邦楽の流行る方法考えた!

邦楽の流行る方法考えた!

最近アニソンを買ってるさとーです。

なんで買ってるか?
愛着と…
そのとき感じた体験を思い出すから。

歌が良いから買うだけでなく、
面白い番組だったら買う。
その曲を買えばまたその番組を思いだし、
そのとき感じた感情が思い出せるから。
アニメは人間が限定されず没入しやすいから音楽にも変な先入観なく、しかもiPhoneとかがあればすぐ買える。

またこの考え方は他の事情にも転用可能。

大好きなドラマの主題歌はくちずさむし、買って聞く。

フジロックで聴いた音楽は買う。

トランスパーティーやクラブで掛かってたミックスや繋ぎプレイリストのおなじみの展開はいつまでも覚えている。

小学校低学年のとき浜辺のモノラルスピーカーから流れてたポールモリアを買う。

お昼の校内放送で掛かってたジッタリージンを買う。

つまりだ、歌が良いと売れる訳でもチャートで煽れば売れる訳でもない。

体験したことの記憶と紐付く歌が有れば買うひとがいる訳だ。

バイトしてた頃毎朝スーパーで掛かってた歌謡曲、渡辺真知子の曲を買ったことが有るように、もっと権利とか小金はどうでもよくもっと巷に曲を流せばよい。

いまは余りにも体験と音楽が結びつかない状態になってしまったのかなと。

テレビ離れも起きてるし、仕事場でも飲み屋でもなんでも良いけど歌をもっとながさないと、音楽はどんどん狭くなってくと思うんだぜ。

佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

コメントは受け付けていません。