目的を持つ【ライフハック】

時間とパワーを有効活用するために目的を持つことはとても重要。

10代は周囲の期待や思惑があるから個人的に目標なんかなくてもなんとかなる。
20代は自分探しとか自己実現とか世間が用意した謎解きという名の目標めいたものがある。

30過ぎてからがヤバい。
他者による目標の提示はない。
フリーバッティング状態。
特に妻子がいなきゃヤリ放題だ。

そして30代以降の共通の問題として、時間の問題がある。

単位時間に対して従来比で新鮮な刺激が少ないのと
知力・体力の減衰で年々活動限界までの時間と活動そのものが、もどんどん低下していく。

低下のスピードは年々ジリジリ削り取られていくた判別しずらく、それでいて容赦なく減っていく。

ここで、はじめて効果がはっきりするのが「目的を持つ」こと。

とにかく自分で定めた目的に1ミリでも良いから近づく。
近づかなくても近づく気概でいる。

そうすれば、1ミリ進んだ分昨日とは1ミリ違う。
数日無茶すれば景色は変わりはじめる。

なんとかならない現状よりか、なんとかなる。

また、それでもなんとかならなくなったら、潔く諦めてしまえばいい。

若い頃のようにいちいち絶望していられないし、
強烈な刺激にも耐えられる鈍感になった魂を引きずって次のターンを待てばいい。

余力があるなら撤退戦を楽しめばいい。
(単純勝利が全てではないことは30過ぎればわかるわけだしね。)

面倒なら進まなくてさえよいが、自分の姿勢制御ができてれば、
あるいは自分の状態把握さえできていればどうにかなる。

ただ目的が判っている限りひた走る。

で、局面が変わる。
潮目が変わることが判ったら目的をアップデートしながら突き進む。

目的は時間とともに絶えず変化し移動する。
目的は達成する意味で夢ではないし、目的は叶えてなんぼ。

更に一瞬の成功や勝利には勝利の女神からの祝福や休息は無いと思った方が良い。

休息や有給は自分で計画して取れば良いし、成功の先には普通の日常が待っている。

ただ、ひたすらにそれら日常的な勝負の日々が続くのみ。

勝負も勝利も日常だ。

だから目的は忘れちゃならない。

勝ちは酔うし続くものだが、目的を見失うと転落さえする。

勝ち進みたいなら、勝ち続けたいなら、自分が居る場所を把握し目的に進むのみだ。

コメントは受け付けていません。