佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

スマホから離れてみる

2015年7月10日のメモ

便利よさようなら。

仕事が忙しいからiPhoneもiPadも仕事場に置いて帰宅。

小さなPHSとiPod nanoをお供に終電に揺られている。

便利過ぎしかも少し足りないiPhoneからの隔離を推し進める装置Applewatchの思想を別な方向、方法で。

●変わったこと
・考える時間とボーッとする時間ができた。
・間があることは自然だよなと再認識。
・写真を撮らない日常
・写真が撮りたいと思う気持ちを再認識
・不意の写真を撮らなくなる。
・SNSへのポスト数が減る。
・夜長くやり取りをしない。
・天気や気温が部屋からでるまでわからない。
・傘を持ってくか考えるようになる。
・時刻表がわからない。
・検索したい時に検索できない。
・だが、それがいい。

●iPadセルラーからも離れてみる

iPhoneから離れしばらくiPadセルラー版を持ち歩き暮らしてきた。

ただ、その仕事で支給されてるiPadのセルラー版が僕以外の仕事、サイトの動作検証か何かで急遽貸し出しに。

また、その後ヘロヘロになるような仕事にぶち当たる。

・なにも持たず帰宅。
・iPod nanoが存在感を増す。
・完全なゆとり
・全能感の喪失
・ウキウキ夜更かし
・寝るのにメリハリが出てきた。
・睡眠含むアクティブトラッカーはジョウボーンUPを身につけている。
・睡眠の多くがiPadなどに蝕まれてたことに気づく。
・何かをしようかと心底考えるようになる。
・ヘイ・デイと距離が生まれる。

iPhoneは少しばかり小さくあり、iPadのセルラーがあれば最高!と自分に言い聞かせてきたが、iPadは通勤の間持ち歩き続けるには少しばかり重かったのかもしれない。
もしくは嵩張るのが問題か。
肩掛けバッグが問題か。
仕事でMacを使い続けたときと同じように究極的には求めるとこと少し違うようなそういう違和感がある。

Windowsではそこまで使い込むことはなかったのだから、そこまで悪い話ではないのだが、人間は贅沢なもんだ。

ワイモバイルをやめるか?

ワイモバイルやめるかな?
DDIポケット、ウィルコム、ワイモバイルとPHS一筋でしたが、PHSに見切りをつけて、格安SIMに行くか検討中。

ワイモバイルのSIMにPHS回線を載せ変えるのも悪くはないが、SoftBankが嫌いなので変えない方が幸せかな?と思っている。

乗り換え先はNTTデータのOCNにしようと思っていたがマツコ・デラックスが嫌いなので迷い中。
三木谷も嫌いだし中々困ったものだ。

iPhoneSEに乗り換える。

iPhone6Sを売ってiPhoneSEに乗り換える。
iPhoneSEは手に入り使い始めている。
iPhoneはiPhone6SからはSIMフリーにした。
現金一括。
誰にも縛られないこの自由。

だが、保険であるAppleケアには入ってない。
だもんで、壊れてない今のうち、できるだけ新しいうちにiPhone6Sは売り払う必要があるわけだ。

iPhoneSEは本来iPhoneがそうあるべきサイズであり、iPhoneSEは手のひらに収まり非常に気の効いた端末として動いてくれている。

まぁ、電池が持てばね。

電池はiPhone6Sより持つがその分充電をテキトーにするようになり今ほとんど電池がない。

また、これを期にワイモバイルかPHSのどちらかをやめようと思う。

PHSは新しい端末が出なくなり予測変換がうまくない。

そして、荷物がひとつ増えると言うのは意外と負担だと思うようになってきた。

もう少し身軽になりたい。

iPhone6Sも良い端末だったが、手のひらでの握りが悪く、そして、重かった。

PHSをなぜ愛用してきたかと言えば、70gくらいで小さく、物理キーボードが着いているからだ。

物理キーボードはよい。

ブラインドタッチも思いのまま。

ただまぁ、iPhoneSEも110gくらいだし、手に収まりすごくミニマムだ。

iPhone6Sと違いタッチIDも古いし3Dタッチも無い。
これは少しマイナスだが、あとは現存するiPhone6Sとほぼ同じだ。

軽い上着、軽いカメラ、軽いザック、軽いケータイ。

僕自身少しばかり軽くなったし、持ち歩く電話をiPhoneにまとめたって悪くないなと。

あとは、電話回線をどうするか?

