モノを捨てる技術

自分に関与するものは残す。

ってやる。って話を書いた。

だがその考えには限界がある。

なんせ時間がかかる。

思い入れを図るのってのはなかなかに骨だ。

 

では、他のアプローチは?ってことになる。

  • 要らないもの、自分に関わりのないものをすてる
  • 一面に広げて必要のない物を捨てる。
  • 場所を移動して要らないものを炙り出す

だいたいこんなところだ。

 

面白いもので自分に関与するかどうかを考えると頭を使うが自分に関わりのないものを探すとなると早い。

場所が許すなら広げて捨てるのも良い。

移動させて捨てるのも実は同義だ。

 

関与するかどうかを考えるのとは違い上記の2つは捨てるのもを顕在化させる技術だ。

場所がなくても箱から箱の移動などでもよい。

あとは、片付かない場合は規格品の箱に押し込むといい。

同じ型のモノだから見た目は悪くない。

空の箱への移動時に捨てるのもが見つかる。

さて、能書きを書いていないで僕も捨てるとしよう。

コメントは受け付けていません。