写真を見返している。

iPhoneに入れる写真の集まり、自分はこういうのを撮っているというのをみせるための、いわゆるポートフォリオを作るためここ10年の間に撮った写真を見返している。

過去には仕事で人を撮ったりバイトでスポーツの試合を撮ったりしてた時期が有った。

金になることをするとその代償に、その仕事の内容の被写体をとるのが億劫になったりするのだな。と感心したり。

好きな娘を撮ってるとウキウキが止まらない。
仕事だろうがなんだろうが構わない。
アレはなんだろうな。

ただ、恋に陥るスピードを感じる立場にいれば、うまい絵になるかというと全然別問題で
写真としてウキウキ感は特になく、傍目にみてる人にとっては、ちょっと甘酸っぱいだけの凡庸なものだったりする。
(個人的にはそれはとても大切な写真だ)
でなきゃ世の中は写真家で溢れることになる。

仕事で撮るとなると僕は割りとタンパクになる。
ワクワクのツマミを減らし

また好きな写真機があると良い絵が撮れている。

大枚を叩いて買い付けた最高級の単焦点レンズを通して写真をとるより
暗い絞り、F4はじまりの安ズームで撮った方が面白い絵が撮れていたりもする。

レンズは潜在的な相性があり
ボディは極主観的な好みの問題か。
もしくはボディは知り尽くしたあと好きになるかどうかが別れるのかも知れない。

ズームが嫌いな筈が、ズームの方がいい絵が撮れたりすることもある。

思ってもみないことが意外とイイなんてことが実際にある。
意識してる表層のこととは違う事実がひょっこり顔を出してくるのは中々面白い。

紅葉や桜はウキウキさせられるが、見返すと凡庸で面白くなかったり、だいたい同じものが出てきて辟易。

それらも追い込み方次第なのかも知れないが余り興味は湧かない。

それより、何か新しい驚きを撮ると良いように思う。

電車での遠出も、遠くに行くことより、どこかの駅で降りてから、歩きながら見る景色の面白さを写した方がより自分らしいものが撮れるようだ。

佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

コメントは受け付けていません。