺りが引きになるのかも知れない。
ただ、コレは、我に返ったときのものであり、遊興などの牽引する何かではないのもココロに留めておこう。

今回わかったのは

無駄遣いをしないメソッド

なのかも知れない。

心して物を捨て心して物を買おう。

ビレッジバンガードにて震える

ビレッジバンガードといえば書店を装った文具屋くらいの気でいた。
BICの可愛いペンなど探しに新宿へ。

新宿ルミネエストにて入店。
ボールペン一本もなし。
1本もだ。
もう一度言おうボールペンが一本もない。

バッグとケータイケースと指を通すリング、更には人形だけで有る。
うーん
確かにスマホ有ると紙とか使わんしな。
仕事でバンバンボールペン使って芯を変えるとか確かにない。
時計を持たない人がにわかにおおくなり、ケータイストラップがノベルティとして有効でないのはよくわかっていたが、新しい波は確実に来ていたので有る。
ボールペンがラブリーなツールではなくなったと…。

小物は邪魔だし捨てる世の中。
僕は刻の涙を見る。

久々。生活が一変した。

生活が一変。

入籍をしました。

おめでたい。

よい出会いというものは有るのだなと思います。

結婚生活は大変ですが、良いものだと思います。

のろけとか、そういうのではなく、みんな知ってることだから言わないでいるだけで良い。

結婚を考えてる人がいたら結婚をしていいのではないかと思う。
耳年増なのは勿体無い。

相手が有って初めて成立することだけに、良い縁が有ればという条件はつくけれど。

まぁ、中々みんなが言わないので言っておくってことだ。

中年になってしばらく経ってだからひとしおなのかもな。

そういう事を今は感じている。

まだ入籍から5ヶ月しか経っていないので大きな事は言えないが取り急ぎ。

バズワードとか気になるやつ2017初夏

●言葉遊び

昔から国会でネタのない時にスキャンダルのようなものをブッコミ足を引っ張る時に使用することが多いそれ。

言葉尻を揶揄したり、揚げ足を取ったり、本質とはなんら関わりのないところを争点にして事実なんてどうでもよいから心象を悪くする。

核心に当たる真実が無いから話は進まない事にポイント。

ちょっと離れた視点で見ると大体言葉遊びの部類だったりする。

時間とリソースを浪費させる戦略でもある。

●やりがい搾取

仕事などで同じ働くならやりたい事をやった方が人生において得じゃ無いか?

という問いかけへの応えの向こう側。

 

やりがいと言う甘言で多くの労働やクリエイティビティを要求する。

身近なところだと音楽業界向けの広告分野などでやりがい搾取が多いようにもはたからは見える。

ただし、この言葉は外野と競争に負けた、やりがいのある仕事の主戦場で稼げなかったものたちの遠吠えである可能性が高い。

「ほらやりがい搾取だ!」と言ってるのはひところ前の労働団体に近いのかもしれない。

やりがいや興味のある仕事をして楽しんで何が悪い。

好きな事だ、他の人より良いクリエイティブを上げるに決まってる。

そこで稼げるのは当たり前だ。

ま、一部実際に食い物にしてる奴らもいるから、不当に報酬が安い場合は新天地で同様の制作をしていくとイイだろう。

やりがい搾取とか言ってる奴は大体負け犬だから耳を貸しても楽しい話はないと思った方がイイ。

景気のいい話が少なくなってる世の中だし、そこらへんは気にして行動すると良いと思う。

旅先大分にて左足にダメージ

15年前くらいに山形の林檎畑を1日40キロくらい歩いてた頃なったのと同じ症状が。

人間の足は足のヒラや長さに微妙に差があり、僕で言えば左の足のヒラが右より0.5cmくらい長く、足の長さも左の足の方が1センチ無いくらい長い。

右足が利き足になるのだそうだが、ベースになる左足の方が全体に長く設置時間が長くなるからか、ガタが先に来る。

今日はこれから風呂入って寝て、明日は由布院と別府だから、まぁ大して歩かないから大丈夫かな?

このあと、四国や京都に。と脚を伸ばそうかと思っているが、撤退も視野に入れながら動くとしよう。
もしくは、食べる量を減らして、ひたすら楽なルートを選ぶとかかな?

まぁ、騙し騙しやるとしよう。
オトナだしな。

【beats X購入】誕生日プレゼントを自分で買ってくる

image1.jpeg誕生日プレゼントは自分で買ってくる。
そんな謎の習わしが中学校位から断続的に続いておりまして、今日も銀座へ。

アポーストアと山屋へ。

念願のbeats Xが今年のチョイス。

面白いもんで、Apple Storeってのは、その場でアンボックスするんですね。

実家でオープンとか、そう言うパアァ…ってハレの感じではなく、店の軒先で友達と開けちゃうような謎感覚。

まぁ、自分へのプレゼントだなんて謎の話はしてないので仕方ない。
言わないからそんな感じなのかも知れません。

(どちらにせよ、アメリカ式の包み紙目の前でバリ破りの開封の儀式みたいなのは何処と無くまだ体に合っていないのかもなと、日本的な感覚をApple Storeで思い返したり)