それが問題だ。

意外と最先端でなとこに落ち着く

昨年、2015年12月16日に書いてた内容をポスト。

iPhone6Sは大変満足している。
少しバッテリーが心許ないが1日は使い倒せる。

iPhone4S以来の新機種だけど中々。

アプリのプロデューサーという仕事柄iPhone6Sは買ってみたものの音声通話とメールに関してはPHSを使っている。

だが、SoftBank傘下に入りPHSは積極的に潰しに掛かられているのでそろそろ色々考えないとな。
と。

音声含めてiPhoneにいく。

という案と

ブラックベリーclassicとiPod touch

というのも有りかと。
(ただし、バージョンアップしたばかりのtouchは既に周辺機器が使えないとか問題が発生している)

スマホのスマートさは、逆説的にスマートになる前の単機能の製品の良さを放棄することでスマートになっているとも言える。

例えば文字入力…だからスマホでなくて物理キーのあるケータイが欲しくなっても悪くないというところ。

(文字入力の軽快さを減らしても尚そこにある便利さやユーティリティ具合に手をあげたのが現在なのだろうけど…。)

音楽についてはiTunesを多様してるのとiPhoneのテキトーで便利な具合は染み渡っている。

分かって来てるのは音楽はダウンロードですぐに買えるからiPodnanoよりiPodtouchが良いってこと。

つまり、単機能の製品の良さを上回るiOSの良さ≒「新しい製品の文法」に存在してて僕自身が従来品にそれほどこだわってなかったから「スマート」な、テキトーな状態で大満足している。という状態になったのだなと…。

気に入った、もしくは気になった新しい曲をすぐ手中にできるのは楽しい限り。
Apple musicに関しては懐疑的で、iTunesのiTunes matchもギリギリであるが…

~だから最近のAppleのサービスにはお金が払いづらい…。音質はそこそこ、所有権は放棄。だなんていうクラウドサービスばかりで、好きな音楽を買って楽しんでいる従来ユーザーをないがしろにするいい加減な割りに年会費はきちんと取る…サービスと満足のバランスがいい加減なレベルだよな~

反してカメラはカメラが良い。
iPhoneのカメラがどんなによくても写真を撮るカメラじゃないってこと。

もちろんiPhoneならではの捕り方もあるけど、写真に対して真摯な態度に成れない気がする。

レンズごとの湾曲や圧縮、素子のサイズごとの奥行きや立体感の有無など趣味の世界はきちんとある。

ただまぁ、コミュニケーションのためのカメラや、メモのためのカメラならiPhoneのカメラで良いだろう。

腕時計をするのが当たり前な生活から脱して10年経つが軽い金属アレルギーを引きずってこちら久々に腕時計をしてる。
とても軽いチープなものでNATO軍タイプのベルトで運用してるがこれもまた良い。

ここまでの話の延長線上にある話でスマートウォッチの機能よりもクォーツ時計の気楽さと「早く見れる」機能が必要でそこにこだわっている。

新しい文法と言えば、スマートデバイスにも新しい文法はできてきている。

大量のテキストを読むのはスマートデバイス、特にタブレットが良い。

家と仕事場にiPad Proを設置しとくのもアリだなと思い始めている。

仕事場はiPad air2なのでそのままでも良いがそこは成り行きで。
(仕事場だと音は出せないしスペースに限りがあるしね。)

睡眠時間

睡眠時間が8時間をきると気分が優れなくなる。

寝てればなんとかなる。
寝てないと人当たりが悪くなったり。

意外と単純なもんだ。
活動量計を買ってはじめて分かったことだ。
因果関係がわかればあとの話は早い。

早く寝れば、日々ほがらか。
非常にわかりやすい。

おそ松さんを思う。

おそ松さん大人気。
・声優が良い。
・有名声優がギャグ。
・絵柄がオタでも腐でもない。
・現代的色調。
・時事ネタ。
・涙さえある。

うん。

オタクコンテンツをうまく社会に流入できるように調整したスーパーサイボーグのような気がする。

強い。

好きだと話しても、みんな知ってるネタだから恥ずかしくなく、しかも興味ないヤツが攻撃してこない。
話題的には男性向きだが実は女性向きにキレッキレにチューニングされてる。
男性のチーム的な生きざま、たむろする生活という腐女子傾向のある人にファンタジーを与える。
知らないひとには皆同じに見えるから、誰ウケとか一見関係ない。

