春雨に濡れたジーンズの裾、なぜか高速で死んだ知り合い、遠い過去を思 い出したわけで

いまから20年以上前に、小学校いらいの知り合いが
バイクの事故で死んだ。

当時、高校に通ってた僕はそいつが高校に通ってないこともしっていた。

中学の頃荒れまくった地域の中心部にいた台風の目。

高校に僕らが進学し、彼らは全く別の道に。

ヤツの将来はなんだか掴めない部分があり
退廃、非現実、ニヒル、そんな言葉そのものなヤツだったが
将来なにになるか?なんてことすら定まらない何かが有ったように思う。

結局、あっけなく死んでしまったので心配や不安はうやむやになり、収まりのいい、余りにも予定調和な結末を迎えた訳だが、

時折ヤツがみせる渇いた笑顔を思い出す。

遅かれ早かれ生物は死ぬわけだが、余りにも鋭敏な研ぎ澄まされた者の死は20年を過ぎてもなごるものだなと。

ヤツやヤツらが見れなかった地平を僕は見てやろうと思う。

お楽しみはこれからだ。

佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

コメントは受け付けていません。