アンボックスしたbeats Xは気密性が高いようで外の音が遮断できていい塩梅。
カナル型のイヤフォンを何台が持ってるけど、以前のものよりしっかりだ。

平打ち麺みたいなコードはごちゃごちゃにならないし、通話もそのまま出来たりと。
コードが長くないのもあるのか、タッチノイズとか全く気にならない。
AirPodsとは違いバラけてないので電池管理も一台でオーケーだ。

イヤフォン、音いいの?と考えるとブラウンの愛用してたイヤフォンの方がクリアな音がしたように思います。

ただ、音質追求派ではなく、日頃手軽な方がイイかな?と言う自堕落生活+AACの最適化などApple製品を使うことの良さを手軽に手に入れられるので中々イイかな?と。

こう言うものはしばらく使ってから本領が判るものですが、いま帰り道使ってる間ではとても気に入って使っていられるので、長い満足が得られそうでなにより。

観光で来てみて秋田の繁華街、川反・大町について思う。

image1.jpeg繁華街の拡散、駅とは別の場所に繁華街があるのは東北の常?

秋田市も秋田駅はデパートや店舗はいくつかあるが盛り上がっているか?というとそこまで。

貨物のための何かなのだろう。

弘前の繁華街が成功しているのは、店舗が盛り上がってる場所にギュッと集まってるからで、この辺は富山の高岡の繁華街なんかにも同じものを感じられる。

秋田の繁華街問題は寒い街なのに横に長いことでは?川沿いの街ということで横に長いのは宿命的だが、お店の移動をしながらハシゴをしようとすると馴れが必要で、観光で来る人間には少しばかり難易度が高い。

駅前と分断してる上、横に長いということでアウェイな人は近寄り難いのかな?と。

あと、駅前に関しては、アーケードと橋をどんと構えて。という渋谷タイプの対応だけど、橋から外は閑散としてしまう感じか。

雪のない時期、3月半ばに来たので、おそらく本領発揮をしたあとなのだろう。

ただ、札幌や福岡のような地下に活路を見出す方法もあったのではないかな?と思う。

新宿のミロードみたいな枯れ方をする可能性もあるけど、地権者がわかりやすく、循環がうまいこと回っていればこの辺りは問題がないはず。

枯れた地下街ってのは元の地上の地権者に土地を優遇したりするとこから始まるようで、地下に見合った商売を行えなくなり大概微妙な空気を醸すことになるようだ。

地下に活路を。というのもポンプで排水をし続けなければならない分、かなりのお金が必要なのかもしれないけれど、雪深い土地ならば有効なのでは?と思った次第。

秋田市内の温泉でAPPIのタオルを見た。

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 3.0px 0.0px; font: 21.0px ‘.SF UI Display’; color: #454545}
p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px ‘.SF UI Text’; color: #454545}
p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px ‘.SF UI Text’; color: #454545; min-height: 20.3px}
span.s1 {font-family: ‘.SFUIDisplay-Semibold’; font-weight: bold; font-style: normal; font-size: 21.00pt}
span.s2 {font-family: ‘.SFUIText’; font-weight: normal; font-style: normal; font-size: 17.00pt}

APPIのタオルだ。

安比高原のAPPIだ。

あの独特の書体とウサギちゃんのタオルを久々に見た。

泊まってる宿に併設する温泉施設に一般客がタオルを持ち込んでいるのだが、そのうちの1つがAPPIだった。

バブルっぽい色使いでないので最近のものかもしれない。

旅の空で遭遇するとはね。

と!よくよく思い返してみたら、安比高原はここ秋田からならそう遠くはないわけだ。

あぁ、ナルホド。

カルチャーショックだね。

ちょっとニヤリとしたw

深浦に思う

image1.jpeg観光案内板に漁港が書いてあったので行ったが、ガチの漁港。漁師の仕事場である。

漁港だからと言って即売所があるでもなく、飲食店が併設されているわけでもない。

カラスが何者かにヤラレてひしゃげていたりするのを見てココロ折れた次第。

昼の時間だが何も食べずに歩いていたのもまずかったろう。

割と暖かなのにズボンの下にタイツを履いていたのが悪かったとも言える。

デジカメの電池が立て続けに2本切れかかり、僕のやる気も切れかかったり…。

それと、鰺ヶ沢も深浦もそうだがダイエットコーラが置いていない。

ここら辺の人はみんな、ダイエットする必要ないんかなぁ。

諸々がもやっとしたまま一本早い列車に乗り秋田へと遁走する。

なんとも。

森岳駅にて。

森岳駅にて。
しばらくお摘みを食べるのをストップし、八郎潟駅にて痺れるくらいの美形のお嬢さんが降りて行った事を目視確認しお摘みパーリィを再開なう!
カワエビの佃煮を開封して口に放り込んだ。
佃島由来の佃煮。
醤油がドーンと構え甘さがジワリ…

……?

