足掻き進もう。

努力しようが
正義だろうが
調子がよかろうが
どんな職業だろうが
金持ちだろうが
ニートだろうが
男だろうが女だろうが
子供だろうが老人だろうが

逃げ切れなかったら
飲まれ流された。

あれは異常に説得力があった。

テレビで目の当たりにし、暫くツライ時期もあった

時間が経ち当事者でない僕がショボくれてても仕方ないから
ヤハリ自分のできることをやろうと考えるようになった。

明日空から植木鉢が落ちて来るかもしれないし

それなら、やるべきを決め
やるだけだ。

植木鉢のくだりは中学校くらいからスタンスが変わってない。

その姿勢が嫌だというヤツもいたが、知ったことか。
仕方がないじゃないか。
大きなお世話だ。
なにせ、それが僕なのだから。

佐藤健二

佐藤健二 の紹介

こんにちは~ 思いついたことをカタチにする仕事をしています。 ここでは、ひょんなことから思いついたこととかをまるっと書いていきます。 仕事を離れた書き込みですので大したことは言いませんw

コメントは受け付けていません。