出雲市、坂根屋の「すくみ餅」が官能的でうまい

140823_1800~001.jpg 140823_1801~001.jpg

いま出雲大社から出雲市まで歩いて来たのたがけど、ゴールの出雲市駅近くの商店街に店を開けてた坂根屋さんが目に入った。

たまこマーケットみたいに女子高生?な娘さんとお母さん?が店にいたので
一見暖簾と謳い文句が煎餅屋風。
しかも入店したてのコーナーにはフィナンシェなど洋菓子が…
カウンターショーケースには生の和菓子が。

わからないものは聞く。

どれオススメですか?
そうすると
「すくみ餅」
がオススメと。
夏物もありますというがフィナンシェなどもあり少しパニクってたとこもあるので桃色のゼラチンがかわいい和菓子と「すくみ餅(宿み餅)」のゴマと柚子を貰うことにした。
出雲大社で財布大解放をした後だったのでかなりお買い得価格な値段設定を目の当たりにして、たまこ的な娘さんに後光がwww
冗談ぬきでたまこさん(個人的に命名)純朴かわいいな感じでした。

電車に乗り次第カロリーが欲しいカラダと、うまいものが食べたい魂が共鳴。

「ゆべしですよー

と、たまこさんは言ってましたが
そんな割りきりかたが勿体ない感じ。

なんでたまこさんなのかというと
ふわふわモチモチ〜!
という味だったからだ。

しかも、ゴマ味が大当たり。
少しだけ歯触りがありつつ官能的な滑らかさ、絡み付きすぎないしかし、柔らかでハンナリ。
噛みきるとスッと別れていくそれは食べる芸術か!と。

まぁ一つ60円しないくらいだし、出雲市にいった際には坂根屋さんに寄ってみては?
(タイミングよく旅行気分味わうには現地の和菓子だと思うものでよい店は紹介すべきかと思った次第。)

ちなみ、店は出雲大社の前にあるご縁横丁や(チラシに有った)
ゆめタウン出雲店、斐川店、イズミ神西店にもあるみたい(袋に記載されてた)

佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

コメントは受け付けていません。