だいたいこんなかな?
赤塚不二夫先生は「これでいいのだ」って笑ってそうだな。

痩せるサイクル。

1. 痩せると身軽になる。
2. 痩せると周りの扱いが良い。
3. 痩せると弱っちくなり風邪をひく。
4. 食べて風邪薬飲んで寝て太る。
5. なんとなく軽蔑されぎみ。
6. 仕方なく痩せる。
→そして 1. へ戻る。

手荷物とドラマ

飛行機は手荷物、機内持ち込み派。

バックパックひとつでなんとかなる。
25リットルくらいで1週間くらい。
(現地で洗濯は必須)

トランクを待つ必要はないし、気分を変えるために出掛けるのに荷物の多さで微妙な雰囲気になるのは御免だ。

国内ならロッカーを活用しアタックザックがわりのショルダーバッグや小さなリュックでそこらを回ればいい。
海外ならそのまま行動したって構わない。

きっと必要なものも出てくるだろうけど、ドラクエみたいにアイテム探しの旅もいいだろう。

荷物が多いとイライラし、必要な荷物が足りないとウキウキする。
不条理な気もするが、旅先での用品との出会いはなんだかドラマチックだったりもするしね。

爪切りひとつ、あるいは単3電池4本でさえドラマになり得るのは楽しい。

Noスマート

会社にスマホを忘れてきたのだけど、ずいぶんゆっくりできるもんだなゃ。

便利な事が全てじゃないなと実感中。

相談しよう双子葉。

人生相談をされるようになった。

ひととしての器量はそんなない

上から目線でなにさま?とも。

否、僕は僕だ。

ただそこにある。

大して凄くもない。

偉くもないのも知っているが、そういう役目も必要だろうよ。

みんなの方が幸せそうなのに、なんじゃらホイってもんよ。

黙って二枚目気取る柄でもないし
ヨイショしても顔に出ちゃうしな。

他の人が言わない勝手なことを言わせてもらうよ。

あまり耳障りの良い話は並ばないが、ためにならない訳でもない。

なんにせよ、この僕に話してくれたんだ、無下には扱わんよ。

商売なら儲かるように、
人付き合いならマイルドに、
お店ならわんさと賑わうように、
まぁ、なんとかなるよう考えるから安心して見ていてちょーよ。

さて、寝るとしよう。

いつも立ち寄るコンビニが

そう、いつも立ち寄るコンビニが、床にワックスを掛けていて入店できなかった。

仕方ないから数歩歩いてセブンイレブンだ。

牛タンと鮭とばを買って帰った。

物思いに耽りながらお茶を煽る。

ファンタを飲もうか考える。

なんとなくそんな夜だ。

足掻き進もう。

努力しようが
正義だろうが
調子がよかろうが
どんな職業だろうが
金持ちだろうが
ニートだろうが
男だろうが女だろうが
子供だろうが老人だろうが

逃げ切れなかったら
飲まれ流された。

あれは異常に説得力があった。

テレビで目の当たりにし、暫くツライ時期もあった

時間が経ち当事者でない僕がショボくれてても仕方ないから
ヤハリ自分のできることをやろうと考えるようになった。

明日空から植木鉢が落ちて来るかもしれないし

それなら、やるべきを決め
やるだけだ。

植木鉢のくだりは中学校くらいからスタンスが変わってない。

その姿勢が嫌だというヤツもいたが、知ったことか。
仕方がないじゃないか。
大きなお世話だ。
なにせ、それが僕なのだから。

不退転とかそういうの

ユトリとかユトレヒトとかまぁ緩いひとたちがいるけどさ。

進退極まる。

みたいな状況は時としてやってくるじゃんよー。

いっせいのせ!
で積みあげたもんを比べるわけ。

ま、積みあがってない場合もある。

往々にして積みあがってない。

もしくは積みあげてたつもりだったとか。

他は積みあげてたのだけど試されるジャンルだけ「たまたま」積みあがってないとか…

パラメーター振り分けが極端だったりとか

うっかりさんだったり

そんなん有ることさえ知らなかったり…。

ただ、ま、積んでようが、なにしようが、その時はやってくる。

腹を決め性根を据えて歯をくいしばり成すべきを成す。

確かに積みあげは重要だがその他色々ある。

意気込みはあるのか?

誠意はあるか?

