ベイマックス見るなら3D上映だね。

ベイマックスみてきた!
ハートウォーミーなロボットと人の共生、兄の死からの脱却と成長物語だなと予告編で思ってたので
Twitterで「グレンラガン的だ。」と聞いて「?」となった。
あのフワフワもふもふがグレンラガン?
と。

上映スタート時期から1月くらいたったかな?やっと見に行く気になった訳だ。

正直宣伝ミスだろw

「愛犬とごちそう」という本編とは別の3Dムービーのオマケつきだ。
この「愛犬とごちそう」オマケだけど、コレはコレで良くできたショートムービーだった。

ストーリーは見る人にネタバレが嫌いなので見て確かめて!

シェーダー技術とかアニメの演出、テンポのよさがカナリで、本編前にコレを見せられるディズニーは人を育ててるなーと感心、そして凄くいい気分になってベイマックスに臨めた。

このセットを考えたひと素晴らしい!

で、ベイマックス。

なるほど面白い!

ベイマックスのデザインに日本人が起用されてたり、架空の都市サンフラントウキョウが舞台だったり、日本人にもしっくりくるつくり。

面白いことに東京とサンフランシスコを合わせると近未来で中国的で、みたこともない場所にやってきた観光気分も味わえるんだな〜と。

アーロンチェアやベスパなど割りとハイコストな高級志向だったり少しスノビーな感じだが、鼻につかないギリギリな感じだなと。

アイアンマンや戦隊ヒーローのオマージュもあり、また科学を目指すきっかけを子供にあげたい親は見せるといいかも。
(パワーレンジャーやエックスメン的なのかも)

とりあえず、娯楽と正義を現代アレンジしててスナック菓子的にフレンドリーでいい案配。

新シリーズなので、何も知識ないひとにもオススメです。

深夜アニメやロボもの、仮面ライダー、戦隊やらが好きなオタク志向のひとにもオススメ!

萌えは少ないが燃えるぜアニキ!

佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

コメントは受け付けていません。