少しくらいのどや顔はイイと思う。

関西芸人が使い始めた言葉だろうか?

ドヤガオという言葉があまり好きじゃない。

どうだこの!
という決めがおに近い言葉だが
どや街
という言葉にも似てあまりキレイじゃない。
そして、どや顔というのは「また、そんなどや顔してぇ〜」と茶化す言葉だったりする。

こんな世の中の片隅で、何か頑張って少しでも上手くいったなら誇らしげな顔をしたってよいだろ?

テストの点が良いとか、じゃんけんで勝つとか、料理を誉められるとか

なんかちょっとしたことでも嬉しいときは表情に出すもんだろ。

まぁ、僕に至っては、成功を求められて日々活動してる訳だし、基本どや顔な訳で
身に覚えがないくらい普通にシタリ顔だったりする。

みんなももっと自信ある顔が、チープで汚い言葉に邪魔されず伸び伸びできれば日々楽しいんじゃ?と思う次第。

佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

コメントは受け付けていません。