色々試されてるが出たのが応えだ。

なるようになる。

怒りのチバロード ~千葉にて候う~

01020001 01020002 01020003 01020001 01020002 01020001 01020001

上総一ノ宮からの帰り、千葉がそこから街でなくなる場所「蘇我」に差し掛かったため勢い降りてみた。
iPhoneの電池は切れ、メインカメラのXQ1の電池も切れあとは魚眼を着けたE-PM2のみだったが、この辺りは嘗て高炉のメッカ立った場所。
ロケハンも兼ねて降りてみた訳だ。
西口を出て海側を目指したところ…
まばゆい光のライトアップ、工場のライトアップを目指したはずだが様子がおかしい。
正月2日だからさすがにライトアップは…
という思いを無視し真夜中のような暗闇にピカピカと輝くそれは、ジェフ市原のスタジアムでした…
そうか、JFEが元でジェフ市原なのね…

いけふくろう並みのオヤジギャグだな。

と変な感心をしながら25秒のスローシャッターを切る。
ロケハンと言えど真っ暗だからハンティングするロケーションがさっぱりわからず、第三駐車場前からJFEを撮り、スタジアムを越えるのが厄介そうだから、逆側の東京ガス方向に歩いていった。

近隣はアリオが中核となるショッピングセンターになっておりアリオ、すなわちイトーヨーカドーでしばしば休憩をし、駅へと歩き出した。
蘇我駅に戻るのも面白くないからおばちゃんに本千葉と蘇我どっちの駅が近いかを聞いてみた。
大体中間とのこと。
「なんなら巡回バスも有りますよ~」
との申し出もあったが、半ば強制的に歩くため出掛けた部分も有ったので申し出を丁重にお断りし、怒りのチバロードへ繰り出した。
(実際には「怒りの…」というより「落胆チバロード」だ…)

ここで大きな間違いと言えば20年前に犯した間違いと同じことをしてるってことで、旅先でオバチャンの道案内は聞き入れてはならないということだ。

オバチャンはクルマとか運転しないし道の説明とかが要領を得ない…
真っ暗な、決して都会でない蘇我を離れ本千葉を目指し出発。

オバチャンは決して責められることはしていない。
善意で道案内をしてくれた。
これは20年前の青森での和菓子屋のオバチャンにも言えること。

いけども行けども本千葉はない。

遠くに列車の明かり。

高架橋。

高架橋の先が本千葉なのか…

行けども行けども本千葉はない。

高架橋をたどっていくと高架橋は国道サイズの片側4車線道路をまたぎ越え、闇夜へ、途中高架橋したの餃子の王将が胃袋を揺さぶるも華麗にスルー

闇夜の高架橋を追うにも道はなくなり、しかも高架橋の上を唸りを上げて通りすぎる列車が速いこと速いこと…

どうやら本千葉は近くに無いなと肌で感じる。

東京の方角は空の輝きの反射で来た方向よりは明るいから判る。
だもんで、とりあえず死にはしないが、疲労と寒さで少し参ってきている。

足をとにかく機械的に交互に前にだし、引き摺らず、音をたてず、最小限のアクションでチバロードを進む。
鴨豚骨のラーメン屋に興味を示すも華麗にスルー。
犬をつれた地元らしいオバチャンに駅を聞く。
近くに駅は無いですか?と。
千葉港の看板を見ていたので「千葉みなと」と言うと「10分くらい歩きますよ…」と。
否、既に蘇我以来2時間くらい歩き通しだ。

スポーツ施設の前を進んだところモノレールに遭遇。

だが、乗らない!

モノレールなんて大した距離を走ってないし、俺の見た高架橋は近いはずだ…。

モノレール駅の改札にある地図を見るとあと一駅で「千葉みなと」だと。

イエス、yes!

それならイケるぜ!

iPhoneの電源が切れてこちら、地図無しで未踏破の暗闇をひた進むのはギャンブルでありスピードが出ないものだが、モノレールひと駅分など造作もない。

本来乗るべきだった路線とは違うが、とにかくJRであり、東京に向かう列車には乗ることができた。
千葉において、蘇我より先、都市部で以外のエリアで運任せで安易に道を攻略しようなどとは思ってはいけないのかもしれない。
なんせそこは千葉なのだから…

上総一ノ宮にて

01020001

「総武線快速 15両16:21 久里浜」
あれっ?
千葉にそんな海岸有ったっけ…?

反対方面の安房鴨川は判る。
久里浜…?

ググって判った。

神奈川県の久里浜だ…
結構な長距離だが、有るもんだねぇ…