おぃ、なんだこのカワエビ🦐、佃煮じゃなくて甘露煮だぞ!
しかもトロミなしの砂糖煮だ!!!

今日はほとんど動かなかった割にこの砂糖の塊はなぁ…
とりあえず、華麗にスルーし有限会社マルイケが擁するモモ肉チキン唐揚げに取り掛かるっ!
唐揚げ、うまいぞ!🍽

イカとスズキを外食で。

イカとスズキを外食で。
秋田にて、旅の空だが弘前に着く頃には22時00分と言うことをあらかじめ知ってるストレスからか、お摘みや刺身のトレーを小さく爆買い。

イカとスズキを買い付け、箸と醤油ももらう。
対面ボックス席で1人宴会の始まりだ!
大館までレッツパーリィなう!

…と思ったら秋田を19:00に出て大館まで行くこの普通列車、大人気の模様。
しかも、JR東日本は対面ボックスシートをこう言うミドルな区間列車からどんどん廃止して行った事を今思い出した!

ロングシートっすよー!
刺身、イカとスズキを広げようにも無理!
出発まで30分有ったし、人が乗ってくるまでなんとか…とか思ってたら、どんどん人が来る。
唐揚げとかは、後でいくらでもパクつけるけど、生のイカとスズキは3時間以上電車に揺られたら「刺身だったもの」になってしまい、おそらく廃棄することに…
ならぬ、ならぬ!
ただ、電車の中のエブリワンにイカ臭い思いをさせるのもどうかと思うわけで。

走り出す俺、開くボタンを押し、列車外へ。
おもむろに閉じるボタンを後ろ手で押してバリバリとイカのラップを剥がし出す…

宇宙モノSFで言うところの、見方を救うための自己犠牲的な船外活動っすよ!
イカの🦑鮮度と列車内の不思議な空気を生み出さないためにドーンと繰り出し、列車外でレッツパーリィなう!
言い換えれば、まぁ、外食とな。

イカが甘くてすんごい美味い!
だが秋田、野外!
スズキはこんなもんか?
って感じでしたが、とにかく野外!

まぁ、都会の人間なんで余裕っすよ(何が?)

時間を喰い健やかに急ぐ。

時間を喰い健やかに急ぐ。
朝食を急いで食べてると、急いでご飯を食べることになる。
健やかに過ごすため、リフレッシュのために旅行に行くのにはお金が必要。

お金を貯めるのには、働くことが重要。
働くのにはご飯を食べることが重要。

食べると時間が掛かり、時間を巻き返すために早い電車に乗る必要があり、寝たり、ご飯食べたりするためにお金を払うことになる。

今回は杉花粉を除けるため弘前まで北上しようと思っている。
弘前まで行けば、花粉は飛んでないだろう。
働いてたまったモヤモヤも、移動することで意外と気にならなくなる。
温泉も宿にあるらしい。
とても健やかだ。

青春18きっぷをポッケに入れて旅行に出かけるところだ。

そのためには遅くなるわけには行かず、急いでたべる。
早く食べれば、早い電車に乗らずに済みお金は掛からない。

なんなら朝ごはんを食べなきゃ、その分のお金は掛からない。

だが、そうなると健やかな暮らしから遠ざかるという。

健やかな暮らしをするためには朝ごはんを食べれることが重要らしい。

そして、健やかな暮らしを続けるために、リフレッシュするため旅行に行こうと思い早起きをして朝ごはんを掻き込んでいた。

目的は?

花粉症から離れる?
健やかに過ごす?
弘前に行く?
旅行をする?
温泉?
朝食を食べる?
早く食べる?
お金を貯める?

ぐるぐるとキャベツを掻き込みながらそんな事がアタマを回る。

出掛けなきゃよかった?
せっかくの連休だぞ?
青春18きっぷの期間だぞ?
温泉だぞ?

動かなきゃお金は掛からない。

動くとお金がかかる?
何もない連休はそれはそれでいいものだし、物理的には休息をしてるぞ。

うん。

花粉症を避けるなら、部屋を掃除して空調でもしっかり掛けて籠城すればいい。

うん。

温泉なら平和島や蒲田にだってある。

うん。

旅行気分と温泉なら小田原だっていい。

うん。

弘前?
知らない街だし、東京から1日鈍行に揺られて到達するエリアの最北に近いところ。
(青森は行き慣れている)

知らない街。

杉花粉がまだ全盛でない。
息がしやすい。
モヤモヤしない。

スッキリした気分。

おそらく、知らない街に行くこと。スッキリした気分になること。大体そんななんだろ。

ご飯を掻き込んで食べる価値に匹敵するのか?
早い電車に少し乗る必要がホントに有るのか?

よくわからないが、いま僕がそうしたいのでそうするとしよう。

表参道駅の駅貼り

表参道駅はさすがに駅貼りもしっかりしてる。

ただ、テキトーな部分も。

まぁ、このレベルは昔もあったよなw